トップ > 日本 x 春 > 関東・甲信越 x 春 > 信州・清里 x 春 > 伊那谷 x 春 > 高遠 x 春

高遠

「高遠×春(3,4,5月)」のおすすめスポット

ガイドブック編集部が厳選した「高遠×春(3,4,5月)」のおすすめ観光・旅行スポットをご紹介します。城跡を包み込むように、爛漫と咲き誇る「高遠城址公園」、休耕田を利用し民間だけで作り上げた花の公園「花色たかとお ポレポレの丘」、牡丹の花が咲き誇る「ぼたん寺」として有名「ぼたん寺 遠照寺」など情報満載。

高遠の魅力・見どころ

天下第一といわれるコヒガンザクラが咲き誇る城下町

高遠は伊那山地の盆地にあり、江戸時代には高遠藩の城下町として栄えた。「高遠城址公園」は春を染めあげる1500本のコヒガンザクラで知られ、その規模と美しさは天下第一ともいわれている。高遠湖の湖畔にある高遠温泉にはアルカリ性の湯が湧き、宿泊施設と日帰り温泉施設がある。高遠ゆかりの画家の作品を展示した「信州高遠美術館」は、屋根の曲線が美しい建物も見応えがある。長谷にある分杭峠は中央構造線の真上にあるゼロ磁場の場所で、世界有数のパワースポットといわれる。

  • スポット:4 件
  • 記事:5 件

高遠のおすすめスポット

1~20 件を表示 / 全 4 件

高遠城址公園

城跡を包み込むように、爛漫と咲き誇る

古くから「天下第一の桜」と謳われ、開花時は高遠城址公園全体が薄紅色に染まる。南アルプスを背景に、約1500本のタカトオコヒガンザクラが咲き競う。

高遠城址公園
高遠城址公園

高遠城址公園

住所
長野県伊那市高遠町東高遠
交通
JR飯田線伊那市駅からJRバス高遠行きで25分、終点下車、徒歩15分
料金
入園料=無料/入園料(桜の開花期間)=大人500円、小・中学生250円/ (さくら祭り期間中、障がい者は入園料無料)
営業期間
通年
営業時間
入園自由(さくら祭り期間中は8:00~18:00<閉園>、桜開花最盛期は6:00~22:00<閉園>、進徳館は8:30~17:00)

花色たかとお ポレポレの丘

休耕田を利用し民間だけで作り上げた花の公園

花の高遠の新名所で開設1年余。荒廃した棚田を地元有志が村おこしで花の里に再生した。25000平方メートルと広く、250種250000株の草木が四季を彩る。花摘みができ自分の花畑も持てる。

花色たかとお ポレポレの丘

住所
長野県伊那市高遠町東高遠253-1
交通
JR飯田線伊那市駅からタクシーで25分
料金
入園料(非会員)=大人300円、小・中学生150円/入園料(会員)=無料/ (花の最盛期は大人は500円、小・中学生250円、就学前無料)
営業期間
4~10月
営業時間
9:00~日没

ぼたん寺 遠照寺

牡丹の花が咲き誇る「ぼたん寺」として有名

約1200年前に草創された古寺で高遠のぼたん寺として知られる。160種類・2000株のぼたんが見事で重要文化財の釈迦堂・多宝塔も見られる。手打ち十割そば、近辺の桜も楽しめる。

ぼたん寺 遠照寺

住所
長野県伊那市高遠町山室2010
交通
JR飯田線伊那市駅からタクシーで40分
料金
参拝料=無料/ぼたん祭り期間中入場料=大人400円、高校生以下無料/南無庵手打ち十割そば=1000円/ (障がい者無料)
営業期間
通年
営業時間
境内自由(庫裡そば処南無庵は11:00~15:00<閉店、要予約>)

高遠城址公園の桜

薄紅色のタカトオコヒガンザクラが満開に

「天下第一の桜」といわれる、樹齢140年を超える大木から若木まで、約1500本のタカトオコヒガンザクラが植えられている。この桜は完全に開花してもソメイヨシノのように白くならず、可憐なピンク色を保っている。

高遠城址公園の桜
高遠城址公園の桜

高遠城址公園の桜

住所
長野県伊那市高遠町東高遠
交通
JR飯田線伊那北駅または伊那バスターミナルからJRバス高遠駅方面行きで25分、高遠駅下車、徒歩15分
料金
大人500円、小・中学生250円 (桜開花期間中有料、進徳館・絵島囲み屋敷と共通)
営業期間
4月上旬~中旬
営業時間
9:00~21:30(閉園)