トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 長崎・諫早 > 長崎 > 浦上・平和公園 > 長崎原爆資料館

ナガサキゲンバクシリョウカン

長崎原爆資料館

被爆の惨状と平和の尊さを伝える

被爆の惨状を示す多くの資料のほか、原爆が投下されるにいたった経過、被爆から現在までの長崎の復興の様子、核兵器開発の歴史などをわかりやすく展示。なかでも、被爆時の浦上天主堂のコーナーはリアルで、当時の人の驚きや恐怖、悲しみ、怒りが伝わってくる。図書室には原爆・平和関係の書籍約2万1000冊をそなえる。

住所
長崎県長崎市平野町7-8 (大きな地図で場所を見る)
電話
095-844-1231
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1・3号系統赤迫行きで12分、原爆資料館下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉館17:30)、5~8月は~18:00(閉館18:30)、8月7~9日は~19:30(閉館20:00)
休業日
無休(12月29~31日休)
料金
大人200円、小・中・高校生100円(高齢者は健康手帳、障がい者は各種障がい者手帳持参で入館無料)
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:67台 | 有料 | 1時間100円、以後30分ごとに100円
ID
42000737

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   > 
 >  >   >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

長崎お散歩ナビ【平和公園周辺】恒久の平和に想いを馳せる

長崎は昭和20(1945)年8月9日、広島に次いで世界で2番目に被爆した地。原爆が投下された浦上には、戦争と平和に関するスポットが点在する。今は緑いっぱいの町を歩きながら、平和の尊さを改めて認識したい...

条件検索

エリアとジャンルを指定してください