上海グルメガイド!食べたいメニューやマナー

街のいたるところで出会えるおいしいもの。上海でしか味わえないとびきりの一皿を探しに行こう!

上海【豫園】レトロチャイナの雰囲気が漂う観光の中心地

中国らしい街並みと欧風の街並みが共存する、混沌とした上海の街を楽しもう。

SONY DSC

豫園ってこんな街

街歩きポイント
伝統と活気にあふれる下町エリアを散策しよう
豫園周辺は古き良き中国の雰囲気が色濃く残るエリア。伝統的な建築物が建ち並び、人々のローカルな暮らしを垣間見ることもできる。まずは観光名所の中国庭園、豫園へ。緑の豊かな庭園を鑑賞したあとは賑やかな豫園商城で買い物や食べ歩きを楽しもう。茶館で一服するのもおすすめ。もっとディープな街歩きを楽しみたいなら、古い茶館や民芸品店が建ち並ぶ上海老街に立ち寄るのもいい。

アクセス
地下鉄十号線豫園駅
豫園までは東に歩いて10分ほど。豫園から南下すると一気に下町の雰囲気に。

%3CatariName%3E_DSC4960.jpg%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

豫園 ユィーユエン

見どころいっぱいの明代庭園
明代の役人・潘允端が父親のために造った江南様式の大庭園。名前も“豫悦老親(老いた親を喜ばす)”に由来する。1559年から約20年かかって完成したのち、波乱の歴史をたどって現在にいたっている。約2万㎡の敷地内には6つの景観区があり、見どころが満載。

%3CatariName%3E_DSC5026.jpg%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

打唱台 ダーチャンタイ

装飾の美しい小さな舞台
点春堂の向かいに建つ、かつて演劇や歌が披露されていた舞台。ひさしや柱にも精緻な装飾が施されている。

上海【豫園商城】はグルメ&ショッピングが大充実!

豫園のそばに広がる一大ショッピングエリアで、人通りが絶えない。江南様式のレトロな建物がズラリと並ぶ様子には圧倒される。

24091

豫園商城 ユィーユエンシャンチョン

レトロな情緒と活気が混ざり合う
140年以上前の老城隍廟市場を起源に、古くからの上海の文化が集約されているのがここ、豫園商城。江南様式の建築の中に老舗レストランや小吃、物販店などが集まり、隣接する豫園の庭園とともに観光客でごった返すエネルギーあふれる場所だ。中国ならではのおみやげ探しにも便利。

%3CatariName%3E03811.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

譚木匠 タンムウジャン

頭皮にやさしいかわいい櫛
黒檀や黄梨、桃といった上質な木材を使った手製の櫛や木製アクセサリーを扱う。

%3CatariName%3E03827.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

緑波廊酒楼 リュウボーランジウロウ

風格と格式ある有名店
クリントン元大統領など世界の要人も訪れた名店。伝統上海料理から高級食材を使った料理までそろう。

上海【豫園老街】で行きたい人気のおすすめショップ

豫園老街は古い建物の中に続くアーケード。中国の雰囲気満点の狭い道の両側には、さまざまな店が軒を連ねる。各店舗のディスプレイも工夫されているので、見るだけでも楽しい。

40044

摩登紅人 モーダンホンレン

レトロなパッケージがすてき
1996年創業。1930年代、上海女性が使っていた、雪花膏を現代に再現したクリームがこの店の一番の人気商品。

40142

麗雲閣 リーユングァー

1888年から続く扇子屋
老舗中の老舗の扇子屋。香りのいい白檀を使った扇子や、中国らしいドラゴンやトラの手描きの絵が大胆な扇子などもある。

40318

上海筷子店 シャンハイクアイズディエン

取り扱う箸は1000種以上
1949年開業。中国、韓国、日本など1000種類以上の箸を取り扱う。中国の箸の先が太いのは、小籠包や餃子などの皮を破らないためなのだとか。

1 2
筆者

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。