> > > >

2688

まっぷるマガジン

更新日:2020年4月13日

この記事をシェアしよう!

【バリ島】ショッピングの基本情報&マメ知識

リゾートファッションやアジアンテイストのおしゃれ雑貨、ローカル御用達のスーパーマーケットなど、バリはまさに買い物天国! ここぞとばかりにショッピングを楽しんで♪

1.トレンドショップならスミニャックとクロボカンへ

若者に人気のショップやおしゃれなダイニングが続々とオープン中の流行発信地。もらってうれしいおみやげも豊富なので、買い物好きなら訪れたい !

1855
1805

2.伝統雑貨&コスメならウブドがおすすめ!

芸術家が集まるウブドは、伝統雑貨の宝庫。また、ナチュラル志向の人も多く、自然派コスメのショップも点在している。自分みやげにも贈り物にもぴったり!

1884
1821

3.パサールでは値段交渉を!

パサール(市場)での買い物は値段交渉が基本! 買いたい素振りはあまり見せずに値段を聞いて。言い値の3分の1から交渉してみるのがよい。

3186

知っトク! 役立つインドネシア語

『これはいくらですか?』
ブラパ ハルガニャ
Berapa harganya?

『安くしてください』
ボレ タワール
Boleh tawar?

4.バラまきみやげはスーパーが便利

バラまきみやげは大型スーパーが便利。ココ・スーパーマーケットやハイパーマート、マタハリなどが種類豊富。食料品から日用品までなんでもそろう。

1894
1842

5.買い忘れはコンビニへ

コンビニが多いバリ。お弁当やおにぎりなどの惣菜系は少ないが、スナック菓子や日用品、医薬品なども売られている。基本的に24時間営業のところが多いので、深夜でも安心。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるバリ島」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年7~11月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。