トップ > 国内 > 

沼津港かねはちの「オイルサバディン」(静岡)をお取り寄せ

STORE

更新日:2021年8月12日

この記事をシェアしよう!

沼津港かねはちの「オイルサバディン」(静岡)をお取り寄せ

ほっかほかに炊き上げたご飯、そのまま口に運んでも美味しいけれど、そこにこのお供があれば、さらに至福の瞬間が訪れます。
今回は、沼津港かねはちの「オイルサバディン」をお取り寄せ。

もう食べられない!おなかいっぱい!と言いながら、ご飯を茶碗にちょこっと残しちゃいそうなときも沼津港かねはちの「オイルサバディン」さえあれば、するするとノドを通っていきますよ。

それでは、全国各地にあるご飯のお供から厳選して、今回は沼津港かねはちの「オイルサバディン」をご紹介します。
気になったら、今すぐ取り寄せて「美味しいご飯ライフ」を満喫してくださいね。

沼津港かねはちの「オイルサバディン」は、目利きのプロ、仲買人がプロデュースする新しい鯖缶

(写真は楽天市場より)

沼津港は静岡県内でも有数の漁獲量を誇ります。サバ、アジ、イワシ、カツオなど約1000種ともいわれるほどの水揚げがあり、アジの干物が名物として知られています。しかし、今回の主役はサバです。しかも、沼津魚市場仲買人の「かねはち」が作る缶詰なんです。削り節にするために燻製して乾燥させたサバを食べてきたことから、この味を大切にしながら新しい食べ方を提案したい、と考えたのが沼津港かねはちの「オイルサバディン」の開発につながったそう。

燻されたサバを漬けるのはオリーブオイルや綿実油。そこにガーリックやブラックペッパーで味付けしてあります。オイルサーディンともサバ缶とも違う、まさに燻鯖といった感じです。サバ自体が青魚である種のクセを持っていますが、そこにスモーキーな風味が加わってぐっと大人の味わいに。これでハイボールをグイっといけば・・・・・・。ああ、大人って楽しい。

肝心のご飯のお供としての実力はというと、アレンジしておかずにして食べるのが良いと思います。正直、ここまで燻製として完成度が高いと思ってなかったので、いそいそとアレンジ用の食材を買いに走りましたよ。オイルもおいしいので、チャーハンもおすすめです。ちなみに、サバサンドにしてパンにも合いますよ。

(写真は楽天市場より)

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください