トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 信州・清里 > 蓼科・諏訪 > 茅野・蓼科高原 > 蓼科高原

信州のバラ

世界中の人々から愛される「花の女王」

春と秋と一年に2回シーズンを迎えるバラ。世界各国で新しい品種が次々と生まれ、数千、数万品種ともいわれる。「プリンセス・オブ・ウェールズ」や「マリリン・モンロー」など著名人の名が付いたバラなども多い。信州にはバラクライングリッシュガーデンなど、英国の庭を彷彿とさせるバラ園があり、高原の夏を艶やかに彩る。

信州のバラ

蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデン(タテシナコウゲンバラクライングリッシュガーデン)

本格英国式庭園で癒やされる

約1万平方メートルの敷地に広がる日本初の本格的な英国式庭園。約5000種の植物コレクションが園内を彩り、四季を通じて楽しめる。ガーデニングスクールも開催している。

蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデン

蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデン

住所
長野県茅野市北山栗平5047
交通
JR中央本線茅野駅からアルピコ交通北八ヶ岳ロープウェイ行きバスで25分、栗平下車すぐ
料金
入園料=大人800円~、中学生以下無料、時期により異なる/アップルパイ=3456円(1本)/アフタヌーンティーセット(10:00~、テラス席利用には入園料が必要)=2000円/ケーキセット(10:00~、テラス席利用には入園料が必要)=1000円/(障がい者手帳持参で入園料半額(障がい者手帳持参かつ車いすの場合は本人と同伴者1名入園料半額))

イングリッシュローズ・ガーデン(イングリッシュローズガーデン)

色とりどりのイングリッシュローズの花が咲き誇る

ほのかな甘い香りに誘われて歩いていくと、色とりどりのバラが咲いている。バリエーションに富んださまざまな美しい花と、優雅な香りが楽しめる(6月中旬~9月上旬)。

イングリッシュローズ・ガーデン

イングリッシュローズ・ガーデン

住所
長野県北佐久郡軽井沢町長倉217軽井沢タリアセン内
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅からタクシーで10分
料金
軽井沢タリアセン入園料=大人800円、小・中学生400円/(障がい者手帳持参で入園料半額)

花色たかとお ポレポレの丘(ハナイロタカトオポレポレノオカ)

休耕田を利用し民間だけで作り上げた花の公園

花の高遠の新名所で開設1年余。荒廃した棚田を地元有志が村おこしで花の里に再生した。25000平方メートルと広く、250種250000株の草木が四季を彩る。花摘みができ自分の花畑も持てる。

花色たかとお ポレポレの丘

住所
長野県伊那市高遠町東高遠253-1
交通
JR飯田線伊那市駅からタクシーで25分
料金
入園料(非会員)=大人300円、小・中学生150円/入園料(会員)=無料/(花の最盛期は大人は500円、小・中学生250円、就学前無料)

中野市一本木公園(ナカノシイッポンギコウエン)

850種、2500株のバラが咲き競う、バラの公園

850種、2500株に及ぶバラの公園として広く親しまれている。5月下旬から6月上旬にかけてのバラ最盛期には色とりどりのバラが咲き誇り多くの人が訪れる。

中野市一本木公園

中野市一本木公園

住所
長野県中野市一本木495-6
交通
長野電鉄長野線中野松川駅から徒歩7分
料金
情報なし

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください