おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 東北のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

東北のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の東北のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

青森県

青森ねぶた祭協賛 第65回青森花火大会

青森花火大会実行委員会(合成写真)

ダイナミックな海上のねぶたと花火の競演

「ラッセラー、ラッセラー」の勇ましいかけ声、ねぶた囃子の音色とともに、はしけに揺られて姿を現すのは、極彩色の巨大な「ねぶた」の姿。青森港内の海上を、大きなねぶた6台が、ゆっくりと進んでいく。海上を行くねぶたのなかには、審査で最高賞の「ねぶた大賞」を受賞したものもあるという。目の前に繰り広げられる錦絵のような光景は、東北四大祭りの一つにふさわしく、まさに豪華絢爛という言葉がぴったりだ。この幻想的なひとときを、鮮やかな花火の数々がいっそう華やかに盛り上げてくれる。青森港に二尺玉が花開く瞬間を見逃さないで。

開催地
青森県安方 青森港 青い海公園、新中央埠頭
打ち上げ数
約1万1000発
開催日
2019年8月7日(青森ねぶた祭は8月2日~7日)
青森県

第71回浅虫温泉花火大会

東北の熱い祭りは夜空に響く爆音と光で始まる

温泉とレジャーの街・浅虫温泉を舞台に、青森県最大の夏祭り「青森ねぶた祭」の前夜祭を飾る花火大会。次々と闇に浮かび上がる光の輪が、海面にきれいに反射する。打上げ場所が海というロケーションならではの光景だ。浴衣姿で花火を楽しむ観客が、湯の街の風景にとけ込み、日本情緒豊かな花火大会を満喫できる。夜空に咲くスターマインを間近に見ることができ、迫力満点で楽しめる。

開催地
青森県浅虫 浅虫海浜公園
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月1日
青森県

第39回八戸花火大会

八戸の館鼻漁港に花火がはじける

尺玉をはじめ、多くの種類の花火が目と耳で楽しめる八戸花火大会。ダイナミックかつ艶やかな花火が夜空を盛大に染め上げる。海風を感じながらの「光と音の競演」は夏の醍醐味。今年も復興の象徴として、すばらしい大会を目指している。開催場所である館鼻漁港は東日本大震災で大きな津波被害を受けた岸壁。華やかな花火が東北の港の元気を全国に向けて発信する。

開催地
青森県新湊 館鼻漁港
打ち上げ数
5000発(予定)
開催日
2019年8月18日(予定)
青森県

第70回五所川原花火大会「水と光と音の祭典」

撮影者:馬渕雅之氏

夜空を昼間のように輝かせる300mワイドスターマイン

この花火大会の特徴はすべてがスターマインで構成されていること。なかでも見ものは、ワイドスターマインの一斉打上げだ。幅約300mにわたって、数多くの花火が同時に打上げられ、その美しさと迫力は一見の価値がある。また、様々なジャンルのテンポの良いBGMに合わせた、高さ10m近い噴水とライトアップの華麗な演出、花火とのコラボレーションにも注目したい。

開催地
青森県錦町 岩木川河川敷 北斗グラウンド
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月3日
青森県

令和元年十和田市夏まつり第62回花火大会

写真提供:十和田市観光協会

夏まつりの夜を彩る華麗な花火ショー

毎年8月14日に行われる花火大会。1958(昭和33)年から開催されており、市街地での花火大会としては、青森県南部最大規模を誇る。次々と打上げられる花火は圧巻だ。市役所前の歩行者天国にはたくさんの露店が並び、陸上競技場では迫力ある花火が見られる。また、14日(大会当日)には全日本大学選抜相撲大会が、15日には選抜高校相撲大会が開催され、市内は活気づく。

開催地
青森県西十三番町 十和田市陸上競技場
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月14日
青森県

第50回津軽花火大会

往く夏を惜しむ灯ろう流しと夜空の大輪

「ねぷた」でピークを迎えた津軽の夏は、この花火大会で終わりを告げる。今年は50回目の記念すべき節目の大会だ。幻想的な灯ろう流しに夏の思い出を込め、残された夏の情熱を振り絞るかのように、5000発の色とりどりの大輪の華が津軽平野の夜空を焦がす。北国の夏のフィナーレを飾るこの花火大会は、華やかさの中に潜む感傷的な趣で今年もまた津軽の人々を魅了する。

開催地
青森県藤崎 平川河畔 白鳥ふれあい広場
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月20日
青森県

つるたまつり花火大会

悲恋の姫君の想いを込めて、夏の夜空を焦がす

「つるたまつり」のラストを飾る花火大会。会場である津軽富士見湖には、恋に破れた白上姫の遺恨が白龍に化身したという悲恋の伝説が伝わっている。全国でも珍しい長さ30mのねぶた「龍神船」の湖上運航は、この伝説をもとにしたもの。夕暮れの湖上をゆっくりと進む姿はあでやかで美しく、とてもロマンチックだ。龍神船は中の島に御神火を運び、それを火種として花火大会が開催される。半円を描く水上花火が湖面を赤々と染めて、まつりは最高潮に達する。

開催地
青森県廻堰大沢 津軽富士見湖
打ち上げ数
2400発
開催日
2019年8月16日(つるたまつりは10日・11日・16日)
青森県

第52回東北町湖水まつり花火大会

アイデアにあふれた創作花火大会がユニーク

青森県の東に広がる小川原湖のキャンプ場を舞台に「東北町湖水まつり」は開催される。さまざまなイベントが目白押しの2日間は、およそ6万人の観光客でにぎわう。特に初日に行われる花火大会は、湖畔を彩る花火に歓声があがる。単発やスターマインのほか、湖上ならではの水中スターマイン、創意工夫あふれた斬新な創作花火などが毎年登場。次々と繰り広げられる光のページェントは感動的だ。

開催地
青森県大浦 小川原湖公園
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年7月20日(東北町湖水まつりは7月20日・21日)
岩手県

盛岡花火の祭典

楽しい花火がいっぱい!盛岡の夏を思いっきり楽しもう

盛岡広域圏最大級を誇り、夏の夜空を華麗に彩る音と光の幻想的な演出による花火大会。プログラムは4部構成でバラエティに富み、1万発以上の花火の打上げは、全国の花火師による競演やノンストップの連続花火、仕掛花火など、さまざまな趣向を凝らした内容となっている。中でも、感動のフィナーレは必見。臨場感あふれる花火の祭典をぜひ会場で体感してみたい。

開催地
岩手県都南大橋下流北上川河畔
打ち上げ数
1万発以上
開催日
2019年8月11日
岩手県

つなぎ温泉御所湖まつり

湖を幻想的に浮かび上がらせる花火大会

御所湖(ごしょこ)は盛岡市の西、雫石町との境にある人造湖で、そのほとりに広がるのが「つなぎ温泉」。「つなぎ温泉御所湖まつり」はダムの完成と東北新幹線が盛岡まで開通したことを記念して1982(昭和57)年に始まった。伝統ある盆踊りなどが行われるまつりをさらに盛り上げる湖上花火は、目前の湖面から打上げられ迫力満点。湖面に鮮やかな水中花火が映える。宿で早めの食事を済ませ、下駄ばきで観賞するのがおすすめだ。

開催地
岩手県繋 つなぎ温泉 御所湖畔
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月28日
岩手県

第31回石鳥谷夢まつり

子どもから大人まで楽しめる地域密着の花火大会

北上川のほとりにある大正橋公園(石鳥谷水辺プラザ)で開催される「石鳥谷夢まつり」は、子どもからお年寄りまで地元の人達が結集して盛り上げるイベント。毎年、会場を囲むように並べられた夢行灯70基の明かりが、夏の夜を幻想的に演出している。メインとなる花火はスターマインなど3部構成で打上げられ、アトラクションなども登場する。

開催地
岩手県石鳥谷町好地 北上川大正橋上流大正橋公園(石鳥谷水辺プラザ)
打ち上げ数
7000発
開催日
2019年8月13日
岩手県

イーハトーブフォーラム2019 光と音のページェント 花火ファンタジー

宮沢賢治の理想郷、イーハトーブを彩る打上げ花火

宮沢賢治は故郷の岩手を理想郷になぞらえ「イーハトーブ」と呼んでいた。賢治の精神を次代の子どもたちに伝えようと始まった夏のイベントが「イーハトーブフォーラム」。夜空を彩る花火大会「光と音のページェント」では、華麗な花を北上川の上空に咲かせる。ナイアガラやスターマインなどの多彩な花火が打上げられると、あたりの山々は豪快な音に震え、北上川は七色の光を映し出す。まるで銀河と北上川が交わるかのような幻想的な光と音の世界が繰り広げられる。

開催地
岩手県高木 北上川河川敷(朝日橋~朝日大橋)
打ち上げ数
7000発
開催日
2019年8月24日
岩手県

田瀬湖湖水まつり 水・空中花火大会

山々にこだまする花火の炸裂音が迫力満点、水中花火も必見

国土交通省・林野庁が主催する「森と湖に親しむ旬間」にあわせて開催される「田瀬湖湖水まつり」。名物「水・空中花火大会」は、毎年多くの観客が訪れる人気のイベントだ。田瀬湖を囲む山々にこだまする花火の炸裂音は迫力満点で、湖面に映える水中花火の美しさも一見の価値がある。色とりどりの3500発の光の花が湖の夜空を鮮やかに彩る美しさは、夏の夜の素敵な思い出となるだろう。個人メッセージ付きの「あなただけの記念花火」も毎年好評だ。

開催地
岩手県東和町田瀬 田瀬白土地区特設会場
打ち上げ数
3500発
開催日
2019年7月27日
岩手県

第58回北上・みちのく芸能まつり トロッコ流しと花火の夕べ

トロッコ灯篭と花火の見事なコントラスト

東北地方有数の規模を誇る花火大会が「北上・みちのく芸能まつり」の最終日を飾る。打上げられた尺玉は夜空に大輪の花を咲かせ、あたり一面を七色に染める。花火は、毎年異なるテーマを設定し、そのテーマに沿った花火、音楽、ナレーションの総合演出がこの花火大会の特徴。音楽と花火との融合「フルシンクロ創造花火」は芸術的だ。また、北上川では約360年の伝統がある「トロッコ灯篭」が1万灯流され、その幻想的な光景には、時が経つのも忘れてしまう。「北上・みちのく芸能まつり」期間中は市内各所で民俗芸能の公演が繰り広げられる。

開催地
岩手県立花 北上川河川敷 珊瑚橋下流
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年8月4日(北上・みちのく芸能まつりは8月2日~4日)
岩手県

第29回遠野納涼花火まつり

山々に囲まれた盆地ならではの音の響きが迫力満点

東北地方の旧盆の最後の夜に開催される「遠野納涼花火まつり」は、早瀬川の河川敷にあるグラウンドを会場に、約5000発の花火が花開く。花火は華々しく夜空を彩り、その音は遠野盆地に響きわたる。空と水面で七色に輝く光と、山々にこだまする音がつくりだす臨場感は迫力満点だ。普段は静かなこの町も、お盆には帰省した人たちでにぎわう。鮮やかに大輪の花を咲かせる花火を心ゆくまで楽しもう。

開催地
岩手県上組町ほか 早瀬川河川敷
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月15日
岩手県

かわさき夏まつり花火大会2019

一関市川崎町の「おらが自慢のでっかい花火大会」に注目

一関市川崎町で行われる夏まつりの花火大会は、地域の人たちが力を合わせて開催する、別名「おらが自慢のでっかい花火大会」。打上げ予定数は約1万発。二尺玉をはじめ、名物の「水中花火」などの大輪を打上げ、観客が楽しめるような大会を目指す。また、マスコットキャラクター「かわたまドン太くん」が花火大会をPRする。

開催地
岩手県川崎町 北上大橋周辺
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月16日
岩手県

第68回一関夏まつり 磐井川川開き花火大会

七夕飾りの揺れるなか花火の光が天まで焦がす

「一関夏まつり」の初日を飾る花火大会。「川開き」には、1947(昭和22)年とその翌年の台風による犠牲者の鎮魂の意味も込められている。東北屈指のスケールを誇る花火は、スターマインをメインに多彩なラインナップで打上げられ、ダイナミックに光を躍らせ夜空を彩る。3日間にわたり行われる「一関夏まつり」では、「くるくる踊り」やパレードが繰り広げられ、七夕の竹飾りや吹き流しが飾られる。

開催地
岩手県磐井川河川公園周辺
打ち上げ数
約1万発(スターマイン約50組)
開催日
2019年8月2日(一関夏まつりは8月2日~4日)
岩手県

前沢夏まつり

間近で見られる尺玉やスターマインの大迫力

北上川の豊富な水と肥沃な大地が「前沢牛」を育む、奥州市前沢。「前沢夏まつり」は42歳の厄年連による踊りなどがあり、納涼花火大会で締めくくられる。打上げ場所から観覧場所までが300mほどの距離なので、尺玉のはじける音を体全体で感じることができる。スターマインも観客の目線より高い堤防から打上げられるので、ほぼ真下から眺められる。

開催地
岩手県前沢阿部舘 前沢いきいきスポーツランド
打ち上げ数
3000発(昨年実績)
開催日
2019年8月16日
岩手県

奥州水沢の花火大会

ファンタジックな真夏の夜を演出する花火

水沢競馬場で開催される「奥州水沢の花火大会」は「奥州水沢夏まつり」の最後を飾る一大イベント。県下有数の打上げ発数を誇るこの大会には、県内外から多くの見物客が訪れてにぎわいを見せる。会場にはポップな音楽が流れムードも満点。超特大のスターマインや様々な趣向を凝らした創造花火など、大輪の花が夜空を彩り、ファンタジックな真夏の夜を演出する。

開催地
岩手県水沢姉体町阿久戸1-2 水沢競馬場
打ち上げ数
9000発
開催日
2019年8月7日(奥州水沢夏まつりは8月3日・7日)
宮城県

第50回仙台七夕花火祭

仙台の夜空を彩る夏の風物詩

「仙台七夕まつり」の前夜祭として開催される「仙台七夕花火祭」。1970(昭和45)年から始まり、今年で50回目を迎える。今年のテーマは「つなぐ~夢と希望溢れる仙台の創造に向けて~」。仙台七夕花火祭の特徴は、何といっても都市の中心部でありながら大規模な花火大会が行われるところ。市内を流れる広瀬川近くから打上げられるスターマインを360度全方位から観賞可能だ。また、西公園では打上げ前にイベントなどを予定している。

開催地
宮城県桜ケ岡公園 西公園付近一帯および追廻エリア付近一帯
打ち上げ数
1万6000発
開催日
2019年8月5日(仙台七夕まつりは8月6日~8日)
宮城県

泉区民ふるさとまつり

浴衣を着て繰り出したいイベント満載のまつり

仙台市泉区民に親しまれている夏の恒例行事。おまつり広場での市民展示をはじめ、ステージでは舞踊や太鼓の披露などが催され、おまつりムードを盛り上げる。ステージイベントや縁日コーナーを楽しんだら、締めくくりの花火がスタート。約4500発のカラフルな花火が泉の夜空に次々と舞い上がり、「ドーン!」と轟く打上げ音が観客の胸に響く。家族や仲間と連れ立って、東北の夏をたっぷり楽しもう。

開催地
宮城県七北田柳78 七北田公園他
打ち上げ数
約4500発
開催日
2019年8月31日
宮城県

第96回石巻川開き祭り花火大会

北上川の上空を彩る約6000発の花火

「石巻川開き祭り」の歴史は古く、伊達政宗により港が石巻に開かれたことに由来する。7月31日には北上川を開削した川村孫兵衛重吉翁への報恩感謝と水難者に対する慰霊、東日本大震災で亡くなった方の供養祭を夕方から行い、同時に北上川で流燈を行う。8月1日には、市内でお祭り広場や各種パレードが行われ、夜は石巻市中瀬で花火を打上げる。打上げ総数は約6000発で、スターマイン等が北上川の上空を鮮やかに染め、幻想的な空間をつくり出す。

開催地
宮城県中瀬 内海橋下流
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年8月1日(石巻川開き祭りは7月31日・8月1日)
宮城県

第72回塩竈みなと祭 前夜祭花火大会

伝統ある塩竈みなと祭に華麗な花火が彩りを添える

毎年「海の日」に海上の安全と大漁を祈願し行われる「塩竈みなと祭」の前夜祭では、約8000発(予定)の花火が打上げられる。海面を七色の輝きの染める花火は大迫力だ。ただし、震災被害により立ち入り禁止区域あり。「塩竈みなと祭」は日本三大船祭りの一つに数えられ、打上げを行う塩釜港は、「千賀の浦」とも呼ばれ、歌枕として日本の古歌に詠まれている名所。

開催地
宮城県港町ほか 塩釜港周辺
打ち上げ数
約8000発(予定)
開催日
2019年7月14日(塩竈みなと祭は7月15日)
宮城県

第34回なとり夏まつり

名取の復興を願い、今年も夏まつりを開催

東日本大震災で亡くなった多くの方々への鎮魂と復興への願いを込めて、「なとり夏まつり」を開催。おまつり広場では楽しいステージイベントが行われ、軒を連ねる露店も多くの人でにぎわう。そして、夕闇が訪れて花火が上がり始めるとまつりはクライマックスへ。スターマインなど色とりどりの花火4000発が夜空に咲き、観客を魅了する。

開催地
宮城県美田園7-23-3 下増田小学校グラウンド
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月3日
宮城県

若柳夏祭り流灯花火大会

栗原市を代表する夏の風物詩

1902(明治35)年から始まった伝統ある祭事。施食会(せじきえ)供養祭が執り行われると、迫川に戦没勇士等の慰霊の意を込めた赤や青の流灯が流され、幻想的に水面を照らす。祭りのメインイベントである花火大会ではスターマインを中心に約5000発の花火が打上げられるとともに、河川敷には地元小学生と商工会青年部が協力して作成した絵灯ろうが並び、夏の夜を彩る。また、迫川上流の河川公園では、特設ステージで郷土芸能祭も行われる。

開催地
宮城県若柳川北 迫川河畔
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月16日
宮城県

第97回東松島市鳴瀬流灯花火大会

大正時代から続く伝統ある花火大会

東松島市の鳴瀬川周辺で行われる流灯は、天保の飢饉の際に霊を慰めるための供養として始められたといわれ、流灯に合わせた花火大会は大正時代から始まったとされている。多くの灯篭がゆったりと川を流れ、約1000発(予定)の花火が幻想的に川面を彩る。灯篭には、先祖代々の霊とともに東日本大震災で犠牲となった方々への供養の気持ちも込められている。また会場の特設ステージで演芸の披露なども行われる。

開催地
宮城県小野 鳴瀬川左岸鳴瀬大橋上流一帯の河川敷
打ち上げ数
約1000発(予定)
開催日
2019年8月16日
秋田県

第32回秋田市夏まつり雄物川花火大会

秋田市三大夏まつりとして市民に親しまれている花火大会

秋田県の南部を流れる雄物川の河川敷が舞台の花火大会。夏まつりは1988(昭和63)年、雄物川放水路通水50周年を記念して始まり、今年で32回目。近年では土崎港曳山まつり、竿燈まつりとともに、秋田市の三大夏まつりとして人気だ。日本煙火芸術協会有志の応援花火、4号から8号玉の打上げ花火、スターマイン、北日本花火興業による特大・超特大スターマインのほか、ミュージックスターマインや地元の中学生による「デザイン花火」も見ものだ。

開催地
秋田県茨島 雄物川河川敷 秋田大橋~羽越本線鉄橋
打ち上げ数
7500発
開催日
2019年8月11日
秋田県

第17回港まつり 能代の花火

能代の花火過去最大規模のエンタメコンサート花火SHOW!

令和元年記念花火として盛大に開催する今年のテーマは、「楽しくなければ能代じゃない!男子ingヒーロー!」。昨年の女性のテーマに引き続き、今年は男性にエールを送る。最大三尺玉を用い、力強く、パワーみなぎる演出は、能代の恵まれた打上げ会場をフル活用した、過去に例のないパワフルな光と音の競演。スターマインを中心としたワイド花火と音楽とのシンクロは、まるで野外コンサート会場のようだ。打上煙火業者は秋田県から北日本花火興業、小松煙火工業、和火屋、大久保煙火製造所、新潟県から阿部煙火工業。そして、長野県から伊那火工堀内煙火店が初エントリーして、能代の夜空を演出する。中でも、令和元年記念フィナーレは絶対に見逃せないプログラムだ。

開催地
秋田県川反町53-9 能代港下浜埠頭特設会場
打ち上げ数
1万5000発
開催日
2019年7月20日
秋田県

第96回増田の花火

秋風を感じながら豪華な花火を見上げる

回を重ねること今年で96回という、県内で最も歴史がある花火大会。今年、秋田県で開催される最後の花火大会だ。二尺玉をはじめ、正尺玉の早打ち、豪華なスターマインの5台同時打上げなど、大物の花火が仲秋の夜空を彩る。澄み切った空気をビリビリ震わせて響きわたる轟音や、花火がいくつも重なり合い、つくり出す複雑な模様の美しさには、しばし言葉を失ってしまう。

開催地
秋田県増田町増田 八木下川原
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年9月14日
秋田県

横手の送り盆まつり花火ショー

威勢のいいまつりと花火が横手の夜を盛り上げる

江戸中期の大飢饉のときに亡くなった人の供養のために、わらで作った舟を蛇の崎川原に繰り出したのが由来といわれるまつり。「サイサイ囃子」に合わせ、男衆がかつぐ舟が蛇の崎川原へ向かう。供養をすませた舟が蛇の崎橋の上でぶつかり合うとまつりはクライマックスへ。夜から始まる花火ショーは趣向を凝らした演出が見もの。打上げ場所と観覧位置が近く、光の粒ひとつひとつまで手に取るように観られる。夜空に広がる大玉の向こうには横手城の姿も見え、歴史ロマンを感じさせる。

開催地
秋田県蛇の崎川原
打ち上げ数
約1500発
開催日
2019年8月16日
秋田県

大館大文字まつり花火大会

大館市の夏の風物詩

大館市内を流れる長木川を舞台に行われる「大館大文字まつり花火大会」。大館市東方の鳳凰山で、1画目が120m、2画目が180m、3画目が150mの日本一の大きさと美しさを誇る「大」の字に火がともり、長木川では花火大会がスタート。「大」の火文字と大輪の花火が幻想的な夏の夜を演出し、「大館曲げわっぱ太鼓」の送り太鼓がまつりのフィナーレを飾る。会場では15:00から屋台村がオープンし、演舞やよさこい、盆踊りも開催する。

開催地
秋田県観音堂 長木川河川敷下町橋付近
打ち上げ数
約1800発
開催日
2019年8月11日
秋田県

男鹿日本海花火

約1万発の花火が男鹿の夜空を彩る

男鹿に縁のある有志が「男鹿に活力と夢を」と願って始めた「男鹿日本海花火」。花火を作る人と観る人、双方の気持ちを大切にし、万人に優しいイベントづくりを目指して今年で17回目を迎える。「幸せのエンターテインメント」を心待ちにして集まる市民や観光客の数は回を重ねるごとに増え続け、昨年の観客は19万人に。OGAマリンパークを会場に、テーマに合わせた約1万発の花火が夜空を彩る。最新情報は男鹿日本海花火公式ホームページをチェックしてみよう。

開催地
秋田県船川港船川 OGAマリンパーク
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月14日
秋田県

第42回雄勝大花火大会

小野小町に思いを馳せながら花火に酔いしれる

秋田県南部、山形県に接する湯沢市雄勝地区は小野小町の生誕地として知られている。小町が生まれたのは809(大同4)年のこと。幼くして才覚を発揮し、13歳の頃都へ向かったと伝えられている。その後の名声はあまりにも有名だが、故郷への思いが断ちがたく、36歳の時に帰郷。庵を結んで過ごした。小町ゆかりの場所は数多く残っている。そんな歴史ある街での花火大会は、役内川の河川改修記念として始まったもので、例年、連発・仕掛けなど多彩な花火が自然豊かな山あいの夜空を美しく染め、12万人もの観客を魅了している。

開催地
秋田県下院内ほか 役内川河川敷
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月8日
秋田県

第69回本荘川まつり花火大会

「癒しの川」から打上げられる、超特大スターマイン

子吉川の河川敷にある総合レクリエーション施設「ボートプラザアクアパル」の目の前、友水公園で開催される花火大会。スターマイン、ナイアガラ、仕掛花火、創造花火、4号玉早打ちなど約6000発の花火が夏の夜空を彩る。なかでも、フィナーレの音楽つきスターマインは見もの。花火と川音との相乗効果が楽しめる。灯篭流しも行われ、清流子吉川の川面に花を咲かせる。

開催地
秋田県北裏地 友水公園 ボートプラザアクアパル前河川敷
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年7月27日(予定)
秋田県

第35回日本海洋上花火大会

日本海を舞台に夜空と海面が鮮やかに染め上がる

道の駅「岩城」島式漁港公園を会場に開催される「日本海洋上花火大会」は、由利本荘市の夏の風物詩として親しまれている。花火は本州では初めての島式漁港の「道川漁港」から打上げられ、美しい砂浜と夏の夜空を彩る絢爛豪華な光と音の競演を楽しめる。なかでも、プログラムのフィナーレを飾る「超特大デラックススターマイン」は見ごたえ十分だ。

開催地
秋田県岩城内道川新鶴潟 道の駅「岩城」島式漁港公園
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年7月20日
秋田県

第93回全国花火競技大会「大曲の花火」

写真提供:大曲商工会議所

「花火の街」大曲が誇る日本一の芸術花火

1910(明治43)年に始まり、途中一時中断はあったものの、今回で93回目の開催となる「大曲の花火」。ここで行われる「全国花火競技大会」は、いわば花火師日本一決定戦。内閣総理大臣賞や経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、中小企業庁長官賞、観光庁長官賞など数々の賞が授与されることから、全国の花火師たちの目標となっている。一流の花火師が熱く燃える花火芸術の最高峰をこの目で確かめてみたい。なかでも、注目の大会提供花火「ワイドスターマイン」は、1年をかけて製作するという力作だ。

開催地
秋田県大曲 雄物川河畔「大曲の花火」公園
打ち上げ数
約1万8000発
開催日
2019年8月31日
秋田県

第57回阿仁の花火大会と灯籠流し

阿仁川を彩る花火の迫力を体感

森吉山のふもと、阿仁河川公園で毎年8月16日に開催される花火大会。花火は阿仁川をはさんで対岸から打上げられ、山間に花火音が響きわたり迫力満点。夜空に開いた花火は華麗さと同時に力強さも感じさせてくれる。また、お盆の供養灯籠流しにちなんで千余個の絵灯籠も流され、灯籠の絵巻と山峡にこだまする花火との競演も美しい。

開催地
秋田県阿仁水無 阿仁河川公園
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月16日
秋田県

にかほ市花火大会~新時代への音と光のメッセージ~

節目の年に花火大会がリニューアル

1948(昭和23)年から始まった伝統のある花火大会。元々は、旧盆の送り火にあわせて始まった大会だ。昨年、70回記念の花火大会を行い、71回目となる今年は、花火大会の名称、開催日、花火の打上げ内容を一新。サブタイトルにもあるように、音楽に合わせて花火を打上げる「花火ショー」として生まれ変わる。日本海に打上げられるキラッと輝く花々をお楽しみに!

開催地
秋田県象潟町 象潟海水浴場
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月24日
秋田県

戸沢氏祭花火大会

昼は戦国時代にタイムスリップ、夜は花火の光に包まれる

かつて北浦地方を治めた武将・戸沢氏の勇姿を今に伝える「戸沢氏祭」。地元の人や歴史ファンに親しまれており、そのフィナーレとして花火大会が催される。日中の「お家行列」は、戦国時代さながらの甲冑の武将や着物姿の姫が練り歩く目にも楽しい行列。ほかにも川魚のつかみ獲りや郷土芸能大会などもあり、見どころたっぷり。夜には、にぎやかな盆踊りと約3000発もの花火が祭りの最後を締めくくる。大人も子どもも楽しめるお祭りに、家族みんなで出かけてみよう。

開催地
秋田県西木町門屋 桧木内川河川公園
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月16日
秋田県

第33回雄島花火大会

日本海に浮かぶ小島が舞台の光と音の競演

秋田県北西部に位置する緑豊かな八峰町八森の中浜海岸で開催される花火大会。海岸から約100m沖に浮かぶ小さな島「雄島」から約1000発(予定)が打上げられる。スターマインが海面に映え、花火と水面との光のコントラストが美しい。当日の17:15からはオープンセレモニーが始まり、会場は約2万人の観客でにぎわう。

開催地
秋田県八森 中浜海岸
打ち上げ数
約1000発(予定)
開催日
2019年8月15日
山形県

第40回山形大花火大会 ~輪~

山形県最大規模の花火大会

40回目を迎える山形県最大級の規模を誇る花火大会で、今年のテーマは「輪~歴史とご縁をかさねがさね~」。真夏の山形の夜空に大輪の花火を打上げ、観覧者にやまがたの魅力を発信。笑顔で花火を楽しんでもらいたいという想いが込められている。打上げは約2万発。大輪の花を咲かせる連続打ちや、会場近くで上がる大花火など、夜空を七色に彩る花火はどれも迫力満点!さらに、ドローンから映す山形の景色と花火のコラボレーションを6m×4mの大ビジョンでリアルタイム配信する。

開催地
山形県下反田 須川河畔 反田橋付近
打ち上げ数
約2万発
開催日
2019年8月14日
山形県

第82回東北花火大会

東北の夏を満喫!豊かな自然の中に打上げられる花火

「東北花火大会」は、山形県南の夏のイベントとして内容・規模において東北屈指。1949(昭和24)年に松川河川敷で開催したのが始まりで、現在も継続されており、観光客からも親しまれている。プログラムは花火の色・光・音・形を総合的にプロデュースした「火の芸術」で、数々のスターマインをはじめ、全長200mの大ナイアガラなどの鮮やかな輝きが松川の川面に映り、まさに絢爛豪華。東北を代表する花火師が精魂を込めた自慢の花火は、訪れた人の心に記憶として残るだろう。

開催地
山形県福田町 松川河川敷 米沢市立病院東側万里橋下流
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月30日
山形県

第58回米沢納涼水上花火大会

写真提供:米沢日報デジタル

水上の火と光の芸術

米沢の夏を彩る水上花火大会は、謙信公をまつる上杉神社がある松が岬公園の東堀端で行われる米沢の夏の風物詩。空に大輪の花を咲かせる打上げ花火をはじめ、多彩なラインナップで見ごたえ十分だ。堀に映し出される夜空の輝きを見つめながら、夏の夜を満喫しよう。小さな子どもから大人まで楽しめる、遊び心がいっぱいの花火大会だ。

開催地
山形県丸の内 松が岬公園
打ち上げ数
6000発
開催日
2019年8月2日
山形県

第29回赤川花火大会「百華繚乱 ~夜空に重なる一人一人の物語~」

花火.Collection

全国トップクラスの花火師たちが魅せる技の競演

この花火大会は、全国トップクラスの花火師が競い合う「全国デザイン花火競技会」でもある。「日本の花火100選」でベスト10入りし、全国の花火大会の中でも屈指と評価され、毎年全国各地から多くのファンが訪れる。オープニングは、観客とともに始める迫力のカウントダウン。その後、全国各地で活躍中の選ばれた花火師たちが技を競い合う。最大で打上げ幅700mにもなり圧巻だ。赤川河畔をフルに活用した他に類を見ないオリジナル競技会で、マス席からは真上に見上げてしまうほど臨場感たっぷり。なかでも感動のエンディングは必見!

開催地
山形県赤川河畔 羽黒橋~三川橋
打ち上げ数
約1万2000発
開催日
2019年8月17日
山形県

酒田花火ショー2019

最上川河川敷を最大限に利用した花火のエンターテイメント!

85年を超える歴史があり、酒田市内外の人々から愛され続ける人気の花火大会。打上げ総数1万2000発以上。100発を超える尺玉の打上げをはじめ、水上スターマインと空中スターマインの同時打上げ、展開幅約2kmの超ワイドスターマインなど、広々とした最上川を舞台にダイナミックな花火が目白押し。グランドフィナーレでは大空中ナイアガラが夜空を白銀に染め上げる。花火と音楽がシンクロした匠の技の競演もあり、最後まで目が離せない。

開催地
山形県最上川河川公園 出羽大橋上流 最上川右岸
打ち上げ数
1万2000発以上
開催日
2019年8月3日
山形県

水郷大江夏まつり灯ろう流し・花火大会

最上川を彩る灯ろうと特大スターマイン

山形県のほぼ中央に位置する大江町。この町で開催される花火大会は県内で最も古くから行われている大会として知られている。最上川には水難者を供養する灯ろうが流され、川面を幻想的に彩っていく。最上川河畔3ヶ所から打上げられる花火は、20号玉、スターマインなど4000発で、中でも特大スターマインは大会の見どころとなっている。火の粉がかかるのではないかと思わせるほど近く、目の前から打上げられる花火は迫力満点。川面を流れる1000個の灯ろうと、花火が織り成す光と音と水の競演は、最上川舟運の町として栄えた大江町ならではの演出だ。

開催地
山形県左沢 最上川河畔
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月15日
山形県

大石田まつり 最上川花火大会

最上川に大輪の花を咲かせる大玉20号10連発が見どころ

山形市の北およそ40kmの最上川沿いの町、大石田。「そばの里」として県内外で知られ、環境省による「かおり風景100選」にも選ばれている。「大石田まつり」では神輿、灯篭流しなどのイベントが数多く行われ、およそ13万人の人でにぎわう。3000発の打上げ花火は記念花火や、スターマイン、創造花火など変化に富んでいる。中でも見逃せないのは10連発の20号大玉。次々と夜空を彩る大輪の華は迫力満点だ。

開催地
山形県横山 下河原運動公園河川敷
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月16日
山形県

第60回金山町納涼花火大会

昔ながらの懐かしい町並みの中で祭りを満喫

山形県北部、秋田県に接する金山町は、杉と白壁が印象的な金山住宅が大切にされている町。町並み・景観保存にどこよりも先駆けて取り組んできた結果、100年前のたたずまいが、そのまま残されていると言っても過言ではない。そんな風景の中で楽しむ「金山まつり」は、どこか懐かしさを感じさせる。町に繰り出した山車などの催しも、心を和ませてくれる。2000発打上げられる花火大会は、「金山まつり」の最終日に開催され、最上地区随一の歴史を誇っている。

開催地
山形県金山 金山川河川公園
打ち上げ数
2000発
開催日
2019年8月16日(金山まつりは8月14日~16日)
山形県

2019真室川まつり花火大会

色とりどりの花火が夜空をにぎやかに染める

真室川町は秋田県に隣接する山形県北部の町。「真室川まつり」では真室川音頭パレード、威勢の良い若者たちの神輿渡御など様々なイベントが行われ、およそ1万人の人出でにぎわう。まつりを締めくくる花火大会では、単発、連発、仕掛けなど多彩な花火2500発が次々と夜空を飾る。頭上から降り注ぐような大輪の花火は迫力満点だ。

開催地
山形県木ノ下 真室川新橋上流
打ち上げ数
2500発
開催日
2019年8月17日
福島県

三春の里夏まつり花火大会

「三春滝桜」の町、三春町の夏祭り

日本三大桜の一つ「三春滝桜」で有名な三春町での夏まつり。会場は「三春の里田園生活館」で、イワナのつかみどりやダンスステージ、音楽ライブ、盆踊りなど、さまざまなイベントが行われる。夏まつりのフィナーレはやっぱり花火だ。三春町の四季をスターマインなどの打上げ花火で表現し、観客を魅了。色鮮やかな花火が三春の夜空を彩る。

開催地
福島県西方石畑487-1 三春の里田園生活館
打ち上げ数
約1500発
開催日
2019年7月28日
福島県

第41回ふくしま花火大会

画像提供:ふくしま花火大会実行委員会

これぞ福島の夏の風物詩

市内を流れる阿武隈川と松川の合流点から打上げられ、福島の暑い夏の夜空を美しく彩る「ふくしま花火大会」。阿武隈川上空に舞い上がる尺玉やスターマインなど、どれをとっても迫力満点。華麗な姿が川面に映り、観客を魅了する。厄祓いや祈願成就の為の縁起(願い事)花火も実施される。みんなの様々な願いが大輪の花となって福島の夜空をまばゆく照らす、その花火をぜひ会場で楽しんでほしい。

開催地
福島県古川地内 信夫ヶ丘総合運動公園信夫ヶ丘緑地(阿武隈川と松川の合流地点)
打ち上げ数
約8000発
開催日
2019年7月27日
福島県

ふくやま夢花火

大人も子どもも楽しめる夢いっぱいの1日

豊かな自然に囲まれた郡山市富久山町で行われる「ふくやま夢花火」。花火大会当日の午後からは、ビンゴゲーム大会などの「子供祭り」が開催される。祭りのフィナーレを飾る花火大会は、スターマインや音楽創作花火、尺玉の連発などが次々に夜空に打上がり、阿武隈川の川面を色鮮やかに染める。中でも尺玉の音が体にずっしりと響く迫力はぜひ会場で体験してみたい。

開催地
福島県富久山町 富久山河川敷多目的広場
打ち上げ数
6000発(予定)
開催日
2019年8月3日
福島県

第48回あさか野夏まつり花火大会

暑さを吹き飛ばす郡山の夏の風物詩

毎年8月14日に開催される夏まつりの花火大会。開催場所となる郡山カルチャーパークには、広大なオープンスペースが広がり、家族でくつろぎながらの花火観賞が満喫できる。特に観覧車からの花火は、ここでしか味わえない最高の眺めだ。また、観覧会場には多くの露店が軒を並べ、さらににぎわいを増す。花火は田園の中での打上げなので360度どこからでも楽しめる。創作音楽花火など毎年趣向を凝らしたプログラムで緑豊かな安積の空を彩り、多くの観光客や帰省客、地元客を魅了する。有料席(協賛席)あり。

開催地
福島県安積町 郡山カルチャーパーク付近
打ち上げ数
1万発以上
開催日
2019年8月14日
福島県

第66回いわき花火大会

音楽に合わせて打上げられる創作スターマインに感動

「令和元年~今年も花火を観にいぐBAY~」を今年の大会テーマに掲げる、レベルの高い音楽と花火のコラボレーションが見どころの花火大会。最新のヒット曲や往年の映画音楽に乗せて、1秒刻みで精緻にプログラムされた創作スターマインは、参加花火師の自信作。1万発の花火が小名浜港上空へ打上げられると、辺りは次々と鮮やかな七色の光に照らされていく。アクアマリンパークの夜空をスクリーンにした花火は壮大なスケールで、海辺の街は大いに盛り上がる。

開催地
福島県小名浜 アクアマリンパーク(小名浜港1号・2号埠頭間)
打ち上げ数
1万発
開催日
2019年8月3日
福島県

第41回須賀川市釈迦堂川花火大会

90分間目が離せない、華麗な花火ショー

須賀川市で開催される、県内最大規模の花火大会。超特大スターマインが打上げられると、夜空は華々しく彩られ釈迦堂川は鮮やかな光を映し出す。全国の有名花火師たちが技術を競う「尺玉の競演」では、夜空に大輪の花がいっぱい開き、その美しさに歓声が上がる。プログラムは4部構成で、音楽創作花火やミュージックファイヤーなど、バラエティに富んだラインナップで迫力満点。また、空中ナイアガラでは光のしずくが舞い躍り、辺り一面を美しく輝かせる。

開催地
福島県中曽根60 須賀川市民スポーツ広場
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月24日
福島県

二市一ヶ村 日橋川 川の祭典 花火大会

中国花火と日本花火の打上げ競演

喜多方市、会津若松市、湯川村を流れる日橋川を舞台とした夏祭り「川の祭典」の一環として行われる花火大会。昼は「イカダ下り大会」がメインイベントとなっていて、イカダのスピード、ユニークさなどを競う。夜は花火が日橋川上空を彩り、川の祭典に花を添える。中でも注目は色や炸裂音が特徴の中国花火と華麗な日本花火の競演。中国花火は花火の美しさだけでなく迫力ある音と閃光が楽しめる。また名曲と花火のシンフォニー「創作スターマイン」などが次々と繰り広げられる。

開催地
福島県塩川町遠田 日橋川緑地公園自由広場
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年7月28日
福島県

「伊達のふる里夏まつり」大花火大会

昼はイベント、夜は花火と1日楽しめる

地元の人達が毎年心待ちにしている夏まつり。灯ろう流しから始まり、その後、スターマインや尺玉の連発など、約5000発の花火が打上げられる。川を流れる美しい灯ろうと広瀬川に映る花火の光の競演は実に幻想的。夏まつりではその他に、ストリート・ステージイベントや夜店、川との共生を誓ったふるさと賛歌「オラトリオ」、やながわ踊り、火振山の火まつりなども開催され、1日楽しむことができる。

開催地
福島県梁川町 広瀬川親水公園
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月11日
福島県

いなわしろ花火大会

猪苗代町の夜空で輝く光と音の競演を楽しもう

福島県のほぼ中央に位置する猪苗代湖を擁する猪苗代町で開催される花火大会。猪苗代町の夜空を彩る希望の花火が、今年も音楽にあわせて約3000発(予定)打上げられる。また当日は15:00から子ども向けのキャラクターショーやステージパフォーマンスなども実施予定。猪苗代町は湖水浴やキャンプ、登山やサイクリングなどレジャーの宝庫。夏休みの思い出にレジャーとともに花火大会を楽しみたい。

開催地
福島県上園 猪苗代町運動公園
打ち上げ数
約3000発(予定)
開催日
2019年8月13日
福島県

第82回霊まつり流灯花火大会

光と音が趣深い時間を演出

毎年8月10日、柳津町の圓藏寺では大法要が営まれ、本堂から只見川まで稚児行列が行われる。夕闇が迫る頃、川辺に流灯が浮かぶと、空に盛大な花火が打上げられる。打上げは川を挟み2ヶ所。なかでも水中スターマインや大仕掛けの滝は見ものだ。鮮やかな花火が夜空で花開くと、その音が川岸の崖に反響し静寂な地により大きな音を響かせる。そして、七色に染まった川面を500基もの流灯が流れていく。

開催地
福島県柳津下平 只見川河畔
打ち上げ数
4500発
開催日
2019年8月10日
福島県

第90回塙流灯花火大会

灯ろうと花火の光が幻想の世界を演出

1930(昭和5)年に先祖の霊を慰める行事として始まり、今年で90回目を数える。川上川では約3000個もの大小様々な灯ろうが流され、水面に光の線を描き、久慈川では花火が打上げられ、空に大輪の花を咲かせる。灯ろうと花火の光が、見る人を幻想的な世界に誘う祭りだ。事前予約をすれば、「道の駅はなわ」のビアガーデンから花火見物が楽しめる。灯ろう流しと花火大会の終了後に開催される「踊り流し」は飛び入り参加も歓迎。

開催地
福島県塙 川上川・久慈川の合流地点
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月15日
福島県

浅川の花火

城山山頂から降り注ぐ豪快な地雷火

浅川町は「花火の里」の愛称で親しまれる、阿武隈山系に囲まれた緑豊かな町。毎年8月16日に開催される300年の伝統ある花火大会は、早打ちや尺玉、スターマインなど色とりどりの花火が盛りだくさん。「大からくり」と呼ばれる仕掛花火は、花火大会を主催する青年会が独自に製作するもので、絵柄や文字を浮き出させる仕掛けのほか、飛び散る七色の閃光、響き渡る爆裂音など、さまざまな仕掛けが組み込まれている。花火大会のフィナーレ「地雷火」は一番の見どころで、城山の頂上で花火が扇状に開き、山の斜面に降り注ぐ。

開催地
福島県浅川 浅川町民グラウンド
打ち上げ数
約3200発
開催日
2019年8月16日
×