トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 沖縄 > 八重山諸島 > 黒島

黒島

黒島のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した黒島のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。350mに及ぶ長い桟橋「伊古桟橋」、恋愛成就のランドマーク「黒島灯台」、ウミガメの生態を学べる「黒島研究所」など情報満載。

  • スポット:20 件
  • 記事:3 件

1~20 件を表示 / 全 20 件

黒島の魅力・見どころ

人口の10倍の牛が出迎える、サンゴ礁に囲まれた牧畜の島

石垣島の南西に位置し、その形からハートアイランドとも呼ばれる。牧畜の島として知られ、島内には人口の10倍以上といわれる牛が放牧、飼育されている。毎年2月には「黒島牛まつり」が行われ、牛1頭が当たる抽選会や牛肉づくしの料理が多くの観光客を集めている。島の西側の「仲本海岸」はサンゴ礁のリーフに囲まれ、海水浴やシュノーケルが楽しめる人気スポット。平坦な島なのでレンタサイクルでのんびり一周できるのも魅力だ。

伊古桟橋

350mに及ぶ長い桟橋

黒島港の東側にある伊古桟橋は354mの長さを誇るコンクリート造りの桟橋。近年まで漁業を中心に使用された。桟橋の先端はさえぎるものもなく、青い海と自然環境の豊かな島が堪能できる。

伊古桟橋
伊古桟橋

伊古桟橋

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
黒島港から徒歩30分
料金
情報なし

黒島灯台

恋愛成就のランドマーク

ハート形をした黒島の先端部分に立つ灯台。仲本海岸添いの農道または東筋(あがりすじ)集落から自転車で20分くらい行ったところにある。カップルで訪れると恋愛が成就するという噂がある。

黒島灯台
黒島灯台

黒島灯台

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
黒島港から徒歩55分
料金
情報なし

黒島研究所

ウミガメの生態を学べる

ウミガメの資料やサンゴの標本などを展示。研究員といっしょに海や夜行性の生物を学べる、ナイトガイドも行っている。入館者はライフジャケットの無料レンタルあり。

黒島研究所
黒島研究所

黒島研究所

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島136
交通
黒島港から徒歩15分
料金
見学料=500円、小学生未満無料/ナイトガイド(2名~、要予約)=1500円(1名)/

新城島

上地島と下地島2島の総称。神の島とも呼ばれ神聖な場所が多い

上地島と下地島の2島からなり、地元では方言で「パナリ島」と呼ばれている。下地島は全体が牛の放牧場。上地島は住人が数人という島。伝統や風習が大切に守られている。

新城島
新城島

新城島

住所
沖縄県八重山郡竹富町新城
交通
石垣港から船で35~50分(ルートにより異なる。定期船はなくツアーに参加、2名以上から受付可)
料金
情報なし

パーラーあ~ちゃん

黒島の家庭料理を味わう

黒島名物の牛汁や牛そば、魚汁、珍しいヤシガニそばなどが味わえるアットホームな雰囲気の食堂。黒島の新鮮な食材を使った家庭料理を堪能しよう。

パーラーあ~ちゃん
パーラーあ~ちゃん

パーラーあ~ちゃん

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島83
交通
黒島港から徒歩20分
料金
かき氷=300円/ヤシガニそば定食=時価/牛汁定食=1100円/

ノッチ・きのこ岩

サンゴ礁の海岸が長い年月をかけて徐々にえぐられていく地形

ノッチとは波打ち際のサンゴ礁が波や生物活動で徐々にえぐられていく地形のこと。保慶海岸の離山岩は、ノッチが取り巻きキノコのようになっている。

ノッチ・きのこ岩

ノッチ・きのこ岩

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
黒島港から徒歩15分
料金
情報なし

プズマリ

サンゴ石灰石積みの火番盛跡。琉球王府時代に作られたもの

別名タカムイ。黒島ビジターセンターのそばにあるサンゴ石灰岩積みの火番盛跡。海上を行く船を監視するため、遠見台として琉球王府時代に作られた。

プズマリ

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
黒島港から徒歩25分
料金
情報なし

西の浜

ウミガメの産卵場所として有名。透明度抜群の海でシュノーケルも

西表島や新城島を望むサンセットポイントで、海水浴も楽しめる。4月から9月はウミガメの産卵場所になるので、付近の砂浜への車の乗り入れは控えたい。

西の浜

西の浜

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
黒島港からすぐ
料金
情報なし

東筋

赤瓦屋根の家が続く道はかつて日本の道100選にも選ばれた

島内の東にある静かな集落。郵便局の前を走る昔ながらの赤瓦屋根の家が続く道路はかつては白砂が敷かれていて日本の道百選にも選ばれた。現在は舗装されている。

東筋

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
黒島港から徒歩30分
料金
情報なし

県道黒島港線

県道黒島港線

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島

西表石垣国立公園 黒島ビジターセンター

民具作りや三線体験もできる

かつて島を統治していた番所跡にある資料館。黒島の民俗資料のほか、農耕具や生活用品などが展示されている。昔の生活様式などを映像で随時紹介。民具づくりや三線体験ができる(予約不要)。

西表石垣国立公園 黒島ビジターセンター
西表石垣国立公園 黒島ビジターセンター

西表石垣国立公園 黒島ビジターセンター

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島1
交通
黒島港から徒歩25分
料金
見学=無料/民具づくり・三線体験=無料/

民宿のどか

子供連れにありがたい設備を用意

黒島にある宿のなかでは新しい。風通しを重視した宿の中は快適そのもの。子供連れがくつろげる座卓や子供用便座など、ファミリー客への配慮も万全。

民宿のどか
民宿のどか

民宿のどか

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島1797-3
交通
黒島港から送迎車で5分
料金
1泊2食付=6000円~/

黒島豊年祭

黒島豊年祭

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島宮里海岸

黒島

ハート形の地形からハートアイランドとも呼ばれる

ウミガメの産卵で有名な西の浜や、日本の道100選にも選ばれた道が見どころ。島の人口は少なく、それよりも放牧されている牛の数が多いことでも有名。

黒島
黒島

黒島

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
石垣港離島ターミナルから八重山観光フェリー黒島行きで30分、黒島下船
料金
情報なし

なかた荘

緑に囲まれた静かな宿。清潔感のある客室が女性に人気

自然に囲まれた宿。客室は新しく、バリアフリー対応、バス・トイレ付きの部屋もあり快適に泊まれる。レンタサイクル無料。夜は屋上で星空を眺めるのもいい。

なかた荘

なかた荘

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島31
交通
黒島港から送迎車で5分
料金
1泊2食付=6300円(バス・トイレなし)、6800円(バス・トイレ付)/

うんどうや

テラス席で味自慢の八重山そばを

東筋集落にある家族経営の食堂。ゆし豆腐がたっぷり入った黒島産アーサそばは評判の味で、ピパーチやコーレーグースは自家製。夏期はシュノーケリングツアーを開催。

うんどうや

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島1552
交通
黒島港から自転車で15分
料金
黒島産アーサそば(漬物付)=800円/ぜんざい=500円/

仲本海岸

美しい天然のプールで海水浴

礁湖内は比較的波がなく穏やかだが、荒天時は遊泳禁止(看板で告知)。潮が引いている時は干潟で生物観察を楽しむのもいい。黒島研究所の入館者はライフジャケットの無料レンタルを利用できる。

仲本海岸
仲本海岸

仲本海岸

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
黒島港から徒歩30分
料金
情報なし

まちや

牛まつりグッズが通年買える

黒島港船客待合所にある売店。毎年2月の最終日曜日に行われる牛まつりをモチーフにした、オリジナルのTシャツや牛グッズを販売。乗船券、ドリンク、菓子なども扱っている。

まちや

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島黒島港船客待合所
交通
黒島港からすぐ
料金
オリジナルTシャツ=2500円/手ぬぐい=600円/ストラップ各種=300~500円/

黒島牛まつり

牛づくしの大イベント

人口のおよそ10倍も牛がいるという黒島の牛まつり。雄牛と人間の綱引きや牧草ロール競争、牛一頭が当たる抽選会などが開催される。大勢の観光客が訪れる。

黒島牛まつり
黒島牛まつり

黒島牛まつり

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島牛まつり会場(黒島多目的広場)
交通
黒島港から徒歩3分
料金
要問合せ

黒島展望台

のどかで広大な牧場を見渡す事ができる高台にある展望台

島いちばんの高台にあり、牧場が広がるのどかな風景が一望できる。黒島ビジターセンターそばのプズマリ(琉球王朝時代の遠見台)がデザインの原型になっている。

黒島展望台
黒島展望台

黒島展望台

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
交通
黒島港から徒歩20分
料金
情報なし

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください