まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2017年12月23日

上海

上海【外灘】レトロな洋館めぐり 歴史を感じる豪華な建築!

by mapple

スウォッチ・アート・ピース・ホテル (スーウォーチーフーピンファンディエンイーシュウヂョンシン/斯沃琪和平饭店艺术中心)

旧パレスホテル。ウォルター・スコットによる設計。【1908年竣工】

36672

外灘18号 (ワイタンシーバーハオ/外滩十八号)

パーマー&ターナー事務所設計のアール・デコ様式のビル。1923年に竣工、当時はチャータード銀行として利用。イタリア出身の有名建築家が内装を手がけ、優雅な複合施設に変身した。【1923年竣工】

36243

友邦大厦AIA (ヨウバンダーシャー/友邦大厦AIA)

英字新聞社が使用していた建物。古典主義様式のビル。【1923年竣工】

35781

招商銀行上海分行 (ヂャオシャンインハンシャンハイフェンハン/招商银行上海分行)

台湾銀行の旧上海支店。ジョンソン&モリス事務所が設計。【1924年竣工】

36757

中国外匯交易中心 (ヂョングオワイフエイジャオイーヂョンシン/中国外汇交易中心)

露清銀行の上海支店として建設された、上海で最初のタイル張りのビル。ドイツ人ベッカルが設計。【1901年竣工】

%3CatariName%3E_DSC8826.jpg%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

この記事のタグ

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷる上海 蘇州」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年6〜8月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。