トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 鳴子・栗駒 > 鳴子・鬼首 > 鬼首温泉郷

鬼首温泉郷

鬼首温泉郷のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した鬼首温泉郷のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。ダイナミックに温泉が吹き上がる「鬼首かんけつ泉(弁天・雲竜)」、牧歌的風景の中でリゾートを満喫「リゾートパーク・ホテルオニコウベ」、高原生まれの発泡酒が人気「レストラン 鳴子の風」など情報満載。

  • スポット:22 件
  • 記事:1 件

1~20 件を表示 / 全 22 件

鬼首温泉郷の魅力・見どころ

間欠泉が噴き上がるアウトドアスポーツの楽園

鬼首温泉郷は鳴子温泉の北に位置し、夏は避暑地として、冬はスキーリゾートとして有名な高原に湧く温泉の総称。100度を超える温泉が20メートルの高さに吹き上がる間欠泉はダイナミックだ。天然の滝壺が露天風呂になっている「峯雲閣」や江戸時代からの歴史を持つ「とどろき旅館」など、宿も多彩だ。

鬼首かんけつ泉(弁天・雲竜)

ダイナミックに温泉が吹き上がる

地下20mから、熱湯が約20mも噴き上げる間歇泉・弁天。約10分おきに轟音とともに湯柱が上がる様子は、天に昇る竜に表現され、吹上温泉の名前の由来にもなっている。

鬼首かんけつ泉(弁天・雲竜)
鬼首かんけつ泉(弁天・雲竜)

鬼首かんけつ泉(弁天・雲竜)

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上12
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで30分、かんけつ泉下車、徒歩3分
料金
見学料=大人400円、小人200円/

リゾートパーク・ホテルオニコウベ

牧歌的風景の中でリゾートを満喫

栗駒国定公園の雄大な自然に抱かれた高原のリゾートホテル。温泉にゴルフ、スキーなどアクティブに遊べる施設がいっぱい。夕食には料理長特選和洋会席料理が楽しめる。

リゾートパーク・ホテルオニコウベ
リゾートパーク・ホテルオニコウベ

リゾートパーク・ホテルオニコウベ

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首大清水26-17
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで42分、リゾートパーク下車、徒歩5分
料金
1泊2食付=12960~21600円/外来入浴(10:00~16:00)=600円(フェイスタオル別)/(中学生以上入湯税別150円)

レストラン 鳴子の風

高原生まれの発泡酒が人気

穀類や果物を使ったまろやかな味の地発泡酒を、ソーセージやピッツァとともに楽しめる。特産の鬼そばやご飯もの、ラーメンなども提供する。

レストラン 鳴子の風

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首本宮原23-89
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅からタクシーで20分
料金
発泡酒「鳴子の風」グラス=440円~/ソーセージ&ポテト=900円/

荒雄湖畔公園

水辺の自然を満喫できる荒雄湖の湖畔にある公園

鳴子ダムによってできた人造湖である荒雄湖の湖畔にある公園。キャンプをはじめ、バーベキューやサッカー、テニスなども楽しめる。夏はホタルを見ることができる。

荒雄湖畔公園

荒雄湖畔公園

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首湯沢地内
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで26分、轟温泉下車、徒歩5分
料金
入園料=無料/デイキャンプ(利用時間の間にキャンプ利用する場合)=大人250円、小人200円/キャンプ(利用時間を超えてキャンプ利用する場合)=大人500円、小人400円/

大新館

赤い橋の向こうに美しい庭園が広がる

大正7(1918)年に建てられた落ち着きのある和風旅館。四季折々に美しい草花が咲く池には鯉が泳ぐ庭園が見事。男女別の浴室の他に檜造りの家族風呂と露天風呂がある。

大新館

大新館

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首宮沢22
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首行きで25分、宮沢温泉下車すぐ
料金
1泊2食付=9870~12030円/外来入浴(10:00~14:00、12~翌3月は不定休、天候により露天風呂利用不可となる場合あり)=500円/外来入浴食事付(時間応相談、専用個室利用、要予約)=料金応相談/

吹上高原キャンプ場

連泊割引で手軽に湯治キャンプ

高原に広がる広大なフリーサイトは実に開放的で、大自然の雄大な風景を眺めながらゆったり過ごせる。利用料もリーズナブルで連泊割引もあり。場内には温泉施設があり、長期滞在で利用するリピーターも多い。

吹上高原キャンプ場
吹上高原キャンプ場

吹上高原キャンプ場

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首本宮原23-89
交通
東北自動車道古川ICから国道47号で鳴子温泉へ。新屋敷(鳴子大橋の)交差点をさらに酒田・新庄方面へ約2km直進し、国道108号花渕山バイパスへ右折。県道171号経由で現地へ。古川ICから40km
料金
サイト使用料=オートフリー(2人、車1台まで)2200円~、AC電源使用料1200円、追加車1台600円、連泊割引あり/

すぱ鬼首の湯

鬼首の山々を眺める湯

窓が大きめの内風呂と開放的な露天風呂がある。タイル張りで清潔な露天風呂からは周辺の山々を眺めることができる。キャンプ場の入口近くにあり、キャンパーの利用が多い。

すぱ鬼首の湯
すぱ鬼首の湯

すぱ鬼首の湯

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首本宮原23-38
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首行きで25分、吹上キャンプ場下車すぐ
料金
入浴料=大人600円、小人(4歳~小学生)300円/(吹上高原キャンプ場ご利用割引)

とどろき旅館

静けさの中、美しい庭園と湯浴みを満喫

鬼首高原入り口に建つ宿。泉質は眼病にも効く。一度に20人は入れる広さの混浴露天風呂があり、老若男女が入り混じってなごやかな雰囲気だ。貸切の小さな露天風呂もある。

とどろき旅館
とどろき旅館

とどろき旅館

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首轟1
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首行きで21分、轟温泉下車すぐ
料金
1泊2食付=9870~10950円/外来入浴(10:00~14:00)=500円/外来入浴食事付(11:00~14:00、専用個室利用、要予約)=3850円~/

地獄谷

地獄を思わせる景観が続く

鬼首温泉の源泉で地獄沢とも呼ばれている。沢の両岸と林間で大小さまざまな源泉を見ることができ、間歇泉も多数点在。沢づたいには遊歩道が整備されている。紅葉は特に見事。

地獄谷

地獄谷

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上地内
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで30分、吹上キャンプ場下車、徒歩3分
料金
情報なし

吹上温泉 峯雲閣(日帰り入浴)

天然湯滝のワイルドな露天風呂

渓流の中に地獄谷の熱湯が流れ込み、滝壺がそのまま湯舟になっている名物の仙人風呂は見逃せない。5月下旬から10月下旬頃までこの風呂に入浴できる。通年入浴できる露天風呂は混浴。

吹上温泉 峯雲閣(日帰り入浴)
吹上温泉 峯雲閣(日帰り入浴)

吹上温泉 峯雲閣(日帰り入浴)

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上16
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首方面行きで25分、かんけつせん下車、徒歩3分
料金
入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)300円/

ペンション森りんこ

自然木をふんだんに使ったくつろぎの空間

自然な木のぬくもりと香りを感じるログハウスで、やすらぎひと時を過ごせる宿。冬はおとぎ話のような佇まいに、アンティークな薪ストーブで暖められた小部屋が日常の疲れを忘れさせてくれる。

ペンション森りんこ

ペンション森りんこ

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首小向原9-8
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで43分、ペンション村下車すぐ
料金
1泊2食付=8100円~/(入湯税別150円)

リゾートパーク・ホテルオニコウベ(日帰り入浴)

テニス、スキーなどのアクティブ施設があり温泉も楽しめるホテル

栗駒国定公園の雄大な自然に抱かれた高原のリゾートホテル。温泉にテニス、スキーなどアクティブに遊べる施設がいっぱい。

リゾートパーク・ホテルオニコウベ(日帰り入浴)

リゾートパーク・ホテルオニコウベ(日帰り入浴)

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首大清水26-17
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで42分、リゾートパーク下車、徒歩5分
料金
入浴料=大人600円、小人400円/

禿岳

鬼首カルデラの外輪山

鬼首温泉郷に屹立する峻峰。小鏑山とも呼ばれる。登山道は3本あり、いずれも2時間30分ほどで登れる。山頂からは栗駒や鳥海山、そして神室連峰の展望が望める。

禿岳

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅からタクシーで40分(花立峠登山口まで)
料金
情報なし

オニコウベスキー場

ペットも一緒に大自然を満喫

栗駒国定公園にある広大なレジャーエリア。グリーンシーズンはテレキャビン、パターゴルフ、パラグライダーなど、ホワイトシーズンはスキー&ボードと、一年中アウトドアスポーツが楽しめる。

オニコウベスキー場
オニコウベスキー場

オニコウベスキー場

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首小向原9-55
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで42分、リゾートパーク下車すぐ
料金
入場料=無料/テレキャビン=大人1000円、小学生500円、幼児(4~6歳)300円/ファミリーカート=600円/パターゴルフ大人=900円、小学生以下600円/釣り堀=1000円/アクアチューブ=500円/アクアボート=500円/

荒雄川神社

境内には「金華山号」の等身大彫刻があり明治天皇の御料馬だった

老杉の林に囲まれた延喜式内社。古くは荒雄岳山頂に社があり、岳宮と呼ばれていたという。境内には明治天皇の御料馬「金華山号」の等身大の彫刻が建っている。

荒雄川神社

荒雄川神社

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首久瀬3
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで26分、轟温泉下車、徒歩15分
料金
情報なし

荒湯地獄

焼けた岩がむき出しになった谷の随所から湯煙が上がる風景は圧巻

焼けただれた岩がむき出しになった谷のあちこちから湯煙が上がる風景は圧巻。冬は県道249号が雪による通行止めになるため見学はできない。

荒湯地獄

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅からタクシーで45分
料金
情報なし

オニコウベスキー場(キャンプ場)

レジャー施設充実のリゾート

リゾート施設の一角にある。周辺の施設が充実していて、釣り堀からアウトドアスポーツ、サイクリングまで、豊富な遊びのメニューを楽しめる。

オニコウベスキー場(キャンプ場)

オニコウベスキー場(キャンプ場)

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首小向原9-55
交通
東北自動車道古川ICから国道47号で鳴子方面へ。国道108号でオニコウベスキー場へ。古川ICから40km
料金
サイト使用料=大人600円、小学生400円、幼児無料/

とどろき旅館(日帰り入浴)

眺めのいい庭園風の混浴露天風呂で旅の疲れを癒す

庭園風の混浴露天風呂は脱衣所が男女別の造り。岩を配し周囲の自然木と手入れの行き届いた庭園の眺めがいい。空いていればいつでも利用できる貸切露天風呂「木もれびの湯」もある。

とどろき旅館(日帰り入浴)

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首轟1
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首行きで21分、轟温泉下車すぐ
料金
入浴料=大人500円、小人400円/

オニコウベスキー場

高原レジャーを一年中満喫

麓はゆったりとした緩斜面が広がり、穏やかな雰囲気。一方、上部の斜面はコブが連続する過激な表情を持つ。ベースに立つホテルでリゾート型のステイも可能だ。

オニコウベスキー場
オニコウベスキー場

オニコウベスキー場

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首小向原9-55
交通
東北自動車道古川ICから国道47・108号を鳴子温泉方面へ車で42km
料金
リフト1日券=大人4000円、小人2600円、シニア3000円/5時間券=大人3500円、小人2000円、シニア2500円/ナイター券(土曜、12月29日~翌1月3日)=大人1700円、小学生・シニア1200円/ナイター券(日曜、祝日)=大人1400円、小学生・シニア900円/(レンタル料金スキーセットは大人4400円、小人2900円、ボードセットは大人4400円、小人2900円、ウエアは大人3200円、小人2200円)

せんとう目の湯

遠方から来る人もいる、目の病や美肌効果があるアルカリ性の湯

木材をふんだんに使った建物。目の病や美肌に効果があるアルカリ性の湯が満ちている。シンプルな内湯と岩を組んだ露天風呂があり、効能のよさから遠方から訪れる人も多い。

せんとう目の湯

せんとう目の湯

住所
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首轟8-1
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から大崎市営バス鬼首線下りで26分、轟温泉下車、徒歩3分
料金
入浴料=大人500円、小人(4歳~小学生)250円/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください