トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 大三島・伯方島・大島

大三島・伯方島・大島

大三島・伯方島・大島のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

大三島・伯方島・大島のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。伯方の塩、愛媛のイヨカン・ミカン、大三島のフジなど情報満載。

大三島・伯方島・大島のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:79 件
  • 記事:12 件

1~20 件を表示 / 全 5 件

伯方の塩(はかたのしお)

豊富なミネラルと程よい甘みが人気

  • おみやげ

瀬戸内海の海水を利用して作られる、全国的に有名な食用塩。成分の中に「にがり」が含まれているのが特徴で、口の中にほのかな甘みが残る。質の高い味わいは料理人からも好まれる。

伯方の塩

愛媛のイヨカン・ミカン(えひめのいよかんみかん)

温暖な気候が育む果汁たっぷりの大地の恵み

温暖な愛媛県は、果実栽培に適し盛んな土地柄。ミカンは生産量全国2位で、全国1位のイヨカンにいたっては全国シェア約9割を占める。ほかにキウイフルーツやクリ、ハッサクなども有名。

大三島のフジ(おおみしまのふじ)

紫や白の房状の花が藤棚を美しく彩る

垂れ下がる花穂が美しいフジの花期は4月~6月。花色は薄紫、薄紅紫、白、桃などがある。日本固有種は、花房が長く蔓が右巻きのノダフジと、花房が短く蔓が左巻きのヤマフジに分けられる。大三島藤公園には全長300mの藤棚があり見ごたえ十分。

大三島のフジ

しまなみ海道のバラ(しまなみかいどうのばら)

世界中の人々から愛される「花の女王」

春と秋と一年に2回シーズンを迎えるバラ。世界各国で新しい品種が次々と生まれ、数千、数万品種ともいわれる。「プリンセス・オブ・ウェールズ」や「マリリン・モンロー」など著名人の名が付いたバラなども多い。今治市のよしうみバラ公園では世界各国のバラが観賞可能。

しまなみ海道のバラ

今治のボタン(いまばりのぼたん)

浮世絵や家紋に描かれることもある花

「座れば牡丹」でおなじみの美人の代名詞。原産地の中国では「花王」と賞される。日本へは平安朝期に渡来した。花は直径20cmにもなる大輪で、一重から千重、万重まであり、紫、桃、白など色も豊富。4月~5月の春牡丹、10月下旬~1月の寒牡丹のほか、春牡丹を1月~2月に咲かせる冬牡丹がある。市制50年記念公園などで楽しめる。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください