トップ > 関東・甲信越 > 北関東 > 前橋・桐生・足利 > 館林 > 

群馬【館林】うどん&人気おすすめスポット!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年8月2日

この記事をシェアしよう!

群馬【館林】うどん&人気おすすめスポット!

古くから製粉業で栄えた館林は、群馬県の中でも有数のうどんの街。市内では約40軒のうどん店などが「麺のまちうどんの里館林振興会」を組織し、味を競い合っている。

うどん本丸

老舗の正統派うどん
昭和22(1947)年に創業した乾麺の老舗、館林うどんの直営店。秋のきのこ汁、冬のおきりこみなど、地域性あるメニューを提供する。みやげ品も40種類以上と豊富。

うどん本丸

おびき御膳 1290円
揚げたての天ぷらと、コシのあるざるうどんの組み合わせが人気。

うどん本丸

住所
群馬県館林市本町3丁目8-1館林うどん本社 1階
交通
東武伊勢崎線館林駅から徒歩10分
料金
天ざるうどん=940円/ざるうどん=590円/本丸御膳=1690円/季節のおすすめセット=1590円/なまず天ざる=1080円/

つつじが岡公園

国名勝指定の歴史あるツツジの名園
江戸時代から続くツツジの名所。推定樹齢800年の古木や、貴重な品種を含む約100種類以上のツツジが見られる。つつじ映像学習館も必見(別料金)。

つつじが岡公園

4月10日~5月10日に、つつじまつりが開催される

県立つつじが岡公園

住所
群馬県館林市花山町3278
交通
東武伊勢崎線館林駅から館林市営バス館林・板倉線板倉東洋大前駅行きで11分、つつじが岡公園入口下車、徒歩5分
料金
入園料(つつじまつり期間中)=大人310~620円、中学生以下無料/

茂林寺

『分福茶釜』の伝説で知られる茂林寺。25体のタヌキが出迎えてくれる。

茂林寺

茂林寺

住所
群馬県館林市堀工町1570
交通
東武伊勢崎線茂林寺前駅から徒歩7分
料金
見学料(宝物)=大人300円、小・中学生150円/(障がい者は拝観料割引あり)

向井千秋記念子ども科学館

宇宙飛行士、向井千秋さんの展示コーナーが必見の科学館。

向井千秋記念子ども科学館

向井千秋記念子ども科学館

住所
群馬県館林市城町2-2
交通
東武伊勢崎線館林駅から館林市内路線バス館林・板倉線板倉東洋大前駅西口行きで7分、子ども科学館前下車すぐ
料金
入館料=大人320円、小・中学生無料/プラネタリウム観覧料=大人540円、小・中学生210円、小学生未満無料/(65歳以上、障がい者手帳持参で入館料無料)

製粉ミュージアム

楽しみながら学べる小麦・小麦粉をテーマにした、日清製粉のミュージアム。

製粉ミュージアム

製粉ミュージアム

住所
群馬県館林市栄町6-1
交通
東武伊勢崎線館林駅からすぐ
料金
大人200円、小・中学生100円

揚舟 谷田川めぐり

小舟に乗って水郷を周遊
舟の上から谷田川の風景を楽しむイベント。毎年、春(5・6月)と秋(9・10月)に開催され、好評を博している。所要約1時間の、のどかな船旅へでかけよう。

揚舟 谷田川めぐり

約2㎞、国の「重要文化的景観」のコースをめぐる

揚舟 谷田川めぐり

住所
群馬県邑楽郡板倉町岩田2941-3
交通
東武日光線板倉東洋大前駅から館林市営バス館林・板倉線館林駅前行きで12分、原宿下下車、徒歩20分
料金
大人1000円、小学生以下無料

ロートルメゾン 西ノ洞

生演奏が楽しめる開放的な空間
開放的な店内では定期的にライブが開催される。昼はパスタランチ、夜は本格的なコース料理が楽しめる。ワインやカクテルなどアルコール類も豊富。

ロートルメゾン 西ノ洞

広々とした吹き抜けの空間

ロートルメゾン 西ノ洞

住所
群馬県館林市大手町6-41
交通
東武伊勢崎線館林駅から徒歩15分
料金
ランチ=1080円~/パスタランチ=1080円/ランチコース=1300円/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください