トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 高松・坂出 > 高松 > 女木島

女木島

女木島のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した女木島のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。カモメの駐車場,鬼旬,女木島野営場など情報満載。

  • スポット:7 件
  • 記事:2 件

1~10 件を表示 / 全 7 件

カモメの駐車場

海風を目で感じるアート

女木港かの堤防の上にずらりと並ぶ約300羽のカモメの風見鶏は、木村崇人氏が手がけた作品。風が吹くと一斉に向きを変える。

カモメの駐車場

住所
香川県高松市女木町
交通
JR高松駅から徒歩10分の高松港から雌雄島フェリーで20分、女木港下船すぐ
料金
情報なし

鬼旬

広がる海の景色もごちそうに

島の新鮮な魚介や野菜をふんだんに使った和定食が好評。目の前に砂浜と海が広がる抜群のロケーションで「UMIYADO鬼旬」として民宿も営んでおり、夏は海の家になるためランチはお休みに。

鬼旬
鬼旬
鬼旬

鬼旬

住所
香川県高松市女木町453
交通
JR高松駅から徒歩10分の高松港から雌雄島フェリーで20分、女木港下船、徒歩7分
料金
おまかせランチ(1~6・9~12月のみ)=1500円/1泊2食付(UMIYADO鬼旬)=8640円~/

女木島野営場

静かなひとときが過ごせるキャンプ場

桃太郎伝説で有名な女木島最北端のこぢんまりとしたキャンプ場。無料で利用できて、オートキャンプもできる。

女木島野営場

住所
香川県高松市女木町2633
交通
高松自動車道高松中央ICから国道11号・30号で高松港へ。高松港から雌雄島海運フェリーで女木島港まで約20分。女木港からは一般道を看板に従い進み現地へ。高松中央ICから高松港まで約8km
料金
サイト使用料=無料/

鬼ヶ島松原キャンプ場

おとぎの世界でわくわくキャンプ

通称鬼ヶ島と呼ばれる女木島のキャンプ場。松林の中のサイトは夏でも涼しく、目の前の浜では海水浴も楽しめる。おにの館や鬼ヶ島大洞窟など伝説にちなんだ見所も多い。

鬼ヶ島松原キャンプ場
鬼ヶ島松原キャンプ場
鬼ヶ島松原キャンプ場
鬼ヶ島松原キャンプ場

鬼ヶ島松原キャンプ場

住所
香川県高松市女木町235-1
交通
女木港から一般道を北へ進み現地へ。女木港から150m
料金
入場料=大人(中学生以上)300円、小人(小学生)150円/

高松市鬼ヶ島おにの館

港からすぐの総合案内所

フェリー乗り場に隣接する待合所も兼ねた施設。うどんやおでんなど気軽に食べられるメニューがそろう食堂やおみやげコーナーのほか、レンタサイクルや洞窟行きバスの発着場所でもある。

高松市鬼ヶ島おにの館

高松市鬼ヶ島おにの館

住所
香川県高松市女木町15-22
交通
JR高松駅から徒歩10分の高松港から雌雄島フェリーで20分、女木港下船すぐ
料金
入館料=無料/電動レンタサイクル(1日、限定30台)=800円/カレー=650円(小)、800円(大)/鬼うどん(大)=860円/うどん(各種)=380~860円/

女根/めこん

休校中の女木小学校の中庭で展開する、大竹伸朗氏の作品

休校中の小学校と植物と作品とが一体となって響き合う。島に生息していた大きな椰子が人工衛星のようにブイの上にそびえ立ち、その周りにはキッチュなタイルのモザイクやワニのオブジェ、船材などが配置。

女根/めこん

女根/めこん

住所
香川県高松市女木町236-2女木小学校
交通
JR高松駅から徒歩10分の高松港から雌雄島フェリーで20分、女木港下船、徒歩5分
料金
510円

不在の存在

改装した古民家で不思議体験

アルゼンチンのアーティスト、レアンドロ・エルリッヒが手がけた作品。誰もいないのに足跡が現れたり足音が聞こえたりと、不思議なしかけがたくさん。

不在の存在

住所
香川県高松市女木町
交通
JR高松駅から徒歩10分の高松港から雌雄島フェリーで20分、女木港下船、徒歩7分
料金
入館料=300円/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください