まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

スペイン旅行出発前に知っておきたい基本情報あれこれ

電話

公衆電話

携帯電話の普及で減っているが、使い方は日本とほぼ同じ。市内通話の場合、基本料金は¢20。主要都市の公衆電話からは国際通話も可能。コイン式とカード式がある。コイン式は¢2〜€2までの硬貨が使用可能。テレホンカードやプリペイドカードは、キオスクやエスタンコと呼ばれるたばこ店で販売されている。 

携帯電話・スマートフォン

日本で契約している機種を旅先で使う場合は、海外での設定方法や料金を確認しておこう。日本への国際通話は1分200円程度で、着信やSMS送信でも課金される。Wi-Fi対応機種なら、Wi-Fi接続でSkypeやLINEなどを利用するのがお得。 

注意!スマートフォンのデータ通信

海外でのデータ通信には国内の定額サービスは適用されないため、メールチェックやアプリの更新などを自動で行なうスマートフォンは、知らぬ間に高額の通信料になることが多い。日本を出る前にデータ通信機能をオフにしておき、現地ではホテルやカフェなどのWi-Fiを利用しよう。海外用Wi-Fiルーターのレンタルも便利。

IP電話

インターネット回線を利用して音声通話ができるIP電話を利用すれば、電話回線を利用するより割安。パソコンで利用できるSkypeやスマートフォンアプリのLINEが代表的。利用には、申し込みやダウンロードが必要。 

国内電話

スペインの電話番号は同じ市内への電話でも9桁すべての番号を押す必要がある。また、企業のお客様センターなどに多い901や902で始まる番号はフリーダイヤルとは限らないので注意が必要。

国際電話のかけ方

スペインから日本へ

●ダイヤル直通電話
(例)東京03-4567-8901へかける場合
00⇨81⇨3⇨4567-8901

●携帯電話
(例)携帯電話090-1234-1234へかける場合
00⇨81⇨90⇨1234-1234

●その他の国際電話
クレジットカードや専用プリペイドカード利用の直通電話もある。日本語の音声ガイダンスに従って、カード番号、暗証番号、相手の電話番号などをダイヤルする。固定電話にかける場合の通話料は、1分200〜300円程度(時間帯や通話先によって異なる)。

KDDIスーパージャパンダイレクト
アクセス番号900-98-0981
※日本へのコレクトコール(料金受信人払い)は、KDDIジャパンダイレクト900-99-0981をダイヤルして、日本語オペレータに相手の番号と名前を伝える。3分2160円〜。

日本からスペインへ

●マイラインに登録している場合
(例)スペイン91-1234567へかける場合
010⇨34⇨91-1234567

●マイラインに登録していない場合
利用する国際電話会社の認識番号にかけてから、上記と同じようにダイヤルする。
KDDI 001 
ソフトバンク 0061
NTTコミュニケーションズ 0033

インターネット

ホテルで

多くのホテルでWi-Fi(無線LAN)が利用可能。有料の場合もあるので、予約時に確認しておきたい。スマートフォンなどの端末がない場合は、ホテルのビジネスセンターやロビーなどにあるパソコンを利用しよう。 

屋外で

都市部では、カフェやファストフード店、レストラン、バル、観光スポットなど、無料でWi-Fiを利用できる場所が多く、困ることは少ない。パスワードがわからないときはスタッフに確認しよう。インターネットカフェも観光地なら比較的見つけやすいが、基本的に日本語入力はできない。なお、街なかでスマートフォンを利用する際は盗難に注意したい。

郵便

スペインの郵便局Correosのマークは黄色地に青い王冠とラッパが目印。営業時間は場所によって異なるが月〜土曜9〜14時が一般的。日曜、祝日は休みとなる。日本へ送る場合の郵便料金は、はがきを含む定型20   g未満が€1・30。表に「JAPÓN」と大きく書けば、住所などは日本語で可。通常の郵便物は黄色のポストに投函すればよい。

511116

別送品の通関手続き

日本の空港に到着したら、税関で「携帯品・別送品申告書」を2枚提出する。うち1枚は税関でスタンプを押してもらい、別送品を受け取るまで保管する。別送品が日本に到着すると「外国から到着した郵便物の通関手続のお知らせ」というはがきが税関から送られてくるので「携帯品・別送品申告書」を提出(郵送可)。通関手続きが終了すると、荷物が送られてくる。

電圧とプラグ

電圧は220V、周波数は50 ㎐で、プラグの形は丸いピンが2本出ているCタイプが一般的。日本の製品を使用する場合は、差し込み型のプラグ変換アダプターと、製品により変圧器が必要になる。

511860
筆者:

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。
×