ジャティルウィ (Jatiluwih)

一面に広がる棚田の風景 先人が生み出した景色の尊さを感じる
タバナン県にある丘陵地帯、ジャティルウィは2012年に世界遺産に登録された世界遺産地域のひとつ。見渡す限り広がる芸術的なライステラスは言葉を失うほど美しく、自然の尊さを感じる。【バリ島中部】

ココに注目!
バリ・ヒンドゥの哲学「トリ・ヒタ・カラナ」に基づき、水の平等な分配を行なう

Fotolia_192186342_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © LIGHTFIELD STUDIOS

テガラランよりも広大なライステラスが広がる

スバック博物館 (Museum Subak)

棚田のシステムを学ぶ博物館
スバック博物館ではおもに、農具や模型などを展示しており、棚田のシステムや歴史が学べる。【バリ島中部】

ジャティルウィ

現地名:
Jatiluwih
アクセス:
ウブド中心部から車で1時間30分

キンタマーニ Kintamani

天高くそびえる山々と湖が織り成す雄大な自然のパノラマを満喫できる
バトゥール山の外輪山に広がる標高1500mを超える高原地帯。バリ島随一の景勝地で、バトゥール山やバトゥール湖が一望できる。避暑地としても有名で地元の観光客も多い。壮大な風景をゆっくり楽しみたいなら、展望レストランがあるので立ち寄ってみたい。【バリ島北部】

ココに注目!
霊峰アグン山の稜線がくっきりと見え、バリ屈指の景勝地として名高い

571174

年間を通して涼しく、避暑地として訪れる人も

571474

キンタマーニから見えるバトゥール湖。バトゥール山の噴火によって生まれた三日月形の湖で「バリ島の水がめ」と呼ばれ、田園の水源としても重要な役割を果たす

キンタマーニ

現地名:
Kintamani
アクセス:
ウブド中心部から車で1時間

テガララン (Tegallalang)

ライステラスがつくり出す緑の波模様に心が癒される
渓谷の斜面に波紋のようにやさしくカーブを描くライステラス。ヤシの葉が南国の陽光にきらめき、バリ島ならではの美しい光景が広がる。なかでもウブドの北6㎞に位置するテガラランは世界の写真家たちを魅了してやまない絶景スポットだ。【ウブド近郊】

ココに注目!
バリの稲作は二期作(三期作のところも)なので、青く生い茂る稲が見られる確率も高い

Fotolia_187746102_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © H-AB

谷を鮮やかに彩る、息をのむほど見事な棚田

テガララン

現地名:
Tegallalang
アクセス:
ウブド中心部から車で約20分

モンキー・フォレスト (Monkey Forest)

野性のサルたちが暮らす自然保護区
200匹以上の野生の猿が生息する豊かな森。猿は人懐っこく餌をやることも可能だが、持ち物を奪おうとするいたずら好きもいるので注意が必要だ。森の奥にはおごそかな雰囲気のダルム・アグン・パダントゥガル寺院がある。【ウブド】

ココに注目!
ウブドの街なかにありながら、マイナスイオンが感じられる憩いの場所

%3CatariName%3E_MG_6551.jpg%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

熱帯の木々が生い茂る森

573323

猿は神の使いとして、大切にされている

モンキー・フォレスト

現地名:
Monkey Forest
住所:
Jl. Monkey Forest, Ubud
地図を見る »
アクセス:
サレン・アグン宮殿から徒歩25分
TEL:
0361-971304
営業時間:
8:30~18:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.monkeyforestubud.com

グヌン・カウィ (Gunung Kawi)

迫力あふれる荘厳な岩肌の石窟遺跡
ワルマデワ王朝の陵墓として11世紀に建造された。実際に死者が葬られたことはなく、王や王妃たちが死後の世界から復活するよう願って造られた記念碑と考えられている。プクリサン川両岸の岩肌に彫られたダイナミックな墓碑(チャンディ)は必見。インドのアジャンタ遺跡やエローラ石窟と同様の様式がうかがえる。【ウブド近郊】

ココに注目!
約7mの大きな岩肌に刻まれる墓は、バリ島最大の石窟遺跡

574029

グヌン・カウィとは“古代詩の山”という意味。巨人が爪で彫って造ったという伝説がある

574043

付近の岩肌には4つの石の神殿がある。入口から350段の長い階段を下っていくとプクリサン川にたどり着く

グヌン・カウィ

現地名:
Gunung Kawi
アクセス:
ウブド中心部から車で30分
営業時間:
8:30~21:00
定休日:
無休 
1 2 3
筆者

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるバリ島」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年7~11月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。