ホテル予約サイトを利用する

by fotolia – © Africa Studio

ホテルの宿泊料金は季節などにより変動があり、オフシーズンには正規料金よりも半額近い値下げをするホテルもある。日本の旅行会社を通して予約すれば簡単で安心だが、ホテルのランクや数は限られる。インターネットのホテル予約サイトなら幅広く比較検討でき、割安料金で見つけられる。支払いはカードでのweb決済と現地決済の場合がある。予約を確定したら、予約確認書(バウチャー)を印刷して持参しよう。

●アップルワールド appleworld.com
●H.I.S. VACATION hotels.his-vacation.com
●agoda www.agoda.jp
●旅々台北 www.tabitabi-taipei.com
●台北ナビ www.taipeinavi.com
●Booking.com www.booking.com

各ホテルのサイトで予約する

オフィシャルサイトを持つホテルであれば、ほとんどはサイトから予約ができる。期間限定の割安プランなども紹介されているので要チェック。予約(または訂房)からリンクして申し込み、予約確認のメールを待つ。予約の際には、クレジットカード番号の入力を求められるのが一般的だ。

日本から電話で予約する

高級ホテルには、日本国内に予約事務所を設けているところもある。台湾ホテルチェーンのような予約代理店も日本語での電話予約が可能。中級以上のクラスを中心に幅広いホテルに対応している。

 

【関連リンク】

台湾でのお買い物・ショッピングするなら押さえておきたいツボ!

台湾地方都市【台中】文化的な薫りが漂うアートの街

現地で探す

空港や街なかにあるツーリストオフィス(旅遊服務中心)では、ほとんどは日本語または英語が通じ、ホテルを紹介してくれる。ホテルへの交通手段など、きめ細かい対応も期待できる。現地の旅行代理店で探すことも可能だ。格安の値段でホテルの部屋がとれることもあるから利用価値は大きい。なかには日本語の通じる旅行代理店もある。

ホテルの設備とサービス

チェックインからチェックアウトまで

チェックインは15:00、チェックアウトは正午が一般的。到着予定時刻より遅れるときは早めに連絡を入れておきたい。部屋が希望したタイプと異なる、設備に不備がある場合は、早めにフロントに申し出る。チェックアウトの時間や日数を延長したい場合にも早めに連絡しておこう。

貴重品の管理

貴重品は客室内のセーフティボックスに保管するかフロントに預ける。格安ホテルではフロントで預かってもらえないこともあり、そのうえ客室などのセキュリティ面は万全とはいえない。室内に貴重品を置いたままで外出するのは避けたい。

1 2 3
筆者

奥付:
「トラベルデイズ 台湾」が出展元となる記事に掲載している情報は、2014年10月〜2015年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。