まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2018年3月25日

インドネシア

【バリ島】夕方から夜に楽しむ秘訣をご紹介!

by mapple

252152

夕方から夜にバリ島を楽しむ秘訣をご紹介。 インド洋に沈む夕日は壮観だ。
舞踊鑑賞やナイトクラブなど、バリ島での夜の過ごし方は多様だ。治安は比較的良い島だが、スリには注意。クタなど観光客が集まるエリアが狙われやすい。また、大通りを1本入った人の目が届かないような道を歩く際は、とくに注意したい。

バリ舞踊鑑賞に参加する

南国の夜を彩るあでやかな舞踊に感動

%3CatariName%3ELIN_3246.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

ウブドの寺院や王宮へ

芸術の村ウブドは伝統舞踊の中心地。王宮や寺院などで毎晩公演が行なわれ、レゴン、バリスなど多彩な舞踊が鑑賞できる。

郊外の寺院へ

美しいサンセットを背景にケチャッダンスを鑑賞したいなら、島の南端に位置するウルワツ寺院へ。野外ステージで繰り広げられる舞踊は神秘的で、荘厳な迫力に満ちている。

ツアーで参加する

宿泊場所と公演会場が離れている場合は、舞踊鑑賞ツアーに参加するのがおすすめ。送迎付のため夜遅くなっても安心で、ディナーが組み込まれたコースも用意されている。

ナイトライフを楽しむ

賑やかなクラブから大人のバーまで充実

街のバー、ディスコ

バリ島随一の繁華街クタには、深夜まで盛り上がるナイトスポットが集中。とくにレギャン通り周辺にはディスコやクラブが集まり、観光客や地元の若者で賑わう。スミニャックのチャンプルン・タンドゥ通りはゲイバーが集まるエリア。一方、クロボカンのプティトゥンゲッ通りにはおしゃれなバーや、ビーチクラブと呼ばれる海沿いでプールとレストランが一体になった施設が点在しており、楽しみ方はさまざまだ。

252152

深夜のタクシーのつかまえ方

クタやレギャンは、遅くまでタクシーも通っているので、自分で呼び止めるか、高級レストランからであればでタクシー会社に電話して呼んでもらう。

夕景の素晴らしいレストランへ

夕日に包まれて優雅なディナーを堪能

%3CatariName%3ELIN_3770.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

シーサイドのレストラン

クタからクロボカンにかけての海岸沿いには、夕景の美しいレストランが点在。ホテル併設のレストランのほか、洗練された路面店も注目を集める。インド洋に沈む夕日を眺めながら最高のディナーを楽しみたい。

ジンバランのイカン・バカール

ジンバランのビーチにはイカン・バカール(魚の炭火焼き)の店が並び、夕景を見ながら魚介が味わえる。夕方は混み合うので早めに行って眺望の良い席を確保したい。

ホテル内でのんびり過ごす

居心地のよいホテルでくつろぎの夜を

ホテル内でくつろぐ

宿泊ホテルを最大限に活用して、ゆったり過ごすのもリゾートライフの醍醐味。施設が充実したホテルでは、スパやバーを活用したり、伝統舞踊を鑑賞したり、思い思いの夜が楽しめる。風の音や虫の鳴き声に耳を傾けながら、部屋で何もせずにくつろぐのも贅沢だ。

エステ&スパを利用する

遊び疲れた体を夜のスパでリフレッシュ

高級ホテルのエステ&スパ

バリ島のスパは閉店時間が比較的遅く、夜も利用できるのが一般的。ホテルに併設された高級スパも例外ではなく、21時過ぎまで開いている店も多い。昼間とはひと味違った幻想的で落ち着いた雰囲気も心地よい。

街のエステ&スパ

地元の人々が通う街のスパのなかには23時や0時頃まで営業している店もあり、なかには24時間営業のスパも。観光や夕食のあとに立ち寄って一日の疲れを癒したり、寝る前に訪れてリラックスしたりするのもいい。

%3CatariName%3ELIN_7998.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ バリ島」です。掲載している情報は、2017年11〜2018年1月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。