トップ > 全国 > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 姫路・播磨 > 加古川・高砂

加古川・高砂

加古川・高砂のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

加古川・高砂のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。加古川かつめし、にくてん、播磨のアナゴなど情報満載。

加古川・高砂のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:36 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

加古川かつめし(かこがわかつめし)

加古川市民に親しまれる、箸で食べる洋食

  • ご当地名物料理

加古川市のご当地グルメで、平皿の上にご飯を盛り、その上にカツをのせ、デミグラスソースをかけ、付け合わせは茹でキャベツが一般的。何よりの特徴は箸で食べること。加古川周辺では100店舗以上の店で味わえる。

加古川かつめし

にくてん(にくてん)

残ったおでんの具を入れたことから始まった家庭料理

  • ご当地名物料理

高砂市周辺で食べられるお好み焼きのこと。薄く延ばした生地に、甘辛く煮込んだ角切りのジャガイモ、スジ肉、天かす、コンニャク、キャベツなどを重ね焼きし、半分に折ってソースをかけたらでき上がり。

にくてん

播磨のアナゴ(はりまのあなご)

播州名物の焼きアナゴで瀬戸の風味を満喫

  • 旬魚介

アナゴは、明石や高砂、姫路、赤穂、家島諸島など播磨灘沖で漁獲される。このあたりでは焼きアナゴが名物で、肉厚でほっこりとした柔らかな身と甘辛のタレがからんでこの上ない。

播磨のアナゴ

加古川の柿(かこがわのかき)

奈良時代から親しまれていた果実

ビタミンAやC、カリウムが多く含まれ、昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど健康に良いとされる。9月~11月頃がおいしい時期で、「富有柿」や「次郎柿」などの品種が有名。兵庫県では加古川市などで富有柿や伊豆早生、松本早生の柿狩りができる。

加古川のクリ(かこがわのくり)

コロンとした実は秋の味覚の代表格

天津甘栗、甘露煮、栗きんとん、栗ご飯、モンブランなど、子どもから大人まで馴染みのある木の実。皮にツヤがあり丸みを帯び、ずっしり重いものがおいしい。加古川でも栗拾いが楽しめる。

加古川・姫路のサツマイモ(かこがわひめじのさつまいも)

食物繊維たっぷりの女性にうれしい野菜

加熱すると甘みが増し、カロリーは低めで整腸作用や美容作用も期待できる野菜。紅アズマ、鳴門金時、種子島産の安納いもなどが有名。ソフトクリームやチップスなどに使われる紫いもも人気が高い。加古川・姫路でも9月~11月にかけてサツマイモの収穫体験が可能。

加古川のブドウ(かこがわのぶどう)

つぶつぶがたっぷり集まった形がかわいい

巨峰、デラウェア、ロザリオ、マスカットと、7~10月頃までさまざまな品種が旬を迎える。高糖度のもの、上品な甘みのもの、みずみずしさが特徴のものなど、品種によって風味もさまざま。加古川にはブドウの収穫が体験できる農園もある。

加古川のブドウ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください