トップ > 日本 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 足立・葛飾

足立・葛飾

足立・葛飾のおすすめご当地グルメ・名物・名産品・お土産

足立・葛飾のおすすめのご当地グルメや名物・名産品、お土産をご紹介します。東京下町のあんみつ、東京下町のそば、東京下町のウナギなど情報満載。

  • スポット:102 件
  • 記事:14 件

1~20 件を表示 / 全 6 件

足立・葛飾のおすすめご当地グルメ・名物・名産品・お土産

東京下町のあんみつ(とうきょうしたまちのあんみつ)

庶民に愛され続けた下町スイーツ

  • ご当地名物料理

どの店もアズキや寒天などの素材にとことんこだわった歴史ある味で、昔から庶民に愛されていた江戸の伝統を感じさせる。老舗から新しい店まで、東京にはあんみつを供する店が数多くある。

東京下町のあんみつ

東京下町のそば(とうきょうしたまちのそば)

江戸時代からのそば処で味わう本格そば

  • ご当地名物料理

かつては江戸市中の食べ物屋6000軒のうち、その半分がそば屋だったとされるほど、江戸はそばの名所だった。その名残で、東京には今でも多くのそば屋が軒を連ねている。

東京下町のそば

東京下町のウナギ(とうきょうしたまちのうなぎ)

守り続ける昔ながらの「江戸前」の味

江戸にウナギの蒲焼きが誕生したのは江戸中期の頃。関東では切腹を連想させる腹開きを避けて背開きにし、蒸してから焼くことが多い。下町には今も昔ながらの味を守る老舗が軒を連ねる。

東京下町のウナギ

柴又の川魚料理(しばまたのかわざかなりょうり)

老舗が守る昔ながらの変わらぬ味

  • 旬魚介

かつて柴又では、近くを流れる江戸川で揚がったウナギや鯉などの川魚が名物料理とされていた。現在も、川魚を提供する老舗の名店が変わらぬ味を守り続けている。

柴又の川魚料理

寅さんグッズ(とらさんぐっず)

寅さんの身につけていたものが手に入る

  • おみやげ

映画「男はつらいよ」の舞台となった葛飾区柴又にある「葛飾柴又寅さん記念館」では、寅さんのトレードマークとしておなじみのフェルトハットや小皿などのグッズを購入できる。

寅さんグッズ

葛飾のハナショウブ・カキツバタ(かつしかのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。堀切菖蒲園や水元公園は、開花時期に見物客で賑わう。

葛飾のハナショウブ・カキツバタ