トップ > 国内 > 

下鴨茶寮の「料亭の昆布ふりかけ」(京都)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

下鴨茶寮の「料亭の昆布ふりかけ」(京都)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、下鴨茶寮の「料亭の昆布ふりかけ」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも、下鴨茶寮の「料亭の昆布ふりかけ」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は下鴨茶寮の「料亭の昆布ふりかけ」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

京都の老舗料亭の味をお取り寄せ、下鴨茶寮の「料亭の昆布ふりかけ」

(写真は楽天市場より)

下鴨茶寮は創業安政3(1856)年、京都の地で歴史を紡いできた老舗料亭。その土地の食材をその土地の調理法で料理する土産土法を守り続けてきました。文人要人をはじめ、多くの人に愛されてきた名店です。その下鴨茶寮のお取り寄せは、自宅用はもちろん贈答用にもぴったりの特別感あふれるものばかりです。

昆布ふりかけは、北海道道南産のがごめ昆布に干しえびやごまを加え、山椒の香りをプラスした贅沢なふりかけです。注目したいのはがごめ昆布。北海道函館近海でのみ獲れる希少な昆布で、粘りやとろみが強いのが特徴。

そのままだとふりかけ然として乾いているのですが、ご飯にかけたり混ぜ込んだりして蒸らされると水分を含んでとろみが出てきます。そして、そのとろみがご飯との一体感を生んで、うまみまで増しているような気がします。しっかりととろみを堪能したいのなら、水かお湯で溶いて混ぜるひと手間をかけるのがおすすめ。そのトロトロの状態で、野菜や豆腐にかけたりしても楽しめます。

料亭の味、というフレーズもよく聞くようになりましたが、やはり本物はすばらしい。下鴨茶寮の「料亭の昆布ふりかけ」は、上品でまろやかなのにご飯が進むというのが、色々と考え抜かれているんだろうなと料理人の仕事っぷりを感じました。

(写真は楽天市場より)

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください