トップ > コモド島

海外スポット情報

コモド島
Pulau Komodo

世界最大種のトカゲ、コモドドラゴンの棲む島

バリ島の東約500kmに位置するコモド島は、面積約390k㎡、人口はわずか2000人ほどという、手つかずの自然が残された島。希少な動植物が数多く見られ、透明度の高いビーチが広がる。この島の目玉は、体長3m、体重150kgを超えることもあるという巨大なトカゲ、コモドドラゴン。3000~5000頭しか生息していない珍しいトカゲで、地元のレンジャーの案内があれば、観光客もその姿を間近で見ることができる。また、コモド島は近接するリンチャ島、バタル島とともにコモド国立公園として自然環境の保護がなされており、1991年にはユネスコの世界自然遺産に登録された。

オススメの記事