トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 岡山・倉敷 > 笠岡

笠岡

笠岡のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した笠岡のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。澄みきったスープは感動の味わい「中華そば いではら」、ホテル内の美術館。笠岡にゆかりの深い芸術家たちの作品を展示「ワコーミュージアム」、ローラースケート場など野外活動型コミュニティーゾーンが充実「かさおか太陽の広場」など情報満載。

  • スポット:26 件

1~20 件を表示 / 全 26 件

笠岡の魅力・見どころ

瀬戸内海を望む城下町はカブトガニの繁殖地として有名

穏やかな瀬戸内海に抱かれた城下町。神島水道一帯は、国の天然記念物に指定されているカブトガニの繁殖地として知られ、世界で唯一の「笠岡市立カブトガニ博物館」がある。大小30余りの島々が連なる笠岡諸島には、のどかな漁村の風景を残す真鍋島や、大坂城の石垣にも使われた北木石の産地・北木島、西国大名の舟泊まりの地として栄え、天然記念物の「鎧岩」がある白石島などがある。ご当地グルメの笠岡ラーメンは、鶏ガラスープに鶏肉チャーシューを使うあっさりした味わいが評判。

中華そば いではら

澄みきったスープは感動の味わい

スープ、麺、具のどれもが笠岡ラーメンの基本を忠実に守る。メニューは中華そばの並と大盛り、めしのみという直球勝負が潔い。

中華そば いではら

住所
岡山県笠岡市笠岡2827
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩5分
料金
中華そば=600円(並)・700円(大盛)/

ワコーミュージアム

ホテル内の美術館。笠岡にゆかりの深い芸術家たちの作品を展示

笠岡グランドホテル内にある美術館。日本画家の小野竹喬、陶芸家の近藤悠三、歌人で書家の清水比庵など、笠岡にゆかりの深い芸術家たちの作品を展示している。

ワコーミュージアム

ワコーミュージアム

住所
岡山県笠岡市五番町6-20笠岡グランドホテル 1~3階
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩20分
料金
無料

かさおか太陽の広場

ローラースケート場など野外活動型コミュニティーゾーンが充実

笠岡湾干拓地「べいふぁーむ笠岡」の東堤防沿いに整備された広域公園。ローラースケート場やマウンテンバイク競技場など野外活動型コミュニティーゾーンが充実している。

かさおか太陽の広場

かさおか太陽の広場

住所
岡山県笠岡市カブト東町13外
交通
JR山陽本線笠岡駅からタクシーで5分
料金
情報なし

お多津

地元自慢の魚介を天ぷらで味わう

瀬戸内の旬の食材を使った天ぷらは、シャコや手長ダコ、白子などがあり、食べるペースに合わせて出てくる。だしが効いた薄味の天つゆや塩で、揚げたてを楽しめる。

お多津

お多津

住所
岡山県笠岡市中央町20-4割烹旅館三洋 1階
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩5分
料金
ミニ会席(昼、要予約)=3500円/天ぷら味めぐり(昼・夜)=1500円/重ね弁当(昼)=2000円/

藤波池キャンプ場

木々に囲まれた静かなキャンプ場

藤波池の畔にサイトが広がりロケーションはなかなか。風呂は遙照山温泉を利用することができる。

藤波池キャンプ場

住所
岡山県浅口市鴨方町益坂1866-8
交通
山陽自動車道鴨方ICから県道64号・382号で遙照山方面へ。遙照山ホテルを目標に現地へ。鴨方ICから7km

六島

四国に一番近い島。岬の六島灯台は島のシンボル

岡山県最南端にあり、四国に一番近い島。岬に立つ白亜の六島灯台は島のシンボル。島の東側の山肌は水仙の群生地になっていて、1月から2月にかけて可憐な花を咲かせる。

六島
六島

六島

住所
岡山県笠岡市六島
交通
笠岡港から三洋汽船六島行きで1時間10分、前浦港下船
料金
情報なし

飛島

大飛島と小飛島からなり、青い海と白い砂洲が美しい

大飛島と小飛島からなる。干潮時には、大飛島から小飛島に向かって見事な砂洲が現れる。青い海と白い砂洲のコントラストはとても美しい。磯釣りに訪れる人も多い。

飛島
飛島

飛島

住所
岡山県笠岡市飛島
交通
笠岡港から三洋汽船真鍋島行きで50分、小飛島港下船
料金
情報なし

笠岡市立カブトガニ博物館

カブトガニの生態に迫る

カブトガニの繁殖地に建つ、世界で唯一のカブトガニをテーマとした博物館。大型水槽では生きているカブトガニの動く姿を見ることができる。実物大の恐竜展示もある。

笠岡市立カブトガニ博物館
笠岡市立カブトガニ博物館

笠岡市立カブトガニ博物館

住所
岡山県笠岡市横島1946-2
交通
JR山陽本線笠岡駅から井笠バスカンパニー外浦・寺間行きで13分、カブトガニ博物館前下車すぐ
料金
大人520円、高校生310円、小・中学生210円(市内在住の小・中学生無料、団体20名以上は大人420円、高校生260円、小・中学生150円、65歳以上証明書持参で無料、障がい者手帳持参で無料)

白石島海水浴場

続く白砂と澄んだ海水。岡山県三大海水浴場のひとつ

約500mにわたって続く白砂と澄んだ海水に恵まれた、岡山県三大海水浴場のひとつ。シーカヤックやウインドサーフィンなどのマリンスポーツも楽しめる。

白石島海水浴場
白石島海水浴場

白石島海水浴場

住所
岡山県笠岡市白石島西ノ浦
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩5分の笠岡港から三洋汽船高速船で22分、白石島下船、徒歩10分
料金
情報なし

中華そば 坂本

鶏100%スープの絶品ラーメン

2代にわたり、正統派笠岡ラーメンを作り続けて半世紀以上。その確かな味を求めて、常連はもとより、全国からラーメン通が訪れる。

中華そば 坂本

中華そば 坂本

住所
岡山県笠岡市中央町34-9
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩3分
料金
中華そば=600円(並)・700円(大盛)/

北木島

大阪城の石垣などに使われた北木石の産出地として有名

笠岡諸島最大の島で、古くから北木石の産出地として有名。北木石は大阪城の石垣、靖国神社の大鳥居、日本銀行本店などに使われている。島のいたるところに採石場がある。

北木島

住所
岡山県笠岡市北木島町
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩7分の笠岡港から三洋汽船高速船で36分、北木島下船
料金
情報なし

アサムラサキ(見学)

かき醤油やドレッシングなどの製造をクリーンな環境の中で行う

先進の設備とクリーンな衛生環境を整備し、徹底した製造管理のもと、だし醤油部門で日本一の売り上げを誇る「かき醤油」やドレッシングなどの製造を行っているので安心だ。

アサムラサキ(見学)

住所
岡山県笠岡市茂平989
交通
JR山陽本線大門駅からタクシーで5分
料金
無料

白石島

景観美は和歌でも詠まれ、江戸時代には舟泊まりの地として栄えた

平安時代からその景観美は和歌で詠まれ、江戸時代には西国大名の舟泊まりの地として栄えた。天然記念物の「鎧岩」のほか、重要無形民俗文化財の白石踊でも知られる。

白石島
白石島

白石島

住所
岡山県笠岡市白石島
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩7分の笠岡港から三洋汽船高速船で22分、白石島下船
料金
情報なし

三郎島

3つの山が規則正しく並び、島頂に黒松が自生している

粗粒花崗岩で形成された3つの山が規則正しく並んでおり、島頂に黒松が自生する。まれに見る奇勝で、寄島地区のシンボルとして親しまれている。

三郎島

住所
岡山県浅口市寄島町三郎
交通
JR山陽本線里庄駅から路線バス東安倉行きで11分、寄島総合支所下車、徒歩20分
料金
情報なし

高島

島内の民宿では漁業体験や魚料理が楽しめる

かつて瀬戸内海の交通の要衝として栄えた、笠岡諸島最北端の島。高島遺跡からは1万年以上前の土器、石器類が出土している。島内の民宿では漁業体験、魚料理が楽しめる。

高島

住所
岡山県笠岡市高島
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩7分の笠岡港から三洋汽船普通船で26分、高島下船
料金
情報なし

白石踊

源平水島合戦の戦死者を慰めるための風流な盆踊り

源平水島合戦の戦死者を慰めるために始まったといわれる風流な盆踊り。一つの音頭と大太鼓に合わせ、男踊り、女踊り、奴踊りなど、十数種の踊りを輪になって同時に踊る。

白石踊
白石踊

白石踊

住所
岡山県笠岡市白石島白石島公民館前広場ほか
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩7分の笠岡港から三洋汽船高速船で22分、白石島下船、徒歩5分
料金
情報なし

真鍋島ふるさと村

県下に7つある、ふるさと村の中で、唯一離島にある

岡山県下にある7つのふるさと村の中で、唯一離島にあるふるさと村。人情味あふれる人々の日常に触れることができる。映画『瀬戸内少年野球団』などのロケ地になった。

真鍋島ふるさと村

真鍋島ふるさと村

住所
岡山県笠岡市真鍋島
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩7分の笠岡港から三洋汽船高速船で44分、真鍋島下船、徒歩5分
料金
情報なし

シャコ丼の店

ボリューム満点のシャコ料理

笠岡諸島周辺でとれる新鮮なシャコが味わえる。シャコ丼は、シャコの天ぷらを甘めのだしを混ぜた卵でとじて、ご飯にオン。3月から9月にとれる子持ちシャコも楽しみ。

シャコ丼の店

シャコ丼の店

住所
岡山県笠岡市笠岡5914-5
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩10分
料金
シャコ丼=800円/シャコ丼定食=1600円/シャコ定食=1100円/

アッケシソウの群生地

赤く色づく姿はサンゴのよう

波が直接あたらない海岸近くの湿地帯に生育する希少な塩性植物アッケシソウ。色や姿からサンゴ草とも呼ばれる。寄島は本州唯一の自生地。

アッケシソウの群生地

住所
岡山県浅口市寄島町寄島干拓地
交通
山陽自動車道鴨方ICから県道64号を寄島方面へ車で10km
料金
情報なし

笠岡市立竹喬美術館

日本の自然美を描いた画家を紹介

文化勲章受章者で笠岡名誉市民の小野竹喬の遺作1021点を所蔵。竹喬の描く世界は郷里の自然や日常の風景が多い。ほかにも笠岡にゆかりのある画家の作品を展示している。

笠岡市立竹喬美術館

笠岡市立竹喬美術館

住所
岡山県笠岡市六番町1-17
交通
JR山陽本線笠岡駅から井笠バス美の浜バスターミナル行きで8分、笠岡市民会館・竹喬美術館前下車すぐ
料金
大人500円、高校生300円、小・中学生150円、特別展は別料金(20名以上の団体は大人400円、高校生200円、市外の小・中学生90円、小・中・高校生は証明書持参、市内在住または市内小・中学校に通学する小・中学生は笠岡っ子無料パスで無料、65歳以上は年齢証明書持参、心身障がい者は障がい者手帳持参で無料)

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください