トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 秋田・男鹿 > 秋田 > 秋田市街

秋田のじゅんさい

低カロリーで食物繊維を多く含む鍋で秋田美人に

プルンとした食感が楽しめるじゅんさいは、食物繊維が多く含まれるからとてもヘルシー。夏が旬のじゅんさいを使った「じゅんさい鍋」は、低カロリーで美容によいと評判。

むら咲(ムラサキ)

自家製きりたんぽを食べよう

秋田が誇る米「あきたこまち」を使い、手作りしたきりたんぽを、3日かけてとった旨みとコクの鶏ガラだしスープと合わせる、きりたんぽ鍋がイチオシ。鯉の甘露煮や地場産の野菜がふんだんに入った武家飯も名物。

むら咲

むら咲

住所
秋田県仙北市角館町竹原町4-4
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩7分
料金
きりたんぽ鍋=1750円/武家飯=1620円/鮎のなれずし=700円~/稲庭うどん=1080円~/比内地鶏親子丼=1382円/比内地鶏和風オムライス=1004円/

無限堂大町本店(ムゲンドウオオマチホンテン)

稲庭うどんの製造メーカー直営店

趣ある商家を生かした店内で味わえるのは、稲庭うどんやきりたんぽ、ハタハタなどの郷土料理。比内地鶏やシイタケが入った無限うどんも人気だ。地酒や焼酎とともに楽しみたい。

無限堂大町本店

無限堂大町本店

住所
秋田県秋田市大町1丁目3-2
交通
JR秋田駅から秋田中央交通南浜回転地行きバスで6分、大町通り下車すぐ
料金
週替わりランチ=800円~/無限うどん=1110円/きりたんぽ鍋=1110円~/冷やしじゅんさい梅うどん=960円/

お食事処 島の家(オショクジドコロシマノヤ)

しょっつるをスープに加えた一品

温泉街にあるラーメン店。おすすめのラーメンには自家製チャーシューとじゅんさいが入り、さらにトッピングに磯の香りがする岩海苔か、粘りと食感のよいクロモを選べる。

お食事処 島の家

住所
秋田県男鹿市北浦湯本草木原51-4
交通
JR男鹿線羽立駅から秋田中央交通男鹿温泉方面行きバスで40分、観光ホテル下車すぐ
料金
ラーメン=700円/ラーメン定食=950円/稲庭うどん=900円/焼もちラーメン=900円/しょっつるラーメン=900円/

じゅんさいの館(ジュンサイノヤカタ)

生産量日本一を誇る「じゅんさい」や地元農産物の直売所

生産量日本一を誇る、郷土食「じゅんさい」を販売。じゅんさいとはスイレン科の多年草の若芽で、ゼリー状の粘膜に包まれている。三杯酢でそのまま食べてもおいしい。

じゅんさいの館

住所
秋田県山本郡三種町森岳東二ツ森97
交通
JR奥羽本線鹿渡駅から秋北バス能代方面行きで10分、二ツ森入口下車すぐ
料金
生じゅんさい(5~8月)=時価/

郷土料理芝良久(キョウドリョウリシバラク)

比内地鶏の肉をまるごと鍋で食べる

店内の囲炉裏で焼く自家製炭火焼きりたんぽや、旬の素材を使った秋田の味が自慢。おすすめは、比内地鶏をまるごと味わえる比内地鶏鍋ときりたんぽ鍋。

郷土料理芝良久

郷土料理芝良久

住所
秋田県秋田市山王1丁目2-17
交通
JR秋田駅から秋田中央交通県庁経由大川反車庫前行きバスで8分、県庁第二庁舎前下車、徒歩3分
料金
きりたんぽ鍋コース(1人前)=5400円/きりたんぽ鍋=2160円/塩魚汁鍋=2160円~/比内地鶏鍋(1人前)=1940円/比内地鶏の串焼き=810円(2本)/じゅんさい(夏期)=650円/

お食事処 さくら亭(オショクジドコロサクラテイ)

桜をイメージしたピンク色の看板が目印

50年以上の歴史を持つ畜産会社が経営する食事処。国産だけにこだわった馬肉と牛肉のメニューがメインで、ステーキやハンバーグ、焼肉のほか、馬刺しも絶大な人気がある。

お食事処 さくら亭

お食事処 さくら亭

住所
秋田県能代市浅内鵜川堺1-4
交通
秋田自動車道八竜ICから国道7号を能代方面へ車で1km
料金
三種じゅんさい丼=880円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください