トップ > 国内 > 

中村家の「三陸海宝漬」(岩手)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

中村家の「三陸海宝漬」(岩手)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、中村家の「三陸海宝漬」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、中村家の「三陸海宝漬」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は中村家の「三陸海宝漬」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

中村家の「三陸海宝漬」は、ハレの日もケの日もどちらでも幸せになれるとっておきのご飯のお供

中村家の「三陸海宝漬」は、ハレの日もケの日もどちらでも幸せになれるとっておきのご飯のお供

中村家の「三陸海宝漬」は、旨みのつまっためかぶの醤油漬けに、ピッカピカのいくらとやわらかなあわびをトッピング。特別な日を彩るとっておきの一品にぴったりで、いっしょに食卓を囲む人たちの反応を思い浮かべれば、お取り寄せの作業すらウキウキしてしまいます。

そして、おいしそうだと喜ぶ人たちにこう説明するんです。

「水と塩、酒で鍋の中に海のような環境をつくって、弱火から徐々に温度をあげて火を入れていくと、あわびが踊りだすんだよ。だまし煮っていうの」。

おいしいものを食べたいのはもちろんだけど、こういうプラスアルファのお楽しみがあると気分が上がるし、自分の株も上がる(これ結構大事)。

逆も真なりではないけれど、そんなハレの日だけでなくただの日常を変えてくれるのも、とっておきの味だと思うんですよ。

特製醤油で漬け込まれたいくらが口の中で弾け、あわびの歯ごたえと柔らかさのバランスに小躍りし、めかぶのトロミに再敬礼・・・。目利きが選んだ食材を職人技で仕上げる。そんなありがた~い海宝漬があれば、その手間と時間をいただいて、自分をかわいがってあげられます。

そう、海の宝石をお取り寄せできる大人は、ハレの日もケの日もおいしいもので自分をハンドリングできるんですよ。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください