トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 外房 > 茂原

茂原

茂原のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

茂原のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。千葉の落花生、茂原のツツジ・サツキ、房総のアジサイなど情報満載。

茂原のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:26 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

千葉の落花生(ちばのらっかせい)

千葉を訪れたらぜひとも買いたい名産品

  • おみやげ

全国の落花生生産量のうち7割以上を占める千葉。多くの観光客が買っていく定番の千葉みやげとなっている。落花生には生活習慣病を予防する成分も含まれており体にやさしい。

千葉の落花生

茂原のツツジ・サツキ(もばらのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。茂原牡丹園では美しいツツジの花も楽しめる。

房総のアジサイ(ぼうそうのあじさい)

雨がもっとも似合う梅雨時の可憐な花

開花から日が経つにつれて花の色が変わっていくことから「七変化」と呼ばれる。白やピンク、紫、水色、青など、さまざまな色合いは土壌の酸性度の違いが生むもので、全国各地にアジサイ寺やアジサイロードと呼ばれる名所がある。房総の麻綿原高原などで美しいアジサイが眺められる。

房総のアジサイ

茂原のボタン(もばらのぼたん)

浮世絵や家紋に描かれることもある花

「座れば牡丹」でおなじみの美人の代名詞。原産地の中国では「花王」と賞される。日本へは平安朝期に渡来した。花は直径20cmにもなる大輪で、一重から千重、万重まであり、紫、桃、白など色も豊富。4月~5月の春牡丹、10月下旬~1月の寒牡丹のほか、春牡丹を1月~2月に咲かせる冬牡丹がある。茂原牡丹園には1730年築の母屋があり、風情たっぷり。

茂原のボタン