トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 秋葉原・神田・本郷 > 湯島・本郷 > 

湯島で商店街散策や文化財を見学する充実の3時間半観光プラン

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2024年5月28日

この記事をシェアしよう!

湯島で商店街散策や文化財を見学する充実の3時間半観光プラン

湯島をお散歩観光する際に駅を基点にしてぐるりとめぐることができる素敵なプランをご紹介。
湯島を代表するスポットを効率よくめぐる観光プランはこちらです!

湯島はこんなエリアです

日本でも有数のショッピングストリート、アメ横商店街は、雑貨に化粧品に食料品に、なんでもそろう名物ストリート! まずはここで掘り出し物を探しながらショッピング。威勢のいい掛け声が飛び交う活気あふれる商店街を、端から端まで歩いて店を吟味した後は、湯島エリアへと足を延ばしてみよう。このあたりは、美術館や財閥の旧邸宅、神社など、古き良き日本の文化に触れられるさまざまなスポットが集まっている。そぞろ歩くだけでも、心を洗われるような気分になれそう。小説の舞台となった坂道や歴史的な建造物まで、街なかのちょっとしたところにも見どころが満載。落ち着いた空気のなかのんびりした歩調で、じっくり街を散策すれば、きっと思わぬ発見があるはず!

湯島で商店街散策や文化財を見学する充実の3時間半の観光プランはこちら

JR 上野駅不忍口

徒歩1分

アメ横商店街

徒歩5分

摩利支天徳大寺

徒歩7分

台東区立下町 風俗資料館

徒歩7分

旧岩崎邸庭園

徒歩4分

湯島天神

徒歩3分

地下鉄 湯島駅3番出口

掘り出し物が見つかる買物天国「アメ横商店街」

掘り出し物が見つかる買物天国「アメ横商店街」

戦後の闇市から発展した熱気にあふれる商店街。JR上野駅から御徒町駅までのガード下に、食品、衣類、靴、コスメ、雑貨などの店がぎっしり軒を連ねている。

アメ横商店街

住所
東京都台東区上野6丁目ほか
交通
JR上野駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
料金
店舗により異なる

この界隈に残った最後の寺院「摩利支天 徳大寺」

この界隈に残った最後の寺院「摩利支天 徳大寺」

400年以上前に開山した仏教の守護神・摩利支天を安置する古刹。厄除・開運・勝利の神として親しまれている。正午や夕暮れになると、鐘楼堂の鐘が響き渡る。

摩利支天 徳大寺

住所
東京都台東区上野4丁目6-2
交通
JR山手線御徒町駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
6:30~18:30(閉門)
休業日
無休
料金
無料

明治時代の酒屋を移築して公開「台東区立下町 風俗資料館」

明治時代の酒屋を移築して公開「台東区立下町 風俗資料館」

昔の下町の文化や生活が分かる貴重な資料を展示。大正時代の商家などを再現。2024年度末まで休館。

【道中の見どころ】

【道中の見どころ】

アーチ状の玄関にステンドグラスが残る昭和モダンな建物

【道中の見どころ】

天気のいい日は不忍池越しに東京スカイツリー(R)を見ることができる

台東区立下町風俗資料館付設展示場(旧吉田屋酒店)

住所
東京都台東区上野桜木2丁目10-6
交通
地下鉄根津駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉館)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
無料

優美な歴史的建築と庭園をじっくり散策「旧岩崎邸庭園」

優美な歴史的建築と庭園をじっくり散策「旧岩崎邸庭園」

明治29(1896)年に建てられた、岩崎彌太郎の長男で三菱財閥第3代社長の岩崎久彌の旧邸宅。近代日本住宅を代表する西洋木造建築。

【道中の見どころ】

【道中の見どころ】

明治の文豪、森鷗外の小説『雁』の主人公が歩いていた散歩道である「無縁坂」

旧岩崎邸庭園

住所
東京都台東区池之端1丁目3-45
交通
地下鉄湯島駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉園17:00)
休業日
無休(12月29日~翌1月1日休)
料金
入園料=400円/(65歳以上は200円、20名以上は団体割引あり、一般320円、65歳以上160円、各種障がい者手帳持参で本人と同伴者無料)

梅の名所で知られる関東三天神のひとつ「湯島天満宮(湯島天神)」

梅の名所で知られる関東三天神のひとつ「湯島天満宮(湯島天神)」

学問の神様、菅原道真公を祭る関東三天神のひとつ。本殿と拝殿がつながる権現造りで、伝統的な建築美を堪能することができる。

梅の名所で知られる関東三天神のひとつ「湯島天満宮(湯島天神)」

湯島天神の表鳥居。都内に現存する銅製の鳥居のなかでも古く、秀作とされる

【見どころチェック!】泉鏡花の筆塚

【見どころチェック!】泉鏡花の筆塚

泉鏡花が生前に使用していた筆やすずり、墨などを納めた場所に立つ石碑。

湯島天満宮(湯島天神)

住所
東京都文京区湯島3丁目30-1
交通
地下鉄湯島駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
6:00~20:00(閉門)、授与所は8:30~19:30
休業日
無休(宝物殿は、点検・展示替え期間休)
料金
参拝=無料/絵馬=1000円/学業お守り=800円/

東京の新着記事

どこよりも詳しい新宿駅「みどりの窓口の行き方」ガイド!複雑な駅構内を徹底解説

日本一のターミナル駅で、乗降客数は世界で最も多いといわれる新宿駅。 そんな新宿駅にある「みどりの窓口」は全部で2か所。ただし、複雑な駅構内で窓口を探し出すのは大変ですよね。 今回は、新宿駅のみ...

どこよりも詳しい「新宿駅から池袋駅」への行き方ガイド!電車やバス、徒歩など4通りのアクセス方法を徹底解説

新宿駅と池袋駅。どちらも東京を代表する繁華街にある駅ですよね。 実は新宿駅のある新宿区と、池袋駅のある豊島区は隣接した区。 地図を見ながら、新宿でお買い物や食事を楽しんだ後は池袋へ!という予定...

どこよりも詳しい「新宿駅からバスタ新宿までの行き方」ガイド!わかりやすい最短ルートを徹底解説

東京屈指のターミナル駅である新宿駅。すぐ近くには日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」があり、新宿は交通の要衝となっています。 いくつもの鉄道路線が乗り入れる新宿駅はまるで迷宮。 新宿駅から...

どこよりも詳しいアニメイト池袋本店への行き方ガイド!池袋駅からの最短ルートを徹底解説

アニメ・漫画の街として注目を集める池袋。 そんな池袋にある「アニメイト池袋本店」には、国内外からたくさんのアニメや漫画、ゲーム作品のファンが訪れています。 今回はアニメイト池袋本店までの最短ル...

どこよりも詳しい池袋駅東口への行き方ガイド!各路線ホームから東口に迷わず行ける!

多くの路線が乗り入れる池袋駅の中でも、東口はとくに多くの人で賑わうスポット。 観光の出発点や待ち合わせなどでよく使う場所ですが、駅構内が複雑なので何度訪れても迷ってしまいますよね。 この記事で...

どこよりも詳しい池袋駅西口への行き方ガイド!各路線ホームからの最短ルートを徹底解説

池袋駅は東京北部エリアの中でも特に大きな主要駅。合計4社、8つの路線が乗り入れている東京屈指のターミナル駅です。 そんな池袋駅の出口は東口と西口の2つ。 この記事では、池袋駅の各路線ホームから...

東京駅構内でおすすめのランチスポット!ジャンル別に使える店をご紹介

首都東京の玄関口であり毎日100万人以上の人が利用すると言われる、世界有数の規模を誇る東京駅。 東京駅構内でおすすめのランチスポットを、気になるジャンルに分けてご紹介します! 今回は200以上...

どこよりも詳しい「東京駅から羽田空港までの行き方」ガイド!おすすめルートや料金を徹底解説

東京駅を経由して羽田空港まで行きたいけれど、バス、タクシー、電車、どの交通機関を利用すればいいのか迷ってしまいますよね。 この記事では東京駅から羽田空港までの移動手段と、それぞれの特徴を詳しく解...

【下北沢駅周辺・ランチ】便利な駅近で食べられるおすすめの美味しいランチスポット4選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、下北沢駅周辺でランチが出来るお店をご紹介します。 ショップ併設のおしゃれカフェで...

東京駅のJR高速バスターミナルへの行き方は?八重洲南口を起点に詳しく解説!

この記事では、東京駅「八重洲南口」を起点に、JR高速バスターミナルと高速バスのきっぷ売り場への行き方を詳しくご紹介します! さらに、バスのりばの八重洲南口だけでなく、高速バスを降りる場所「日本橋...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!