エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 秋葉原・神田・本郷 > 湯島・本郷

湯島・本郷

湯島・本郷のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した湯島・本郷のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。神田明神の愛称で知られる江戸総鎮守「神田神社(神田明神)」、梅の名所で知られる関東三天神のひとつ「湯島天満宮(湯島天神)」、東大ならではのおみやげを探すならここ「東京大学コミュニケーションセンター」など情報満載。

湯島・本郷のおすすめのスポット

  • スポット:46 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 46 件

湯島・本郷の魅力・見どころ

学問と文学ゆかりの史跡も多い東京大学のお膝元

神田川を挟んで御茶ノ水の北側に広がる一帯で、江戸の総鎮守である「神田明神」や五代将軍徳川綱吉が創建した「湯島聖堂」、学問の神様として有名な「湯島天満宮」がある。神田明神下から本郷通りを北へ進むと東京大学の本郷キャンパスがある。江戸時代には加賀前田家の屋敷だったところで、有名な赤門はその遺構のひとつだ。周辺は夏目漱石、森鴎外など著名な作家が住んでいたことでも知られ、この地から数々の名作が生まれた。

湯島・本郷のおすすめスポット

神田神社(神田明神)

神田明神の愛称で知られる江戸総鎮守

現在の大手町あたりから駿河台を経て、元和2(1616)年に江戸城の表鬼門守護の場所にあたる当地へ遷座。総鎮守として江戸の街を見守り続けてきた、江戸下町のシンボル的存在だ。

神田神社(神田明神)
神田神社(神田明神)

神田神社(神田明神)

住所
東京都千代田区外神田2丁目16-2
交通
JR中央線御茶ノ水駅から徒歩5分
料金
入館料(資料館)=大人300円、小人200円/

湯島天満宮(湯島天神)

梅の名所で知られる関東三天神のひとつ

学問の神様、菅原道真公を祀る。建築様式は、本殿と拝殿が幣殿でつながる権現造りで、伝統的な建築美が随所に。梅まつりなど季節行事も多い。泉鏡花『婦系図』の舞台としても有名。

湯島天満宮(湯島天神)
湯島天満宮(湯島天神)

湯島天満宮(湯島天神)

住所
東京都文京区湯島3丁目30-1
交通
地下鉄湯島駅から徒歩3分
料金
参拝=無料/絵馬=1000円/学業お守り=800円/

東京大学コミュニケーションセンター

東大ならではのおみやげを探すならここ

「体力式アミノ酸」や「乾杯式アミノ酸」などのオリジナル商品をはじめ、東大グッズが豊富に揃う店。日本の最高学府ならではのおみやげを探しに行こう。

東京大学コミュニケーションセンター

住所
東京都文京区本郷7丁目3-1東京大学内
交通
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩6分
料金
体力式アミノ酸=2270円/乾杯式アミノ酸=1600円/泡盛「御酒」(ミニボトル300ml)=2055円/蓮香オードパルファム(30ml)=2160円/

赤心館跡

石川啄木が3度目の上京時に執筆に勤しんだ下宿の跡地

石川啄木が再上京の第一歩として、1ヶ月の間に5篇もの小説、原稿用紙にして300枚分を執筆したという下宿跡。

赤心館跡
赤心館跡

赤心館跡

住所
東京都文京区本郷5-5
交通
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩7分
料金
情報なし

レストラン せんごく 春日本店

とろとろオムライスが好評のステーキとハンバーグの洋食屋さん

昭和46(1971)年に開店。ステーキをカットする際に出た余り肉のみで作られた名物ステーキハンバーグや、奥久慈卵を3個使用したとろとろオムライスが定番。

レストラン せんごく 春日本店

レストラン せんごく 春日本店

住所
東京都文京区本郷4丁目25-8猪尾ビル 2階
交通
地下鉄春日駅からすぐ
料金
ランチ限定シチューオムライス=980円/せんごくステーキ(単品)=2980円(250g)/トロトロプリン=300円/創業の味・名物ステーキハンバーグ=1180円/

東京ガーデンパレス

ビジネス・観光の拠点に適した私学事業団母体直営の施設

私学事業団直営の施設で、誰でもリーズナブルに泊まれるのがうれしい。都内のどこへ行くにも交通の便がよく、文学散歩、名所・旧跡巡りなども楽しめる便利な施設だ。

東京ガーデンパレス
東京ガーデンパレス

東京ガーデンパレス

住所
東京都文京区湯島1丁目7-5
交通
JR中央線御茶ノ水駅から徒歩5分
料金
シングル=13000円~/ツイン=24000円~/和室=47600円~/ (私学共済・文部科学省共済組合・公立学校教職員共済組合加入者割引あり)

弥生美術館

大正ロマン漂う美人画や挿絵を堪能

大正・昭和に活躍した画家の作品を鑑賞できる。弥生美術館では高畠華宵をはじめ明治・大正・昭和の挿絵を展示。竹久夢二美術館は夢二の美人画やデザインなどの作品を紹介する。

弥生美術館
弥生美術館

弥生美術館

住所
東京都文京区弥生2丁目4-3
交通
地下鉄根津駅から徒歩7分
料金
入館料(竹久夢二美術館と共通)=大人900円、高・大学生800円、小・中学生400円/ドリンク=400円~/ポストカード=各120円~/ブックカバー=1100円~/定期入れ=1300円~/ (障がい者手帳持参で入館料500円)

アパホテル<御茶ノ水駅北>

秋葉原・東京・銀座へ乗換なし、ビジネスに観光に最適

JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口徒歩5分。東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」1番出口徒歩6分。秋葉原・東京・銀座へ乗換なしで、ビジネスに観光に最適。

アパホテル<御茶ノ水駅北>

住所
東京都文京区湯島3丁目1-6
交通
JR中央線御茶ノ水駅から徒歩5分

文京ふるさと歴史館

実物、映像資料などを用いて歴史や史跡、ゆかりのある学者を紹介

文京区の歴史やゆかりの文学者、史跡などを実物資料やコンピュータ検索、映像資料などを中心に解説している。平成3(1991)年、文京区の歴史資料の調査、研究、保存、公開のために開館。

文京ふるさと歴史館
文京ふるさと歴史館

文京ふるさと歴史館

住所
東京都文京区本郷4丁目9-29
交通
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩5分
料金
100円、特別展は別料金 (20名以上の団体は70円、中学生以下無料、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料、65歳以上無料)

オザワ洋菓子店

真心込めた手作りの菓子

名物のイチゴシャンデは、イチゴ、生クリーム、クッキー、チョコレートのハーモニーが絶妙。食べ方によってさまざまな味が楽しめるのが魅力だ。大、小の2サイズを用意する。

オザワ洋菓子店

オザワ洋菓子店

住所
東京都文京区本郷3丁目22-9
交通
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩10分
料金
イチゴシャンデ=230円(大)、200円(小)/ケーキ=200~450円/焼菓子=130~1000円/

明神下 神田川本店

うなぎの味を堪能できる創業200余年の名店

江戸時代から続くうなぎの老舗。備長炭でふっくらと焼いたうなぎはやわらかく、焼き色も美しく絶品。伝承されてきたキリッとしたたれがよく合う。

明神下 神田川本店
明神下 神田川本店

明神下 神田川本店

住所
東京都千代田区外神田2丁目5-11
交通
JR中央線御茶ノ水駅から徒歩6分
料金
うな重(新香付)=4644円/蒲焼=4320円~/白焼=3132円~/

満川

季節料理とすきうどんの店

昔ながらの料亭のたたずまいを残す一軒家。上品な風味のだしで煮る関西風のすきうどんは、20種類もの具が入りボリュームたっぷり。すきうどん付の会席コースが人気だ。

満川
満川

満川

住所
東京都文京区湯島2丁目26-1
交通
地下鉄湯島駅から徒歩5分
料金
会席コース=6480円/おまかせコース=4320円・5400円/すきうどん=2484円/

坂のホテルトレティオお茶の水

都市景観賞を受賞したおしゃれなホテル

神田明神近くにあるおしゃれなホテル。都心とは思えない、都市景観賞受賞した閑静な環境を誇る。都内各所へのアクセス良好。ビジネスやレジャーにも最適。

坂のホテルトレティオお茶の水
坂のホテルトレティオお茶の水

坂のホテルトレティオお茶の水

住所
東京都千代田区外神田2丁目17-5
交通
JR中央線御茶ノ水駅から徒歩5分
料金
シングル=6000~9000円/ツイン=11500~15000円/トリプル=13500~18600円/

金魚坂

老舗金魚店のカフェでひと息

創業から350年以上の金魚卸問屋が営むカフェ。散歩の休憩におすすめなのは、5種類のケーキのなかの1つと飲み物を組み合わせるアフタヌーンサービス(14~17時限定)。

金魚坂

金魚坂

住所
東京都文京区本郷5丁目3-15
交通
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩5分
料金
アフタヌーンサービス(ケーキとドリンク)=1100円~/ビーフ黒カレー=1700円(火~金曜、~14:30)・2000円(火~金曜、17:00~、土・日曜、祝日終日)/金魚すくい御膳(要予約)=3000円/

喫茶ルオー

東大生に人気の喫茶店

東京大学の近くにある喫茶店。評判のセイロン風カレーライスセットは、大きなポークが入っていてピリッと辛めの味。オーナーは50年以上、変わらぬ味を提供し続けている。

喫茶ルオー
喫茶ルオー

喫茶ルオー

住所
東京都文京区本郷6丁目1-14
交通
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩7分
料金
朝カレー(コーヒー付)=880円/モーニングセット=600円/セイロン風カレーライスセット(デミタスコーヒー付)=980円/自家製アイスクリーム=500円/コーヒー・紅茶=400円/

喜之床跡

石川啄木が2年2ヶ月過ごした住居跡。現在は明治村に移築保存

石川啄木が明治42(1909)年より、2年2ヶ月過ごした住居の跡。旧家屋は春日通りの拡幅にかかり、昭和53(1978)年に解体。現在は明治村に移築保存されている。

喜之床跡
喜之床跡

喜之床跡

住所
東京都文京区本郷2丁目38-9
交通
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩5分
料金
情報なし

天野屋

参拝客に人気の甘酒を一杯

弘化3(1846)年創業、神田明神の参道脇に店を構える甘味処。名物の甘酒や、皮に甘酒を練り込んだ甘酒まんじゅうなどがいただける。土室(むろ)で作られる糀がおいしさの秘密だ。

天野屋
天野屋

天野屋

住所
東京都千代田区外神田2丁目18-15
交通
JR中央線御茶ノ水駅から徒歩5分
料金
明神甘酒=400円/明神わらびお茶付セット=500円/芝崎納豆=378円/

節分祭豆まき式

芸能人も登場する伝統行事

節分を祝う伝統行事。赤鬼、青鬼、えびす様などが次々と登場し、芸能人のゲストも豆まきに参加する。

節分祭豆まき式

住所
東京都千代田区外神田2丁目16-2神田明神
交通
JR中央線御茶ノ水駅から徒歩5分
料金
情報なし

無縁坂

小説の舞台として愛される坂道

坂の北側に無縁寺があったためこの名が付いた。森鴎外の「雁」のヒロインお玉が想いを寄せる岡田青年の散歩道ということで、作品を通して多くの人々に親しまれている坂だ。

無縁坂
無縁坂

無縁坂

住所
東京都文京区湯島4丁目12
交通
地下鉄湯島駅から徒歩3分
料金
情報なし

湯島聖堂

綱吉が創建した歴史ある孔子廟

林羅山が上野忍ヶ岡に建てた孔子廟を、徳川綱吉が幕府立の孔子廟として元禄3(1690)年に創建。のちに幕府直轄の昌平坂学問所も併設された。土・日曜、祝日には大成殿内部も公開される。

湯島聖堂
湯島聖堂

湯島聖堂

住所
東京都文京区湯島1丁目4-25
交通
JR中央線御茶ノ水駅からすぐ
料金
無料、大成殿内は200円

ジャンルで絞り込む