トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 雲仙・島原 > 雲仙・小浜温泉 > 小浜温泉

小浜温泉

小浜温泉のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した小浜温泉のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。日本一なが~い足湯「ほっとふっと105」、露天風呂からの眺めは絶景「海上露天風呂 波の湯「茜」」、「ちゃんぽん+すし+温泉」をセットで楽しむ「味処湯処よしちょう」など情報満載。

小浜温泉のおすすめのスポット

  • スポット:29 件
  • 記事:2 件

小浜温泉の新着記事

1~20 件を表示 / 全 29 件

小浜温泉の魅力・見どころ

夕景が美しいことで知られ、人気の高い温泉地

島原半島の西岸に面した、夕景が美しいことで有名な温泉地。その歴史は古く、歌人・斎藤茂吉や俳人・種田山頭火も感動的な美しい風景を短歌や俳句にして残しており、国民保養温泉地にも指定されている。宿の夕食では獲れたての海の幸が楽しみ。近隣の観光地へのアクセスも便利で、観光拠点として県下でも人気の温泉地となっている。小浜マリンパークにある「ほっとふっと105」は、温泉の温度105度にちなんで造られた全長105メートルの日本最長の足湯。魚介ベースの小浜ちゃんぽんがご当地グルメとして人気だ。

小浜温泉のおすすめスポット

ほっとふっと105

日本一なが~い足湯

温泉街の中心部、小浜マリンパークにある「ほっとふっと105」は、全長105mの日本一長い足湯。足湯の一部は、歩いて足の裏を刺激するウオーキング足湯、ペット足湯になっている。

ほっとふっと105
ほっとふっと105

ほっとふっと105

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町905-68
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
入浴料=無料/蒸し釜利用料=無料/蒸しカゴの貸し出し(1回)=200円(30分)/

海上露天風呂 波の湯「茜」

露天風呂からの眺めは絶景

橘湾の波消石上に造った海上露天風呂が名物。海と一体化したような極上の露天風呂から眺める夕景は息をのむ美しさ。夕方6時からは貸切制になる。海面が近いため、天候によっては休業の場合がある。

海上露天風呂 波の湯「茜」
海上露天風呂 波の湯「茜」

海上露天風呂 波の湯「茜」

住所
長崎県雲仙市小浜町マリーナ20先
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車、徒歩3分
料金
入浴料=大人300円、小学生以下200円/貸切利用(4名まで、要予約)=2000円(1時間、追加1名につき500円)/ (貸切利用時の料金支払はプライベート・スパ・ホテルオレンジ・ベイのフロントにて受付)

味処湯処よしちょう

「ちゃんぽん+すし+温泉」をセットで楽しむ

魚介の風味が効いた名物の小浜ちゃんぽんと、にぎりずしを組み合わせたユニークなセットメニューがあるすし屋。食事をすれば入浴料が無料になる。ランチは平日のみ。

味処湯処よしちょう

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町905-32
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ

海鮮市場 蒸し釜や

熱気むんむん蒸し料理

小浜温泉の蒸気を活かした料理なら、波の湯「茜」の隣にある「海鮮市場蒸し釜や」へ。水槽を泳ぐ魚やカニ、地元の旬の野菜などを好みでチョイスすれば蒸し釜で調理してくれる。たっぷりの野菜とともに楽しめる蒸し豚セット、点心セットなど手軽に利用できるセットメニューや定食なども充実。

海鮮市場 蒸し釜や
海鮮市場 蒸し釜や

海鮮市場 蒸し釜や

住所
長崎県雲仙市小浜町マリーナ19-2
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙行きで50分、西登山口下車すぐ
料金
蒸し豚セット=702円/蒸し釜料理(海鮮)=時価/じげ丼=1620円/よそ丼=1620円/刺身定食=1620円/

旅館 ゆのか

旬の味と掛け流しの風呂でもてなす宿

橘湾沿いに建つ。貸切内風呂の「竹の湯」は4、5人が入れる広さで寝湯があり、女性客を中心に人気を集めている。食事は近海でとれた海の幸を盛り込んだ海鮮料理。

旅館 ゆのか
旅館 ゆのか

旅館 ゆのか

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町905-26
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
1泊2食付=10950~24990円/外来入浴(15:00~21:00、不定休、貸切風呂は要予約)=500円(貸切風呂は1名50分1000円)/外来入浴食事付(12:00~21:00、不定休、個室利用、要予約)=5400円~(3時間、15:00~は6480円)/

海花亭

独自のまろやかさの秘密は温泉水にあり

小浜ベイエリアの中心にあるレストラン。名物のちゃんぽんはゆっくりと時間をかけてとられた鶏ガラベースのスープ。車えびフライや新鮮な鯵の唐揚げなども人気。

海花亭

海花亭

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町25-11
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、平松下車すぐ
料金
温泉卵入りちゃんぽん=740円、850円(大盛り)/

くつろぎの宿 旅館山田屋(日帰り入浴)

夕日を眺められる小浜温泉の絶景露天風呂

夕日が眺められる展望露天風呂、ステンドグラス張りの内湯「ギヤマン風呂」など個性的な湯がそろい、日帰り入浴利用ができる。予約制の個室休憩食事付入浴では、会席料理が温泉とあわせて楽しめる。

くつろぎの宿 旅館山田屋(日帰り入浴)
くつろぎの宿 旅館山田屋(日帰り入浴)

くつろぎの宿 旅館山田屋(日帰り入浴)

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町905-7
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、小浜ターミナル下車すぐ
料金
入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)250円/露天風呂=大人800円、小人400円/貸切露天風呂=大人1000円、小人700円(1時間1名)/食事付入浴(個室利用、要予約)=5500円~/

浜の湯

地元の人と湯船の中で交流

浴槽は二つ。好みによって熱めの湯とぬるめの湯から選んで入ることができ、それぞれ10人ほどが入れる大きさ。湯は無色透明のナトリウム‐塩化物泉。

浜の湯
浜の湯

浜の湯

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町25-19
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス小浜方面行きで1時間、小浜下車、徒歩5分
料金
入浴料(6歳以上)=150円/ (市内在住者は6歳以上100円)

旅館 ゆのか(日帰り入浴)

露天風呂から眺める橘湾の夕景に感動

橘湾沿岸を走る国道57号沿いに建つ宿。男女別の内風呂と露天風呂、予約が必要な貸切露天風呂が二つ、貸切内風呂が一つある。入浴のみの利用や予約制の食事つき入浴が楽しめる。

旅館 ゆのか(日帰り入浴)
旅館 ゆのか(日帰り入浴)

旅館 ゆのか(日帰り入浴)

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町905-26
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
入浴料=大人500円、小学生以下300円/貸切風呂(要予約)=大人1000円、小学生以下500円(50分1名)/

伊勢屋旅館

名物は「小浜温泉蒸し」と「茂吉の湯」

展望岩風呂「茂吉の湯」からは橘湾がパノラマ状に一望でき、開放感は抜群。湯は食塩泉で、神経痛、リウマチ、慢性婦人病、疲労回復などに効果がある。

伊勢屋旅館
伊勢屋旅館

伊勢屋旅館

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町905
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
1泊2食付=10950円~/外来入浴(12:30~20:00、貸切風呂は12:00~19:00、貸切風呂は要予約)=800円・1000円(貸切風呂1名50分)/

小浜海産

雲仙・小浜の特産品がそろう

「プライベート・スパ・ホテル オレンジ・ベイ」に併設している物産館。地元で「エタリ」と呼ばれるカタクチイワシを塩漬けした塩辛をはじめ、小浜らしい商品がそろう。

小浜海産
小浜海産

小浜海産

住所
長崎県雲仙市小浜町マリーナ20-3
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
エタリの塩辛=865円/

伊勢屋旅館(日帰り入浴)

日帰り利用ができる小浜温泉の湯宿

小浜一の歴史を誇る旅館。斎藤茂吉ゆかりの温泉として知られる。茂吉にちなんだ男性露天風呂「茂吉の湯」は4階にあり、眼前に橘湾が広がる。男性の内風呂にはサウナがある。

伊勢屋旅館(日帰り入浴)
伊勢屋旅館(日帰り入浴)

伊勢屋旅館(日帰り入浴)

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町905
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
入浴料=大人800円、小学生400円/貸切内風呂(要予約)=1000円(50分1名)/食事付入浴(要予約)=1620円~/

和のやど 湯のやど 春陽館(日帰り入浴)

格調高い日本建築と天空の湯が評判

重厚な外観が印象的な旅館。坪庭がついた岩の大浴場などが男女日替わり制。橘湾を望む7階の「天空の湯」での入浴は格別。露天風呂つきの客室があり、宿泊もおすすめ。

和のやど 湯のやど 春陽館(日帰り入浴)
和のやど 湯のやど 春陽館(日帰り入浴)

和のやど 湯のやど 春陽館(日帰り入浴)

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町1680
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、小浜下車すぐ
料金
入浴料=大人700円、小人(3歳~小学生)400円/貸切風呂(要予約)=1200円(45分)/食事付入浴(要予約)=3240円~/

海辺の宿 つたや旅館

魚介をメインにした料理に舌つづみ

小浜温泉街の中心部にある。海辺の町らしく、魚介をメインとした料理が味わえる。風呂は男女別に内風呂、露天風呂が一つずつ。海に沈む夕日が望める貸切制の露天風呂もある。

海辺の宿 つたや旅館
海辺の宿 つたや旅館

海辺の宿 つたや旅館

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町907
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
1泊2食付=9870~16350円/外来入浴(10:00~21:00、不定休)=1000円(貸切風呂は1名1時間1000円)/外来入浴食事付(11:00~21:00、不定休、個室利用、要予約)=5400円~(3時間)/

オカモト・シェ・ダムール

地元人気店のロールケーキ

しっとりとしていて上品な甘さのロールケーキ「小浜雲仙ぐるぐる」が名物。生クリームにバニラビーンズたっぷりのバニラ風味、ショコラ、抹茶、キャラメルの4種類がある。

オカモト・シェ・ダムール

オカモト・シェ・ダムール

住所
長崎県雲仙市小浜町マリーナ18-1
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
小浜雲仙ぐるぐる(1本)=1080円/ケーキセット=670円/雲仙昭和ドーナツ=162円/プリン(バニラ)=194円/

和のやど 湯のやど 春陽館

伝統と湯のぬくもりが心を満たす宿

大正末期開業の宿は、重厚な趣と現代風に洗練されたここちよさの両方をそなえる。別館の屋上には夕日と海の眺めが堪能できる「天空の湯」がある。バリアフリー施設もある。

和のやど 湯のやど 春陽館
和のやど 湯のやど 春陽館

和のやど 湯のやど 春陽館

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町1680
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、小浜下車すぐ
料金
1泊2食付=10950円~/外来入浴(15:00~21:00、不定休、繁忙期不可、要確認)=700円/

海辺の宿 つたや旅館(日帰り入浴)

約150坪の風呂が自慢の宿。さまざまな風呂を堪能する

約150坪の風呂が自慢の宿。広い敷地内には露天風呂、サウナ、貸切風呂などが点在し、存分に楽しめる。五つの貸切露天風呂からは、夕日に染まる海が眺める。

海辺の宿 つたや旅館(日帰り入浴)

海辺の宿 つたや旅館(日帰り入浴)

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町907
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
入浴料(2時間)=1000円/貸切風呂=1000円(1時間1名)/

小浜歴史資料館(湯太夫跡)

小浜温泉の歴史を知る

古くから温泉地として栄えてきた小浜。小浜歴史資料館は、藩命により温泉を管理した本多湯太夫家を改修、復元、保存するとともに、小浜の歴史を紹介している。入館料は企画展などによって変わる場合がある。

小浜歴史資料館(湯太夫跡)

小浜歴史資料館(湯太夫跡)

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町923-1
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙・口之津方面行きで1時間、西登山口下車すぐ
料金
入館料=小学生以上100円、企画展により異なる/

旅館國崎(日帰り入浴)

3種類の貸切風呂の人気が高い

アットホームなもてなしが好評な宿で、男女別の内風呂と貸切風呂は日帰り利用ができる。貸切風呂は檜と石の内風呂がそれぞれ一つと、露天風呂がある。

旅館國崎(日帰り入浴)

住所
長崎県雲仙市小浜町南本町10-8
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス口之津方面行きで1時間、小浜体育館前下車、徒歩3分
料金
入浴料=500円~/貸切風呂(2名~)=1000円(50分1名)/貸切風呂(1名)=2000円(50分)/

刈水庵

小浜散策の途中に寄り道…和とモダンが調和する古民家カフェ

小浜温泉の中心部から山手の刈水地区までは、歩いて10分ほど。古い民家の一角に、目的の刈水庵はある。日常を離れて心を素に戻すことができるような不思議に癒される空間。デザイン事務所「スタジオシロタニ」が手がける店で、1階はギャラリー、2階がカフェ。カップ、ソファ、照明の一つひとつにデザイナーの美意識や、使う人への配慮がぬくもりとなって感じられる。

刈水庵
刈水庵

刈水庵

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町1011
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス小浜方面行きで1時間、小浜下車、徒歩10分
料金
ドリンクと茶菓子のセット=600円/

ジャンルで絞り込む