トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 角館・田沢湖・乳頭温泉郷

角館・田沢湖・乳頭温泉郷 x ご当地グルメ・名物・名産品

角館・田沢湖・乳頭温泉郷のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

角館・田沢湖・乳頭温泉郷のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。秋田のとんぶり、秋田のじゅんさい、秋田の納豆汁など情報満載。

角館・田沢湖・乳頭温泉郷のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:268 件
  • 記事:28 件

1~20 件を表示 / 全 12 件

秋田のとんぶり(あきたのとんぶり)

畑のキャビアとも呼ばれる極上の食感

  • ご当地名物料理

プチプチとした食感が特徴のホウキグサの実。その歯ごたえがキャビアに似ていることから、畑のキャビアとも呼ばれている。ゴマ和えや納豆、長芋に混ぜて食べるなどして親しまれてきた。

秋田のとんぶり

秋田のじゅんさい(あきたのじゅんさい)

低カロリーで食物繊維を多く含む鍋で秋田美人に

プルンとした食感が楽しめるじゅんさいは、食物繊維が多く含まれるからとてもヘルシー。夏が旬のじゅんさいを使った「じゅんさい鍋」は、低カロリーで美容によいと評判。

秋田の納豆汁(あきたのなっとうじる)

食べれば体が温まる寒い秋田にぴったりの汁物

  • ご当地名物料理

納豆発祥の地といわれている秋田県。「納豆汁」は県南地方に伝わる家庭料理で、すり潰した納豆にだしを入れ、山菜やキノコなどを加えて味噌汁にしたもの。正月には一年間に収穫された山の幸を入れてふるまわれた。

がっこ(がっこ)

秋田の家庭で親しまれてきた漬け物

  • ご当地名物料理

秋田では漬け物のことを「がっこ」といい、保存食として古くから食卓をにぎわせてきた。大根を燻製にし、米糠と塩で漬けた「いぶりがっこ」など、種類も味も豊富。コリコリした食感が特徴。

がっこ

比内地鶏(ひないじどり)

試行錯誤の末に生まれた究極の鶏肉

  • ご当地名物料理

雄の比内鶏と雌の外国産鶏とを交配させ、誕生したのが「比内地鶏」。余分な脂肪がなく、適度な歯ごたえと風味をもつのが特徴。噛むほどに肉の旨みを味わうことができる。

比内地鶏

山の芋鍋(やまのいもなべ)

昭和50年代に誕生した田沢湖周辺の名物鍋

  • ご当地名物料理

昼夜の気温差の大きい田沢湖周辺で育った山の芋をすりつぶしたものをだんご状にして、山菜やキノコたっぷりの鍋に入れて煮こんだもの。味がしみた山の芋のだんごが何ともいえないおいしさ。

稲庭うどん(いなにわうどん)

「日本三大うどん」といわれる人気のうどん

  • ご当地名物料理

群馬の水沢、香川の讃岐とともに日本三大うどんに数えられる稲庭うどんは、かつては庶民には手が届かない「幻のうどん」だったという。つるっとしたのどごしと独特のコシの強さ、細い麺が特徴。

稲庭うどん

あいがけ神代カレー(あいがけじんだいかれー)

ひと皿で2つの味が楽しめる東北ご当地グルメの代表

  • ご当地名物料理

ご飯を真ん中に、左右2種類のカレーがかけられた東北地方を代表するB級グルメ。昔風カレーとデミグラスソースが入った欧風カレーの2つの味が同時に楽しめる。温泉卵と秋田名物のいぶりがっこも付け合わされる。

あいがけ神代カレー

もろこし(もろこし)

口に入れるとサラリと溶け上品な甘さが広がる

  • おみやげ

「もろこし」は、秋田を代表する名菓で、落雁(らくがん)の一種。アズキの粉に砂糖や和三盆を混ぜ焼き上げたもの。秋田藩主が「もろもろの菓子を越えて風味よし」と賞賛したことから名付けられたといわれる。

もろこし

樺細工(かばざいく)

熟練された技が織り成す伝統工芸

  • おみやげ

武士の内職として発展したという歴史をもつ樺細工。山桜の樹皮が美しい伝統工芸品。シックな色合いと、使うほどに風格が増すのも魅力の一つ。現代風にアレンジされたものも多数ある。

樺細工

田沢湖のクリ(たざわこのくり)

コロンとした実は秋の味覚の代表格

天津甘栗、甘露煮、栗きんとん、栗ご飯、モンブランなど、子どもから大人まで馴染みのある木の実。皮にツヤがあり丸みを帯び、ずっしり重いものがおいしい。田沢湖周辺の農園では例年9月下旬~10月中旬にかけて栗拾いが体験可能。

田沢湖のクリ

田沢湖のカタクリ(たざわこのかたくり)

うつむき加減に咲き、そっと春を告げる

早春に山野や雑木林に群生する高さ15cmほどの花。紅紫色やピンク色の花がうつむき加減に咲き、その可憐な姿は「春の妖精」と呼ばれることも。地元でカッコ、カタンコと呼ばれるその群生地が田沢湖エリア・八津に広がる。栗林に咲く花の見ごろは4月中旬~5月上旬。

田沢湖のカタクリ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください