トップ > 国内 > 

久世福の「食べる、だし醤油」と「国産九条ねぎのおかず味噌」(長野)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

久世福の「食べる、だし醤油」と「国産九条ねぎのおかず味噌」(長野)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、久世福の「食べる、だし醤油」と「国産九条ねぎのおかず味噌」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、久世福の「食べる、だし醤油」と「国産九条ねぎのおかず味噌」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は久世福の「食べる、だし醤油」と「国産九条ねぎのおかず味噌」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

久世福の「食べる、だし醤油」と「国産九条ねぎのおかず味噌」~食べて検証、全国に店舗を急増させた実力やいかに

久世福の「食べる、だし醤油」と「国産九条ねぎのおかず味噌」~食べて検証、全国に店舗を急増させた実力やいかに

昔ながらの和の雰囲気の店構えに、各地のおいしいものが並ぶ「久世福商店」。ショッピングモールで目にすることも多いかと思います。いいものが置いてありそう、となんだか引き寄せられるんですよね。そして、店に一歩足を踏み入れると数千種はあろうかという商品がズラリと並んでいます。

ちょっと棚を見ただけで、気になるものが多すぎて迷いに迷った末にチョイスしたこの2品。久世福の「食べる、だし醤油」と「国産九条ねぎのおかず味噌」。醤油と味噌という日本人に欠かせない調味料をご飯のお供にアレンジした、ありそうでなかなか無いクオリティにびっくりです。

「食べる、だし醤油」は、もろみのムチッとした食感で”食べる”感覚を、花かつおで”だし”を、汁気もあって調味料としての”醤油”の役目も果たしてくれて、表情豊かなトップランカー。「国産九条ねぎのおかず味噌」は、もう何も言わなくても商品名通り。おかわりするでしょ? と茶碗を奪いにグイグイくる実家のおかん並の訴求力です。

そして、2つとも野菜につけたり、卵かけご飯に加えたりと、ひと味加えるアレンジ力も超優秀。

この店の商品は全部おいしいのでは、と足繁く通ってしまう人が続出しているからこそ、ここまで店舗が増えていったのではないでしょうか。そんな筆者も、看板を見かければつい立ち寄ってしまう一人です。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください