トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 積丹半島・ニセコ

積丹半島・ニセコ x ご当地グルメ・名物・名産品

積丹半島・ニセコのおすすめご当地グルメ・名物・名産品

積丹半島・ニセコのおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。ニセコのアイスクリーム、積丹のウニ、余市のイチゴなど情報満載。

積丹半島・ニセコのおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:243 件
  • 記事:11 件

1~20 件を表示 / 全 6 件

ニセコのアイスクリーム(にせこのあいすくりーむ)

新鮮な牛乳の味をそのまま生かしたアイス

  • ご当地名物料理

雄大な自然の中で育った牛からしぼる新鮮な牛乳で作られるアイスクリームは濃厚な甘さが魅力。なかでも牛乳本来の味を生かしたソフトクリームは口いっぱいに甘さが広がりぜいたくな気分になる。

ニセコのアイスクリーム

積丹のウニ(しゃこたんのうに)

甘みが魅力の生ウニを丼で味わう

積丹で揚がる数ある魚介の中でも夏のウニは名物。とれたてのウニは、活ウニやウニ丼で味わうのがおすすめ。旬の時期は、地域のあらゆる飲食店でウニを扱うメニューが並ぶ。

積丹のウニ

余市のイチゴ(よいちのいちご)

かわいい形と鮮やかな色合いは年齢を問わず親しまれる

  • 味覚狩り

ミカンと並んで冬に味覚狩りが楽しめる果物の代表。12~5月頃まで楽しめる食べ放題ができる観光農園も多い。近年は品種開発が進み、個性的なイチゴが増えている。北海道のイチゴ狩りの多くは雨よけハウス栽培または露地栽培。イチゴ狩りの期間は短く、6月半ばごろから7月中旬がメインシーズンとなる。余市エリアでもイチゴ狩りが可能だ。

余市・仁木のサクランボ(よいちにきのさくらんぼ)

初夏を告げる甘くかわいいフルーツ

5~7月頃がおいしい時期。栽培には手間がかかるため、比較的値段が高く、特に贈答用のサクランボは「赤い宝石」と呼ばれることも。山形県が国内生産量の7割を占める。それに次ぐ生産地が北海道。余市周辺の観光果樹園では6月下旬~7月下旬までの間も佐藤錦や南陽、小樽で発見された水門などの品種が収穫できる。

余市のブドウ(よいちのぶどう)

つぶつぶがたっぷり集まった形がかわいい

巨峰、デラウェア、ロザリオ、マスカットと、7~10月頃までさまざまな品種が旬を迎える。高糖度のもの、上品な甘みのもの、みずみずしさが特徴のものなど、品種によって風味もさまざま。余市の観光農園でもブドウの収穫が楽しめる。季節は8月下旬~10月下旬。

積丹半島のリンゴ(しゃこたんはんとうのりんご)

種類豊富な栄養満点の万能フルーツ

スーパーではほぼ1年中見かけるリンゴだが、味覚狩りとしては8月から12月頃がシーズン。9月頃の「つがる」「あかね」、10月頃の「ジョナゴールド」「紅玉」、11月の「ふじ」「王林」など種類も実に多彩だ。積丹半島では9月上旬~11月上旬に、つがる、さんさなどのリンゴ狩りが楽しめる。

積丹半島のリンゴ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください