エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 北九州・筑豊 > 飯塚・直方

飯塚・直方

飯塚・直方のおすすめご当地グルメ・名物・名産品・お土産

飯塚・直方のおすすめのご当地グルメや名物・名産品、お土産をご紹介します。田川ホルモン鍋、北九州のウメ、直方のアジサイなど情報満載。

飯塚・直方のおすすめご当地グルメ・名物・名産品・お土産

  • スポット:63 件
  • 記事:1 件

1~20 件を表示 / 全 8 件

田川ホルモン鍋(たがわほるもんなべ)

ホルモン鍋は「田川のソウルフード」

  • ご当地名物料理

「トンチャン鍋」とも呼ばれ、ホルモンを味噌や醤油ベースのタレで煮た鉄板焼きのような鍋。田川市はかつて炭坑の町だったため、過酷な労働に備える料理としてホルモン鍋が普及した。

田川ホルモン鍋

北九州のウメ(きたきゅうしゅうのうめ)

春の訪れを知らせる白や赤の香り高い花

春の訪れを感じさせる代表的な花。花は小さく可憐だが、香りは強く満開時期にはあたりに芳香がただよう。開花時期には各地で「梅祭り」が開催される。嘉麻市の梅林公園などが名所として知られており、花見客で賑わう。

北九州のウメ

直方のアジサイ(のおがたのあじさい)

雨がもっとも似合う梅雨時の可憐な花

開花から日が経つにつれて花の色が変わっていくことから「七変化」と呼ばれる。白やピンク、紫、水色、青など、さまざまな色合いは土壌の酸性度の違いが生むもので、全国各地にアジサイ寺やアジサイロードと呼ばれる名所がある。直方の福智山ろく花公園などが見所。

直方のコスモス(のおがたのこすもす)

秋晴れの青空の下に咲く白やピンクの群生

秋の到来とともに咲き始めるコスモス。やせた土地でも比較的よく育つため、街道沿いやスキー場などに植えられることも多い。メキシコ原産で、白、ピンク、紅色の在来種のほかキバナコスモスもある。福智山ろく花公園でも観賞できる。

直方のコスモス

直方のチューリップ(のおがたのちゅーりっぷ)

童謡にも歌われる色とりどりの花

育てやすく種類も豊富で根強い人気がある、春花壇の代表格。5000品種を超すといわれ、花の色や形、香りや開花時期もさまざまだ。川沿いに整備された直方リバーサイドパークがチューリップとムスカリで彩られる「のおがたチューリップフェア」は4月中旬に開催。周辺のサクラやナノハナと共に楽しめる。

直方のチューリップ

直方のユリ(のおがたのゆり)

甘い香りと筒状の花が人々を魅了する

「歩く姿は百合の花」と称される美人の代名詞。日本などアジアを原産とするユリ科の多年性球根植物で、6月~8月に白、桃、黄などの花が咲く。品種が多く、テッポウユリ系、ヤマユリ系、スカシユリ系、カノコユリ系などに分類される。福智山ろく花公園がユリの名所として知られる。

直方のポピー(のおがたのぽぴー)

風にそよぎながら咲く色とりどりの花

ヨーロッパ原産のケシ科の一年草または多年草。日本で見られる園芸品種はアイスランドポピー、シャーレポピー、オリエンタルポピー、カリフォルニアポピーなど。4月~7月に直径約5~15cmの花が咲き、色は赤、黄、橙、白など。一重咲きと八重咲きがある。福岡県の福智山ろく花公園などでも一面のポピー畑を見ることができる。

直方のスイセン(のおがたのすいせん)

ナルシストの語源ともいわれるスイセン

別名「雪中花」とも呼ばれ、春の訪れを告げる清楚な花。白や黄色の花を咲かせ、甘い香りを漂わせる。比較的温暖な地方の海岸近くなどで群生する。ユリやアジサイなど年間を通してさまざまな花が咲き競う福智山ろく花公園では、12月から4月中旬にかけてスイセンが咲く。サクラやポピーなど春の花との競演も美しい。