まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2018年3月25日

アジア

【バリアート】神々の島々で描かれる世界をご紹介

by mapple

595656

島の自然や文化をモチーフに描かれるバリの絵画。西洋画の影響も受けた作品の数々が多くの美術館やギャラリーで鑑賞できる。

ネカ美術館 (Neka Art Museum)

近代~現代のバリ絵画が集結
バリ島を代表する美術収集家、ワヤン・ステジャ・ネカ氏が開設。伝統絵画から現代アートまで質の高い作品がそろう。建物は7棟からなり、国内外の作家の作品をわかりやすく展示。バリ絵画の変遷を追いながら鑑賞できる。【ウブド】

593488

「ひかれ合う心」 アブドゥル・アジズ
別々に描かれた絵を、一対の作品として展示。騙し絵の手法でフレームに影を描き込んでいる

596143

「アルジュナの結婚」 ルドルフ・ボネ
『マハーバーラタ』を題材とした舞踊の場面を表現。 1953年の作品

596159

「休息」 アリー・スミット
若者のリラックスした姿に彫刻的要素を取り入れて力強く表現

596224

自然光が明るい雰囲気の第6展示館2階にはルドルフ・ボネの作品が並ぶ

ネカ美術館

現地名:
Neka Art Museum
住所:
Jl. Raya Sanggingan, Ubud
地図を見る »
アクセス:
サレン・アグン宮殿から車で10分
TEL:
0361-975074
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.museumneka.com

プリ・ルキサン美術館 (Museum Puri Lukisan)

バリ美術を守る歴史ある美術館
ウブドのスカワティ王家やルドルフ・ボネらによって1956年にオープン。ルドルフ・ボネが設計した展示場は4つの棟に分かれており、第二次世界大戦前の貴重な作品もある。【ウブド】

596003

「バリの市場」 アナック・アグン・グデ・ソブラット
1955年に描かれた、作者の代表作。ボネの影響を受けた作品

595993

「井戸から猿、蛇、虎を救った僧」 イダ・バグース・ゲルゲル
天然絵の具を使用したバトゥアン・スタイルの作品。動物の寓話の一場面

596037

バリ様式の天井の開放的な館内に、バリ絵画の変遷やスタイルを体系的に展示している

プリ・ルキサン美術館

現地名:
Museum Puri Lukisan
住所:
Jl. Raya Ubud, Ubud
地図を見る »
アクセス:
サレン・アグン宮殿から徒歩5分
TEL:
0361-971159
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://museumpurilukisan.com

アルマ(アグン・ライ美術館) (ARMA(Agung Rai Museum of Art))

絵画と芸能、教育が融合する
バリ屈指の絵画収集家のアグン・ライ氏による巨大アートコンプレックス。建築と彫像、絵画が融合したアート空間には、バリ伝統絵画、バリ絵画に影響を与えた外国人画家の作品が並ぶ。【ウブド】

595686

「チャロナラン」 ヴァルター・シュピース
バリ島でただ1点だけのシュピースの原画。呪術劇『チャロナラン』をユーモラスに描いている

595693

「ソロの貴族」 ラデン・サレ
1837年の作品。当時では珍しい写実的な肖像画

595725

芸能や教育にも力を入れており、演劇や舞踊、音楽、絵画教室などの企画を行なっている

アルマ(アグン・ライ美術館)

現地名:
ARMA(Agung Rai Museum of Art)
住所:
Jl. Raya Pengosekan, Ubud
地図を見る »
アクセス:
サレン・アグン宮殿から車で20分
TEL:
0361-976659
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.armabali.com/museum

ニョマン・グナルサ美術館 (Nyoman Gunarsa Museum)

バリ芸術の真髄と本質が宿る
画家としても著名なバリ州美術館協会会長、イ・ニョマン・グナルサ氏により1990年に開館。バリ島唯一の希少な古典アートを展示。若手アーティストや文化をつねに支援している。【バリ島東部】

595638

17世紀頃利用されていたガムランやバロン、カマサンの巨匠によって描かれた貴重な作品も所蔵している

595647

画家としても著名なグナルサ氏

595656

卓越した作品群

595077

敷地内に巨大シアターが併設されている

ニョマン・グナルサ美術館

現地名:
Nyoman Gunarsa Museum
住所:
Jl. Raya Banda No.1-Takmung, Br. Angkan, Klungkung
地図を見る »
アクセス:
ウブド中心部から車で40分
TEL:
0366-22255
営業時間:
9:00~16:00
定休日:
日曜 
Webサイト:
http://nyomangunarsamuseum.com

ブランコ・ルネサンス美術館 (The Blanco Renaissance Museum)

バリの奇才による独特の世界観
「バリ島のダリ」と称された故アントニオ・ブランコの美術館。ユニークな建物はすべてブランコ氏のデザインによるもの。現在アトリエでは息子のマリオ・ブランコ氏が絵を制作している。【ウブド】

595597

「ザ・ドリアン・ウィズ・ドリアン」 マリオ・ブラン
コマリオの作品は静物画がユニークなフレームに収められている

595589

「バリニーズ・ダンサー」 アントニオ・ブランコ
美術館を入った正面に展示されているフレームもゴージャスな大型作品

595607

館内デザインにもブランコ氏のこだわりを感じる

ブランコ・ルネサンス美術館

現地名:
The Blanco Renaissance Museum
住所:
Jl. Campuhan, Ubud
地図を見る »
アクセス:
サレン・アグン宮殿から徒歩15分
TEL:
0361-975502
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.blancomuseum.com

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるバリ島」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年7~11月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。