トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 吉野・十津川 > 天川・大峯山

天川・大峯山

天川・大峯山のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した天川・大峯山のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。「弥山」、日本の滝百選にも選ばれた険しい山奥にある名瀑「双門の滝」、修験道の行場、大峯山登山口にあるクラシカルなムード漂う温泉街「洞川温泉」など情報満載。

天川・大峯山のおすすめのスポット

  • スポット:56 件

41~60 件を表示 / 全 56 件

天川・大峯山の魅力・見どころ

大峯山の懐に抱かれた、温泉が湧く修験道の拠点

紀伊半島のほぼ中央に位置する天川は、大峯山系の懐にある自然に恵まれたところ。修験道の修行の道・大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)の拠点であり、「天河大弁財天社」をはじめとしたゆかりの寺社が多い。洞川(どろがわ)温泉には根本道場である龍泉寺を中心とした風情のある温泉街がある。修験道発祥の地である大峯山(山上ヶ岳)まではおよそ4時間、山上には世界遺産に登録された「大峯山寺」がある。なお近畿の最高峰1915メートルの八剣山(八経ヶ岳)はその南にそびえる。

天川・大峯山のおすすめスポット

弥山

弥山

住所
奈良県吉野郡天川村北角

双門の滝

日本の滝百選にも選ばれた険しい山奥にある名瀑

弥山川の双門峡にかかる4つの滝が連なるように流れていて総称して双門の滝と呼ぶ。高さ70mもの巨大な滝が圧巻。熊渡から白川ハ丁入口までの間で崩落あり。

双門の滝

住所
奈良県吉野郡天川村南角
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きまたは中庵住行きバスで1時間、天川川合下車、徒歩4時間
料金
情報なし

洞川温泉

修験道の行場、大峯山登山口にあるクラシカルなムード漂う温泉街

女人禁制の地として知られる修験道発祥の地、霊峰大峯山の登山口に湧く温泉。旅館街には行者の宿泊所として栄えた古格な普請の老舗が並ぶ。香り高い槙風呂の外湯や霊水めぐりも楽しみの一つ。

洞川温泉

洞川温泉

住所
奈良県吉野郡天川村洞川
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

みたらい渓谷

清流が流れる関西屈指の渓谷

エメラルドグリーンの清流が滑るように落ちる滝と、風に揺れる木々が織りなす風景は圧倒される美しさ。秋の紅葉シーズンはもちろん、新緑がきらめく初夏もおすすめ。自然を汚さないよう心がけて散策を楽しみたい。

みたらい渓谷
みたらい渓谷

みたらい渓谷

住所
奈良県吉野郡天川村北角
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きまたは中庵住行きバスで1時間、天川川合下車、徒歩45分
料金
情報なし

大峯山寺

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部

女人禁制の山、大峯山の山上に立つ役行者創建の寺。山頂に立つ建造物としては日本最大といわれ、重要文化財に指定されている本堂には蔵王権現像と役行者像を安置している。

大峯山寺

大峯山寺

住所
奈良県吉野郡天川村洞川703
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩4時間
料金
無料

面不動鍾乳洞

地下宮殿のような光景が楽しめる

天然記念物に指定されている全長280mの鍾乳洞。洞内は年中摂氏8度に保たれていて、無風。鍾乳石や石筍がさまざまな表情を見せる。中でも金糸、銀糸の窟のストロー鍾乳管が有名。

面不動鍾乳洞
面不動鍾乳洞

面不動鍾乳洞

住所
奈良県吉野郡天川村洞川673-89
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩20分
料金
大人400円、小人200円

喫茶とも

まろやかなコーヒーでゆったり時間

ごろごろ水を使ってサイフォン立てで淹れるやわらかな口当たりの珈琲が名物。そばロールやチーズケーキなどといっしょに味わいたい。木の自然な風合をそのまま生かした家具も印象的だ。

喫茶とも
喫茶とも

喫茶とも

住所
奈良県吉野郡天川村洞川226-2
交通
京奈和自動車道五條北ICから国道24号・370号・309号、県道48号・21号を洞川方面へ車で38km
料金
トラジャコーヒー=480円/そばロール=470円/

洞川温泉の町並み

現在も古風な行者宿が立ち並ぶ、レトロな温泉街

今でも女人禁制の行場、大峯山がある洞川。その山の麓は、古くから行者を迎えた宿場町だった。登山口の洞川には、今も古風な行者宿が建ち並ぶ。レトロな温泉街としても人気。

洞川温泉の町並み
洞川温泉の町並み

洞川温泉の町並み

住所
奈良県吉野郡天川村洞川
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車すぐ
料金
情報なし

名水とうふ 山口屋

昔ながらの製法でていねいにつくるやさしい味わいの名物豆腐

名水で有名な「ごろごろ水」と天然にがりを使った甘くておいしい豆腐を昔ながらの製法で製造。前日までに予約したほうが確実に買えて無難。希望者は店先でも食べられる。

名水とうふ 山口屋

住所
奈良県吉野郡天川村洞川258
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通バス洞川温泉行きで1時間30分、終点下車、徒歩7分

五代松鍾乳洞

変化に富んだ神秘的な鍾乳洞

昭和4(1929)年、赤井五代松氏が標高900mの山腹で発見したことで名づけられた。洞長は80mの複雑な構造。10mの石柱、3~5mの鍾乳石などの迫力のある空間がある。

五代松鍾乳洞
五代松鍾乳洞

五代松鍾乳洞

住所
奈良県吉野郡天川村洞川686-131
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩30分
料金
大人400円、小人200円

みたらい渓谷の紅葉

渓谷を流れる滝と紅葉のコントラストが美しい

後醍醐天皇の皇子、護良親王が勝利祈願に手を清めたとされ、名付けられた渓谷。大峰山系の山上川に添って奇岩が点在し、紅葉の時期の景観の美しさは有名。

みたらい渓谷の紅葉
みたらい渓谷の紅葉

みたらい渓谷の紅葉

住所
奈良県吉野郡天川村北角
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きまたは中庵住行きバスで1時間、天川川合下車、徒歩45分
料金
情報なし

ファミリーオートキャンプ場いのせ

清流がすぐ近くを流れる環境が魅力

上下二段に分かれたオートサイトは19区画で、タープデッキ付きサイトもあり好みで選べる。炊事場も各所に置かれていて便利に利用できる。

ファミリーオートキャンプ場いのせ
ファミリーオートキャンプ場いのせ

ファミリーオートキャンプ場いのせ

住所
奈良県吉野郡天川村沢谷226-1
交通
京奈和自動車道五條北ICから国道24号・370号で大淀町へ。岡崎交差点で国道309号へ右折して天川村へ。川合交差点を右折して、2つ目の橋で左折、天の川郵便局前で右折して現地へ。五條北ICから33km
料金
施設使用料=大人(中学生以上)550円、小人(3歳児以上)330円/サイト使用料=オート1区画4400~5500円、テント専用1区画3300円/宿泊施設=バンガロー10450~17050円/

下市町森林公園やすらぎ村

水遊びの子供たちで賑わう自然豊かな公園

川遊びや渓流釣りが楽しめる自然あふれる公園。美しい緑と川のせせらぎの中でキャンプやバーベキューが楽しめる。炊事棟や野外炉、シャワールームもあり、デイキャンプもOK。

下市町森林公園やすらぎ村
下市町森林公園やすらぎ村

下市町森林公園やすらぎ村

住所
奈良県吉野郡下市町西山550
交通
京奈和自動車道五條北ICから国道24号・370号・309号、県道138号を天川方面へ車で25km
料金
入村料=大人450円、小人250円/オートキャンプ=2300円/シャワールーム(5分)=200円/

銭谷小角堂

飛鳥時代から伝承され今も愛され続ける伝統薬

古くから伝承され、修行山伏の持薬としても知られる陀羅尼助を販売。天然植物由来の生薬から作られる胃腸薬で、食欲不振や食べすぎ・飲みすぎに効果がある。今も常備薬として親しまれている。

銭谷小角堂

住所
奈良県吉野郡天川村洞川254-1
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通バス洞川温泉行きで1時間30分、終点下車、徒歩5分

天の川温泉

木の香ただよう高野槙の浴場が人気。山間の温泉らしい風情

「天の国・木の国・川の国」をキャッチフレーズにする天川村の温泉のひとつ。ぜいたくな高野槙の内湯浴槽と岩の露天風呂を備えた共同浴場「天の川温泉センター」がアウトドア派に人気。

天の川温泉

天の川温泉

住所
奈良県吉野郡天川村坪内
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通中庵住行きバスで1時間、天の川温泉下車すぐ
料金
情報なし

ごろごろ水

大峯山に湧く超天然水

天川に来たなら、「日本名水百選」にも選ばれている名水「ごろごろ水」は外せない。ごろごろ水は大峯山に湧く天然水で、五代松鍾乳洞で磨かれて半世紀の時をかけて湧出するという。

ごろごろ水
ごろごろ水

ごろごろ水

住所
奈良県吉野郡天川村洞川686-139
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩30分
料金
施設使用料(駐車料込)=500円/

ジャンルで絞り込む