トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 川越・所沢 > 所沢・狭山・入間

所沢・狭山・入間

所沢・狭山・入間のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

所沢・狭山・入間のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。狭山茶、埼玉のナシ、埼玉のブドウなど情報満載。

所沢・狭山・入間のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:84 件
  • 記事:8 件

1~20 件を表示 / 全 5 件

狭山茶(さやまちゃ)

濃厚な甘みと香りが特徴の埼玉の名産品

  • おみやげ

狭山茶は入間、所沢、狭山が主な産地の煎茶で、色、香り、味とも濃いのが特徴。少ない茶葉でもよく出るお茶である。一番茶は4~5月、二番茶は6~7月に出荷される。

埼玉のナシ(さいたまのなし)

さわやかな甘みとジューシーさが特徴

シャリシャリとした食感とみずみずしくジューシーな果汁を堪能できるナシ。鳥取ブランドとして有名な二十世紀のほか、幸水、豊水、長十郎など種類もいろいろある。8月下旬以降、埼玉県内でもナシ狩りが楽しめる。

埼玉のナシ

埼玉のブドウ(さいたまのぶどう)

つぶつぶがたっぷり集まった形がかわいい

巨峰、デラウェア、ロザリオ、マスカットと、7~10月頃までさまざまな品種が旬を迎える。高糖度のもの、上品な甘みのもの、みずみずしさが特徴のものなど、品種によって風味もさまざま。埼玉県内にも観光農園があり、8月~10月にかけてヒムロット、巨峰などさまざまな品種のもぎとりが楽しめる。

埼玉のブドウ

埼玉のブルーベリー(さいたまのぶるーべりー)

眼によいといわれる、愛らしい果実

7~8月が旬のブルーベリーは香りと適度な甘酸っぱさが特徴。そのまま食したり、ヨーグルトのトッピングやケーキに入れたりと、用途も多彩。6月中旬~9月上旬にかけて、埼玉県内でも摘み取り体験が楽しめる。

埼玉のブルーベリー

埼玉のハナショウブ・カキツバタ(さいたまのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。富士見市の山崎公園、さいたま市の染谷花しょうぶ園などが知られる。

埼玉のハナショウブ・カキツバタ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください