トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 鳥取 > 智頭・用瀬

智頭・用瀬

智頭・用瀬のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

智頭・用瀬のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。鳥取のちくわ、とうふちくわ、中井窯の陶器など情報満載。

智頭・用瀬のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:45 件
  • 記事:4 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

鳥取のちくわ(とっとりのちくわ)

さまざまなちくわの味わいを楽しめる

  • おみやげ

江戸時代に作られたといわれる鳥取県東部の「豆腐ちくわ」は豆腐と魚のすり身が原材料。また、鳥取名産の生あご(とびうお)を使った「あごちくわ」などいろいろなちくわが作られている。

鳥取のちくわ

とうふちくわ(とうふちくわ)

江戸時代から鳥取東部に伝わる特産品

  • おみやげ

鳥取県産大豆で作られた木綿豆腐と白身魚のすり身を原料にしたちくわ。ちくわより柔らかく、大豆の香りと魚の旨みが感じられる。手でちぎってそのまま食べるほか、ショウガ醤油などで味わう。

とうふちくわ

中井窯の陶器(なかいがまのとうき)

特徴ある三色のデザインが印象的

  • おみやげ

3代目窯主の坂本章氏の作る陶器。中井窯の陶器は、緑・黒・白の釉薬を使った三色染め分け技法で知られる。落ち着いた雰囲気でありながら、そのデザインは強く印象に残る。

中井窯の陶器

因州和紙(いんしゅうわし)

伝承された技術が高い品質を生む

  • おみやげ

因州和紙は質の高い書道紙として全国的に知られており、版画のレターセットや因州和紙を使った照明などが人気を博している。平安時代の書物にその存在が記されていた、千年近い歴史をもつ和紙。

因州和紙