トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > 日光・鬼怒川 > 鬼怒川・川治温泉 > 鬼怒川温泉

鬼怒川温泉

鬼怒川温泉のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

鬼怒川温泉のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。栃木のかんぴょう、日光のゆば、鬼怒川温泉のボタンなど情報満載。

鬼怒川温泉のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:89 件
  • 記事:8 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

栃木のかんぴょう(とちぎのかんぴょう)

夕顔の栽培に適した栃木の風土が生みだす特産品

  • おみやげ

全国生産の9割以上を占める栃木県の特産品。7~8月に実をつける夕顔の果肉を帯状に切り、乾燥させたもの。夕顔は県中南部を中心に栽培され、かんぴょう干しの最盛期には、農家の庭先を白一面に染める。

日光のゆば(にっこうのゆば)

社寺の食材として親しまれてきた伝統の味

  • おみやげ

豆乳を煮た時にできる薄い膜を引きあげた大豆の加工品の一つ。古くから山岳信仰の聖地として多くの修行僧が集まった日光で、精進料理には欠かせない食材として、ゆばは利用されてきた。

日光のゆば

鬼怒川温泉のボタン(きぬがわおんせんのぼたん)

浮世絵や家紋に描かれることもある花

「座れば牡丹」でおなじみの美人の代名詞。原産地の中国では「花王」と賞される。日本へは平安朝期に渡来した。花は直径20cmにもなる大輪で、一重から千重、万重まであり、紫、桃、白など色も豊富。4月~5月の春牡丹、10月下旬~1月の寒牡丹のほか、春牡丹を1月~2月に咲かせる冬牡丹がある。

鬼怒川温泉のカタクリ(きぬがわおんせんのかたくり)

うつむき加減に咲き、そっと春を告げる

早春に山野や雑木林に群生する高さ15cmほどの花。紅紫色やピンク色の花がうつむき加減に咲き、その可憐な姿は「春の妖精」と呼ばれることも。鬼怒川公園などが群生地として知られる。