> >

Travel concept. Snglasses, world map, beach shoes, sunscreen, pa 写真:123RF

まっぷるマガジン

更新日:2020年4月1日

この記事をシェアしよう!

ハワイ旅行準備!飛行機と宿の予約前に抑えておきたいポイント5

宿や飛行機の手配はどうするのがいい?と悩む人も少なくないと思います。

それもそのはず。日程はもちろん、ツアーの申し込み、航空券やホテルの選び方は目的によってたくさんのパターンがあります。

そこで今回はいろいろな予約方法をピックアップ。

自分に合ったものをチョイスしましょう。

1.宿泊日数の目安は?

ハワイを旅するには何日必要?という疑問を解決!

旅のスタイルや目的に合わせた滞在日数の目安をご紹介します。

スタンダードな旅は3泊5日

移動の往復で2日分取られてしまうので、3泊5日は最低限ほしいところ。

ワイキキはもちろん、話題のスポットや少し離れた人気のエリアへ行くことも可能です。

事前にしっかり計画を立てて効率的にまわれば十分満喫できます。

3泊5日ならパッケージツアーでの手配がおすすめです。

超最短で行くなら1泊3日

ハワイでの滞在時間はほぼ1日

それでもとにかくハワイへ行きたいなら、この日数も不可能ではありません。

ただし、ワイキキをまわるだけでも時間が足りないくらいなので、ピンポイントで行きたい店や場所をしぼっておく必要があります。

1泊3日なら、個人手配(FIT)がおすすめです。

離島も行ってのんびりするなら9泊10日

オアフ島だけでなくハワイ島やマウイ島も行きたい人は、このくらいの日数を確保しましょう。

オアフ島の日数を減らせば、ハワイ島とマウイ島の両方へ行くこともできます。

一気にハワイを楽しみ尽くす、最高の機会になること間違いなしです。

9泊10日なら個人手配(FIT)ダイナミックパッケージがおすすめです。

旅行日程は旅行会社の窓口で相談もできる

旅行会社の窓口では、個人旅行の相談にものってくれます。

旅のイメージや予算をもとに、パッケージツアー、ダイナミックパッケージなどの手配、航空券やホテル、レンタカー、現地オプショナルツアーなどの予約が可能。

手間をかけたくない人、Webでの手配に自信がない人におすすめです。

ただし、多くの旅行会社では、航空券やホテルなどを購入することを前提に無料相談を行っているので、内容によっては相談料や見積料がかかるところもあります。

事前に確認をしましょう。

 

おすすめのデスクを紹介します。

ルックJTB

現地デスクがあるほか、専用バス&トロリーに乗車可能。往復の国際線では便選択可で並び席を確約してくれます。

Ciao(HIS)

現地デスクや専用トロリーのほかに、24時間日本語サポートも行なっています。

JALPAK(ジャルパック)

現地デスク、専用バス&トロリー、空港送迎などがあります。

ファーストワイズ

専属担当者制のハワイ旅行専門店。

全ツアーカスタマイズ可能で、現地デスクもあります。

2.個人手配とパッケージツアー、どちらで申し込むのが良い?

手軽さを選ぶか、自由度を選ぶかは人それぞれ。

いろいろな手配方法をチェックしましょう。

個人手配

【こんな人におすすめ】

・旅慣れている人

・すべて自分で手配したい人

・自由気ままに旅がしたい人

 

【航空券とホテル】

すべて自分で予約を取る必要があります。

 

【旅行代金】

航空券もホテルも自分で料金を見て決めます

 

【予約変更とキャンセル】

割引運賃で購入した航空券は変更・キャンセル不可の場合も。

海外ホテル予約サイトでの予約もキャンセル不可の場合が多いです。

 

【アドバイス】

事前の手配も旅行先の下調べもすべて自分で行うので、やや手間はかかりますが自由度は満点です!

なるべく早めに予約するのがよいでしょう。

パッケージツアー

【こんな人におすすめ】

・旅に慣れていない人

・簡単に手配を済ませたい人

 

【航空券とホテル】

飛行機・ホテルともに、ツアーによって設定されたフライト・ホテルから選びます

指定しないことで安くなるプランもあります。

 

【旅行代金】

あらかじめ決まっています

【予約変更とキャンセル】

出発日の30日前からキャンセル料がかかるものが多い(年末年始・GW・夏休みなどは40日前から)。

変更は不可

 

【アドバイス】

あらかじめ設定されたプランから選ぶだけなので、最も簡単に予約ができます。

また、空港送迎などもつくので、旅慣れていない場合でも安心です。

オリジナルの特典がつくことも。

ダイナミックパッケージ

【こんな人におすすめ】

・旅に慣れている人

・急に旅行を決めた人

 

【航空券とホテル】

航空券は空席のある便から自由に選びます

発着空港も自由に変えられます

ホテルは空室のあるホテルから自由に選びます

 

【旅行代金】

リアルタイムで変動します

 

【予約変更とキャンセル】

出発日の30日前から(一部40日前から)キャンセル料がかかるものが多いです。

選ぶ便・ホテルによってはキャンセル不可も。

 

【アドバイス】

個人手配ほどではないですが、選択肢の中から選べるのでパッケージツアーよりも自由度は高いです。

ある程度航空券やホテルの選択肢が絞られているので、見比べしやすいですよ。

JALパック(JAL海外ダイナミックパッケージ)

3.航空券の手配方法は?

個人手配ではじめに確保したいのが航空券です。

数ある予約サイトのなかからベストな便を探しましょう。

一括比較予約サイトで予約

最安値の航空券をリアルタイム検索できる比較予約サイトをまずはチェックしましょう。

目的地と往復の日程を入力すると、航空会社、LCC(格安航空会社)、旅行会社が取り扱う格安航空券を一括で検索し、料金を比較できます。

 

【編集部おすすめサイトはコレ!】

スカイスキャナー

国内外の約1200社の航空会社・LCC・旅行代理店が取り扱う航空券の価格をリアルタイムで一括比較でき、最安値チケットが見つかる。

 

【この予約サイトもおすすめ!】

エアトリ

エクスペディア

トラベルコ

航空会社のサイトで予約

「正規割引航空券」を取り扱っています。

エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスともに予約変更ができない最安値のもの、割高ですが帰国便の変更が有料で可能なものの2種類があります。

早く予約するほど安い傾向があります。

 

【航空会社のメルマガがあなどれない!】

割引率の大きい正規割引航空券を販売したり、航空券を購入したマイレージ会員に航空券やツアー代金に充当できるポイントがもらえることも。

旅行会社のカウンターで手配

初めて航空券を買うなら、疑問や希望を旅行のプロに直接相談できる、旅行会社のカウンターへ行くのもよいでしょう。

希望の出発時間や予算に合わせてベストな航空券を探してくれますよ。

4.航空券予約の際に知っておきたい情報

航空券の種類は?どの座席がいいの?など、航空券予約の際に知っておきたいアレコレを教えます。

座席の選び方など、とくに長時間フライトでは快適に過ごす重要なポイントになってきますよ。

飛行機の座席

【窓側】

〇 外の景色が見られる!

× トイレなどで席を立つ際は不便

 

【中央席】

〇 グループや家族で横並びで座れる

× 満席だと身動きが取りづらくて不便

 

【通路側】

〇 トイレや棚の荷物の出し入れが便利

× 3列シートの場合は隣2人が席を立つ際に気を遣う

 

※座席の配置は飛行機の機種により異なります。

航空券の種類

【正規航空券】

航空会社が販売する定価の航空券。

年間を通して一定価格で提供され、使用前であれば旅程の変更・キャンセル、航空会社の変更も可能です。

 

【正規割引航空券】

航空会社が独自に割引金額を設定して、個人や旅行会社に販売する割引航空券。

予約時に座席指定が可能で、子ども料金の設定があります。

 

【格安航空券】

旅行会社が航空会社からツアー用にまとめ買いした航空券をバラ売りするもの。

「利用航空会社未定」の航空券は最も安い。

 

【LCC航空券】

LCCとは格安航空会社のこと。

機内食・飲み物・毛布が有料になります。

人件費を削減することで安価な料金で利用することができます。

予約確定後のキャンセルは不可。

※2020年2月現在、ホノルル行きは関空発のエアアジアXのみ。

注意点

①発券手数料

旅行会社や航空会社のカウンターやコールセンターで購入した場合、発券手数料がかかり、8000円超えというところも。

 

②マイル積算率

同じエコノミークラスでも購入した航空券によって「予約クラス(運賃)」が異なり、マイルの積算率が変わります。

積算不可のものも。

 

③手荷物と座席

LCCは荷物重量に厳しい制限があり、預ける荷物や事前座席指定は有料です。

格安航空券は予約クラスによって座席指定不可の場合もあります。

5.ホテルの選び方と予約方法は?

旅の拠点となるホテルを選ぶときは、場所とコスパに注目しましょう。

気になる料金、立地や設備を比較して、早めに予約するのがおすすめです。

定番のエリアはワイキキ! コオリナ、カハラ周辺もおすすめ

ホテルを予約する前に、主要エリアの特色をチェック。

どんなプランにしたいか、どんな風にホテルで過ごしたいかなども考えましょう。

 

ワイキキ

近年のワイキキのホテルは改装ラッシュ。

スタイリッシュで機能性に優れたホテルが続々オープン中です。

 

コオリナ

ワイキキから車で約45分。

ハワイ島やマウイ島のようなネイバー気分に浸れるリゾートエリアです。

 

カハラ

ワイキキから車で約15分の閑静な高級住宅地。

ザ・カハラ・ホテル&リゾートでは、ゴージャスな気分に浸れます。

予算を抑えるためのポイント

★オーシャンビューではない

人気のオーシャンビュー客室は値段が高くなりがち。

眺望にこだわらなければ安くおさえられます。

 

★リニューアル&オープンしたて

オープン直後のホテルはまだ安くて狙い目。また、改装後のホテルはきれいで快適ですよ。

 

★中心地から少し離れている

ワイキキ内でも、目抜き通りのカラカウア通りよりクヒオ通りにあるホテルのほうが安価。

ホテル予約サイトで予約する

ホテル・コンドミニアムの予約だけではなく、施設情報やロケーション、口コミなどもチェックできる海外ホテル予約サイト。

いくつかのサイトをチェックして最安値を探しましょう。

 

【編集部おすすめサイトはコレ!】

エクスペディア

最も知名度が高い予約サイト。

登録件数はホノルルだけでも600以上。

会員になると対象ホテルが10%以上割引になる。

また、航空券とホテルをセットで予約するとホテル代が割引になる「AIR+割」も要チェック!

 

【この予約サイトもおすすめ!】

Booking.com

Hotels.com

agoda

楽天トラベル

ホテル公式サイトから予約する

ハワイのホテルには日本語ウェブサイトがあります。

割引料金、朝食付き、アップグレード確約、ホテル内で利用できる金券付きなど直接予約だけのお得なプランを販売しています。

上記のホテル予約サイトとの比較をしてみましょう。

 

【こんな特典があります】 ※一例です

★料金がいちばん安い

★朝食が無料になる

★キャンセル&変更しやすい

★ホテル内で使えるギフト券がもらえる

★予約サイトにないプランが見つかる

旅行会社のカウンターで探すのもあり

店頭にカウンターが設けてあり、ファミリー向けホテル、日本語サポートが充実しているホテル、リーズナブルでコスパの良いホテルなど旅のプロに相談しながらチョイスできます。

眺望確約やラウンジ利用など、他社にはない特別プランが見つかることも。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。