トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 福山

福山

福山のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

福山のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。福山の海鮮料理、府中焼、広島の小イワシなど情報満載。

福山のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:59 件
  • 記事:1 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

福山の海鮮料理(ふくやまのかいせんりょうり)

瀬戸内の豊富で活きのよい海の幸を味わう

  • ご当地名物料理

芦田川の水が流れ込む福山港は、栄養分に恵まれており、鯛や小魚など豊富な魚介が揚がる。刺身はもちろん、地元独自の料理でさまざまな味を楽しめる。

福山の海鮮料理

府中焼(ふちゅうやき)

ミンチとキャベツをたっぷり使った府中独自のお好み焼

  • ご当地名物料理

そばやうどんを使った広島風お好み焼と似ているが、ミンチを入れるところが府中流。鉄板にしっかりと押さえつけ、時間をかけて焼くことで、表面はカリッと、中はフワッとした仕上がりに。

府中焼

広島の小イワシ(ひろしまのこいわし)

冷水で洗って締めた刺身で食べるのが広島流

  • 旬魚介

小イワシとはカタクチイワシのことで、広島湾の夏の味覚。刺身にして食べるのは広島独特のもの。「七回洗えば鯛の味」といわれ、手開きにして冷やし、ワサビやショウガ醤油で食べる。

広島の小イワシ

福山のツツジ・サツキ(ふくやまのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。「さつき寺」と呼ばれる府中市の安楽寺は、見頃の時期になると見物客で賑わう。

福山のハナショウブ・カキツバタ(ふくやまのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。福山の名所・平家谷花しょうぶ園では約500種が美しく咲く。

福山のアヤメ(ふくやまのあやめ)

山野に咲く目にもあざやかな濃紫色のアヤメ

ハナショウブやカキツバタに似ているが、アヤメは葉の幅が細く、白もまれにあるが花の色はほとんどが紫。水辺に咲くハナショウブとは違い、山野の草地など乾いた場所で育つ。6月に花が咲く。広島・府中の矢野温泉公園四季の里などで10万株が咲き誇り、美しい花姿が見られる。

福山のバラ(ふくやまのばら)

世界中の人々から愛される「花の女王」

春と秋と一年に2回シーズンを迎えるバラ。世界各国で新しい品種が次々と生まれ、数千、数万品種ともいわれる。「プリンセス・オブ・ウェールズ」や「マリリン・モンロー」など著名人の名が付いたバラなども多い。福山のばら公園では5月にばら祭でにぎわう。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください