トップ > 日本 x 春 > 関東・甲信越 x 春 > 北関東 x 春 > 前橋・桐生・足利 x 春 > 館林 x 春

館林

「館林×春(3,4,5月)」のおすすめスポット

ガイドブック編集部が厳選した「館林×春(3,4,5月)」のおすすめ観光・旅行スポットをご紹介します。「カルピス」の歴史がわかる「「カルピス」みらいのミュージアム(見学)」、白鳥が飛来する沼「多々良沼」、水郷板倉の情景を残す「群馬の水郷」など情報満載。

館林の魅力・見どころ

江戸時代からのツツジの名所と分福茶釜伝説の寺がある

館林は夏のニュースでも報じられる、国内でも指折りの暑い街。江戸時代から続くツツジの名所で、樹齢800年を超すものを含め、約1万株のツツジが咲き誇る「つつじが岡公園」が名高い。「茂林寺」は『分福茶釜』の伝説の舞台と伝わる寺で、タヌキが化けたとされる寺宝の茶釜が見られる。古くからの小麦の産地で製粉業が盛んなため、うどんの店も多い。食べ歩きも楽しみのひとつだ。

  • スポット:4 件
  • 記事:5 件

館林のおすすめスポット

1~20 件を表示 / 全 4 件

「カルピス」みらいのミュージアム(見学)

「カルピス」の歴史がわかる

アサヒ飲料の群馬工場にある「カルピス」のミュージアム。「カルピス」の生みの親・三島海雲のエピソードや、「カルピス」の製造工程を楽しく学べる。工場見学や映像鑑賞のほか、ショップも併設。

「カルピス」みらいのミュージアム(見学)

住所
群馬県館林市大新田町166アサヒ飲料群馬工場内
交通
東武佐野線渡瀬駅から徒歩15分
料金
無料
営業期間
通年
営業時間
完全予約制、1日3回10:00~・13:00~・15:00~(各回定員10~15名、所要1時間)

多々良沼

白鳥が飛来する沼

白鳥の飛来地として有名で、11月中旬から3月中旬まで白鳥の優雅な姿を見せ、ほかにも多くの種類の野鳥が観察される。冬には弁天島のむこうに富士山が望め、周辺には彫刻の小径や美術館なども。

多々良沼
多々良沼

多々良沼

住所
群馬県館林市日向町
交通
東武伊勢崎線多々良駅から徒歩20分
料金
情報なし
営業期間
通年
営業時間
情報なし

群馬の水郷

水郷板倉の情景を残す

谷田川河川敷に残る自然をそのままに生かした、総面積10万平方メートルに広がる公園。フィッシングパークとして知られ、釣り人たちから人気を集めている。

群馬の水郷

群馬の水郷

住所
群馬県邑楽郡板倉町岩田2941-3
交通
東武日光線板倉東洋大前駅から館林市営バス館林・板倉線館林駅前行きで12分、原宿下下車、徒歩20分
料金
釣り料金(1日、貸し竿はなし)=500円/
営業期間
通年
営業時間
入園自由(釣り場は夜明け~日没まで)

つつじが岡公園

国名勝指定の歴史あるツツジの名園

江戸時代から続くツツジの名所。推定樹齢800年の古木や、貴重な品種を含む100余品種、約1万株のツツジが咲く。「つつじ映像学習館」も必見(別料金)。

つつじが岡公園
つつじが岡公園

つつじが岡公園

住所
群馬県館林市花山町3278
交通
東武伊勢崎線館林駅から館林市営バス館林・板倉線板倉東洋大前駅行きで11分、つつじが岡公園入口下車、徒歩5分
料金
入園料(つつじまつり期間中)=大人310~630円、中学生以下無料/
営業期間
通年
営業時間
入園自由(つつじまつり開催期間中は9:00~18:00)