トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 吉野・十津川

吉野・十津川

吉野・十津川のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した吉野・十津川のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。威容を誇る修験道の総本山「金峯山寺」、南朝の歴史を秘めた古社「吉水神社」、奥千本に建つ修験道の修行の場「金峯神社」など情報満載。

吉野・十津川のおすすめのスポット

吉野・十津川のおすすめのスポット

  • スポット:247 件
  • 記事:10 件

1~20 件を表示 / 全 247 件

吉野・十津川の魅力・見どころ

修験道の聖地である桜の名所と、深い山間に湧く多彩な温泉

吉野は全国にその名を知られる桜の名所で、金峯山寺を中心とする修験道の聖地としても有名で、全山が世界遺産になっている。後醍醐天皇により南朝が置かれるなど歴史の舞台としても知られ、史跡が数多く残る。伝統的な郷土料理の柿の葉寿司は、かつては塩サバのみを使用していたが、近年は鮭や鯛などバリエーションが豊かになった。十津川は深い山々に囲まれた、日本で一番広い村。十津川、湯泉地、上湯の温泉地が川沿いにあり、十津川温泉郷を名乗る。深い谷に架けられた谷瀬の吊り橋や、川を渡る乗り物・野猿も十津川ならではの風景だ。

金峯山寺

威容を誇る修験道の総本山

修験道の根本道場で、吉野山の中心的存在。7世紀末に役小角(=役行者)が開いた金峯山に、蔵王権現の姿を山桜に刻み、堂を建てて祀ったのが蔵王堂だと伝わる。参道には銅の鳥居や仁王門がそびえ立ち、見る者を圧倒する。寺の手前にある銅の鳥居(発心門)は大峯奥駈道の入口。

金峯山寺
金峯山寺

金峯山寺

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩10分
料金
蔵王堂拝観=大人500円、小学生300円、中・高校生400円/特別拝観時=大人1000円、小学生600円、中・高校生800円/(障がい者手帳持参で本人半額、介護が必要な場合のみ同伴者1名半額)

吉水神社

南朝の歴史を秘めた古社

修験宗の格式高い僧坊のひとつ。明治初期の神仏分離令で神社となった。源義経と静御前が身を隠したというエピソードが残る。「後醍醐天皇玉座の間」「義経潜居の間」「豊臣秀吉花見の本陣」などがあり、幾度も歴史の舞台となってきた。

吉水神社
吉水神社

吉水神社

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山579
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩20分
料金
拝観料=大人400円、中・高校生300円、小学生200円/(20名以上の団体は1割引)

金峯神社

奥千本に建つ修験道の修行の場

吉野山の地主神を祀り、奥千本に建つ。中世以降は修験道の修行の場となった。境内左手の坂道を下ると、源義経が弁慶らとともに追手から身を隠した「義経隠れ塔」がある。

金峯神社
金峯神社

金峯神社

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山1651
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅で吉野大峯ケーブル自動車奥千本口行きバスに乗り換えて20分、奥千本口下車、徒歩8分
料金
義経隠れ塔(説明付)=大人300円、小人150円/

吉野山

優しく染まる日本一の桜

桜の名所として名高い吉野山。谷や尾根を埋める桜は清楚な白い山桜で、3万本ともいわれる。シーズンにはひと目千本の壮観さだ。秋の紅葉、冬の雪景色も美しい。

吉野山
吉野山

吉野山

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車すぐ
料金
情報なし

金輪王寺・吉野朝皇居跡

かつて南朝の皇居が置かれた

南北朝時代、吉水院に逃れた後醍醐天皇が実城寺を皇居とし、金輪王寺と改める。南朝没落後は衰退、明治時代には廃寺となり、現在は皇居公園として整備されている。

金輪王寺・吉野朝皇居跡
金輪王寺・吉野朝皇居跡

金輪王寺・吉野朝皇居跡

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩15分
料金
情報なし

西行庵

吉野を愛した放浪の歌人の幽居

法師となった西行が侘び住まいをした小さな庵。師と仰ぐ西行を慕い、芭蕉がやって来たという。庵のそばには今も水が湧く苔清水がある。清水は大和の水31選のひとつ。

西行庵
西行庵

西行庵

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅で吉野大峯ケーブル自動車奥千本口行きバスに乗り換えて20分、奥千本口下車、徒歩30分
料金
情報なし

近鉄観光特急「青の交響曲」

濃紺色にゴールドのラインとエンブレムが印象的な列車

大阪阿部野橋駅と吉野駅を結ぶ近鉄観光特急「青の交響曲」。“上質な大人旅”をコンセプトとする同列車は、落ち着いた色合いの車両に広々とした座席を配し、高級感あるラウンジ車両やバーカウンターを備えるなど、くつろぎの旅を楽しめるのが特徴。吉野までの移動に一度利用してみるのがオススメ。

近鉄観光特急「青の交響曲」
近鉄観光特急「青の交響曲」

近鉄観光特急「青の交響曲」

住所
奈良県吉野郡吉野町近鉄吉野線吉野駅~大阪阿部野橋駅
交通
近鉄吉野線吉野駅からすぐ
料金
大阪阿部野橋~吉野駅=1690円(特急料金含む)/(特急料金込)

天の川青少年旅行村

木々に囲まれた快適サイト

AC電源付のオートサイトのほか、グランピングサイト、6タイプのコテージ、バンガローがあり、充実した設備と、川あそびにぴったりの立地条件が人気。川を眺めながらのBBQも楽しめ、近くにはみずはの湯もある。

天の川青少年旅行村
天の川青少年旅行村

天の川青少年旅行村

住所
奈良県吉野郡天川村庵住78
交通
京奈和自動車道五條ICから国道310号・168号を十津川方面へ。大塔橋を渡ってすぐの阪本交差点で左折し、県道53号を天川村へ進むと、川越し左手に現地。五條ICから36km
料金
入村料=大人(高校生以上)500円、小人(小学生以上)200円/サイト使用料=オート1区画4000~6000円、デイキャンプは入村料+駐車料/宿泊施設=バンガロー10000~12000円(バンガローは別途小学生以上1人500円)、コテージ23000~55000円(コテージは別途小学生以上1人1000円)/BBQハウス=小学生以上1人1500円/デイキャンプ駐車料=普通車1台1000円(BBQハウス利用の場合は500円)/

きなりの湯

やさしい肌ざわりの温泉とたっぷりの湯量が快適

下北山スポーツ公園内に建つ充実設備の温泉館。浴場は樹齢100年を超す槇を使った「槇の湯」と打たせ湯やサウナが爽快な「栃の湯」が男女交替。湯は薄い黄濁色で、やさしい肌ざわりが好評。

きなりの湯
きなりの湯

きなりの湯

住所
奈良県吉野郡下北山村上池原282
交通
近鉄吉野線大和上市駅から奈良交通R169ゆうゆうバスで2時間10分、池原大橋下車、徒歩12分
料金
入浴料=大人600円、小人(3歳~小学生)300円/(障がい者割引あり(入浴料400円))

入之波温泉 山鳩湯(日帰り入浴)

県内屈指の名湯をケヤキの露天風呂や総檜の大浴場で堪能

大台ヶ原の北麓、大迫ダム湖の岩肌に張り付くようにして建つ入之波温泉の元湯宿。杉の丸太で造った内湯、野趣あふれる巨大ケヤキの露天風呂には褐色の湯が満ち、眼前に渓谷の風景をパノラマで見渡す。

入之波温泉 山鳩湯(日帰り入浴)
入之波温泉 山鳩湯(日帰り入浴)

入之波温泉 山鳩湯(日帰り入浴)

住所
奈良県吉野郡川上村入之波391
交通
南阪奈道路葛城IC延長線から国道165・169号、県道224号を上北山方面へ車で58km
料金
入浴料=大人800円、小学生以下400円/

谷瀬つり橋オートキャンプ場

BBQや川遊び、楽しみいろいろ

サイトはすべて車の乗り入れができるオートサイト。バンガローやミニログハウスなどの宿泊施設も揃い、十津川の河原で快適にアウトドアを満喫できる。

谷瀬つり橋オートキャンプ場

住所
奈良県吉野郡十津川村上野地
交通
京奈和自動車道五條ICから国道168号で新宮方面へ進み、十津川村で谷瀬の吊り橋を目標に現地へ。五條ICから41km

湯泉地温泉 泉湯

気軽な雰囲気と渓谷に沿った露天風呂が魅力

湯泉地温泉の共同湯。気取りのない雰囲気が人気で、観光客の利用も多い。露天風呂からは、眼下に十津川の渓流と対岸の緑を望む。ほのかに硫黄臭が香る豊富な湯が湯船に満たされ、保温効果も抜群。

湯泉地温泉 泉湯
湯泉地温泉 泉湯

湯泉地温泉 泉湯

住所
奈良県吉野郡十津川村武蔵28-4
交通
JR和歌山線五条駅から奈良交通新宮駅行きバスで2時間30分、十津川村役場下車、徒歩5分
料金
入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)250円/

あたらしや旅館

日本百名山の著者、深田久弥にゆかりの宿

江戸時代初期に開業、昔ながらの旅籠の面影を残す老舗宿。修験道の行場、大峯山登山口の洞川エリアに建ち、クラシックムード漂う温泉街風情と川に面した展望風呂が楽しめる。

あたらしや旅館
あたらしや旅館

あたらしや旅館

住所
奈良県吉野郡天川村洞川215
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩5分
料金
1泊2食付=14500~18000円/外来入浴(10:00~21:00)=600円/外来入浴食事付(11:00~14:00、個室利用、要予約)=6000円~/

北山峡 小処温泉

秘境中の秘境として知られる小橡川源流近くの温泉館

関西の秘湯として岳人らにも親しまれる山懐の温泉施設。紅葉や清流の音を楽しみながら、大自然を満喫することができる。浴室は清楚な木風呂と岩風呂の2種で、それぞれに露天風呂も付いている。

北山峡 小処温泉
北山峡 小処温泉

北山峡 小処温泉

住所
奈良県吉野郡上北山村小橡665-2
交通
南阪奈道路葛城IC延長線から国道165・24・169号、県道226号を橿原、吉野、上北山、小処温泉方面へ車で75km
料金
入浴料=大人700円、小学生350円/

天川薬湯センター みずはの湯

特産の薬草を使う薬湯やハーブサウナは癒やし度抜群

天川特産の薬草トウキや生薬を配合した薬湯露天風呂、ハーブサウナなど独特の香りと“体に効く”湯を体感できる天川村ならではの入浴施設。自然の息吹が間近に迫る露天風呂は正面に滝と清流を望み、その爽快感は格別。浴場は赤御影の花風呂と檜&岩風呂が毎日男女交替となる。

天川薬湯センター みずはの湯

天川薬湯センター みずはの湯

住所
奈良県吉野郡天川村山西298-3
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通バス中庵住行きで1時間30分、中庵住下車、徒歩40分
料金
入浴料=大人700円、小人(3歳~小学生)300円/

アドベンチャーランド奥高野オートキャンプ場

ワイルドなサイト

清流の川辺にある自然豊かなキャンプ場。川沿いに造られたサイトは野趣満点で、水場もわき水などを利用したもの。川遊び、キノコ狩りなども楽しめるので家族連れにもおすすめ。

アドベンチャーランド奥高野オートキャンプ場

住所
奈良県吉野郡野迫川村平
交通
京奈和自動車道五條ICから国道310号・168号で十津川方面へ進み、山際交差点を県道53号、野迫川方面へ右折、県道733号で野迫川中心街を越えて現地へ。五條ICから60km
料金
サイト使用料=AC電源・水道付きオート1区画5000円、オートフリー5人まで3000円、AC電源使用料1000円/

柿の葉寿司 やっこ

ていねいな手仕事による手軽な一口寿司

金峯山寺門前で創業した大正時代から受け継ぐ製法を守り、骨抜きなど細かい作業も2人の職人の手仕事で仕上げる。3代目の店主曰く「昔ながらの味を心がけることが老若男女から支持される理由」だそうだ。

柿の葉寿司 やっこ
柿の葉寿司 やっこ

柿の葉寿司 やっこ

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山543
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩15分
料金
柿の葉寿司(鯖・鮭)=1400円(各5個)/柿の葉寿司(鯖)=950円~(7個)/

やはた温泉

自然豊かな川沿いの温泉。ハイキング帰りにも格好

東吉野の四郷川沿いに建つ、格調高い雰囲気の温泉施設。浴場は御影石を使った岩風呂と古代檜造りの檜風呂が1週間ごとに男女交替。対岸には食事や宿泊ができる「ふるさと村」がある。

やはた温泉

やはた温泉

住所
奈良県吉野郡東吉野村大豆生720-2
交通
近鉄大阪線榛原駅から奈良交通東吉野村役場行きバスで45分、終点でコミュニティバスふるさと号小川大又線に乗り換えて30分、やはた温泉下車すぐ
料金
入浴料=大人(12歳~)500円、小人(6~11歳)200円、6歳未満無料/

湯泉地温泉 滝の湯

美しい滝を間近に望む渓流の湯

端整なしつらいの露天風呂と内湯があり、夜はライトアップされた小さな滝が露天風呂から望める。泉温が高いため加水する場合もあるが、基本は源泉そのままをかけ流しで利用。ゆっくりと湯を堪能できる環境と、木の香漂う十津川らしい空間が快適。

湯泉地温泉 滝の湯
湯泉地温泉 滝の湯

湯泉地温泉 滝の湯

住所
奈良県吉野郡十津川村小原373-1
交通
JR和歌山線五条駅から奈良交通新宮駅行きバスで2時間30分、十津川村役場下車、徒歩10分
料金
入浴料=大人800円、小人(3歳~小学生)400円/

竹林院 群芳園

名庭を眺める格式高い宿坊

聖徳太子創建の椿山寺を前身とし、古くから修験者の宿坊として利用されてきた。本堂には聖徳太子や役行者の坐像を祀る。秀吉の吉野観桜大宴は、大和三名園のひとつ群芳園庭園の頂上で行なわれた。

竹林院 群芳園
竹林院 群芳園

竹林院 群芳園

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山2142
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅で吉野大峯ケーブル自動車奥千本口行きバスに乗り換えて7分、竹林院前下車すぐ(吉野駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=13000円~/入園料=400円(宿泊客は不要)/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください