コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【伊那路】絶景めぐり!アルプスが織りなす感動風景を体感!

【伊那路】絶景めぐり!アルプスが織りなす感動風景を体感!

by mapple

更新日:2018年6月25日

中央アルプスと南アルプスの3000m級の山々に抱かれた伊那谷で、雄大な自然や心和む風景を探しにでかけてみよう!

アクセス

[電車]
新宿駅
⇩ JR中央本線特急+JR飯田線(岡谷駅乗り換え)●5時間 ●7780円
飯田駅

[車]
中央自動車道飯田IC
⇩ 256号線 約4km   6分
飯田駅

[問い合わせ]
飯田市観光課 0265-22-4852
伊那市観光課 0265-78-4111

高遠城址公園

南アルプスの裾野で咲き匂う淡紅色の桜
武田信玄の五男・盛信が織田信長の長男・信忠と戦った城で、日本100名城のひとつ。廃藩置県後に公園として整備され、高遠藩の旧藩士たちが植え始めた約1500本のタカトオコヒガンザクラの樹林が見られる。

絶景ポイント 見頃:4月上旬~中旬
“天下第一の桜”と称される赤みの強い桜と、残雪の南アルプスが競演

陣馬形の森公園

伊那谷を眼下にアルプスを一望
戦国時代に武田軍のノロシ台があったという、標高1445mの陣馬形山山頂にある公園。キャンプスペースがあり、伊那谷随一の絶景を眺めることができる。夜には満天の星も楽しめる。

by PIXTA - ©concoro

絶景ポイント 見頃:通年
展望台から天竜川と伊那谷の田園風景を眼下に、南・中央アルプスを一望できる

光前寺

満開の桜が境内を幽玄に彩る
村人を苦しめた老ヒヒを退治した霊犬・早太郎の伝説と、日の光を反射して美しく神秘的な光を放つ光苔で有名な古刹。境内のしだれ桜と国の名勝に指定されている築山泉水庭園も名高い。

絶景ポイント 見頃:4月中旬
仁王門から大講堂付近に約70本のシダレザクラが咲き誇る

中川村 茅葺の家

どこか懐かしい桜咲く山里風景
中川村の美里地区にただ一軒残る茅葺きの家。約250年前に建てられ、日本の山村の原風景ともいえる郷愁誘う風景を見せる。私有地のため立ち入りは厳禁、マナーを守って村道からの眺めを楽しもう。

by PIXTA - ©concoro

絶景ポイント 見頃:4月中旬~下旬
村道から見下ろすと茅葺き家屋の向こうに残雪の中央アルプスがそびえる

天上の青 ヘブンリーブルー

紺碧の空に溶け込む〝天空の青〟
遊休農地を活用し、西洋アサガオを栽培している観光農園。8月下旬から9月末頃までその鮮やかな色合いを楽しめる。

by PIXTA - ©concoro

絶景ポイント 見頃:8~9月
花は夕方まで咲くことが多く、霜が降りる頃まで楽しめる

千畳敷カール

中央アルプスの稜線を間近に望む
2万年前に氷で浸食された椀状の谷。夏季には宝剣岳の真下に広がる山肌に愛らしい高山植物が咲き競う。冬と春のスキーはもちろん、遊歩道を散策しながら夏は花の観賞、秋は草紅葉も楽しめる。

絶景ポイント 見頃:7月中旬~10月上旬
シナノキンバイをはじめ、数年に一度しか咲かないといわれるコバイケソウなど約150種の高山植物が咲き誇る

雲海の向こうには南アルプス

マイカー規制あり 前日泊が便利です

県道75号線、黒川平からしらび平の間は一般車両通行禁止になっている。最寄りの宿泊所に前日泊するのがおすすめ。

菅の台バスセンター(車を駐車)
⇩ 路線バス乗車30分、片道820円
しらび平駅
⇩ 駒ヶ岳ロープウェイ乗車7分30秒、往復2260円
千畳敷駅(千畳敷カール)

宿泊は早太郎温泉がおすすめ!

中央アルプスの麓に湧く温泉。無色透明な湯はやわらかな肌触りで、肌がしっとりすると評判。

トピックス! 標高2612m、ホテルのカフェでひと休み

2612Cafe

2017年にオープン。中央アルプスの雪解け水で淹れたプレミアムコーヒーや、駒ヶ根高原ハムなどの地元食材を使ったメニューが味わえる。

もみじ湖

燃えるように染まる深紅の湖畔
箕輪ダムの湖畔(もみじ湖)に約1万本のもみじが植栽されている。ライトアップ会場のもみじの回廊は必見。

by PIXTA - ©miya

絶景ポイント 見頃:10月下旬~11月上旬
沢川の清流と深紅のもみじのコントラストが美しい

赤そばの里

ルビーレッドに輝くそば畑
標高900m、広さ4.2haの穏やかな傾斜地に高嶺ルビーという真紅のそばの花が咲き誇り、ピンクのじゅうたんが一面に広がる。

絶景ポイント 見頃:9月中旬~10月中旬
高嶺ルビーは信州大学と宮田村の企業が共同開発した花

伊那谷で立ち寄りたい話題のお店

こだわりのカフェやレストランでお腹も満たそう!

雨ことばカフェ

地元野菜をせいろ蒸しで堪能
伊那市内の契約農家の新鮮な野菜を使用。せいろ蒸しを中心としたメニューは、野菜たっぷりで体がよろこぶやさしい味わい。

BISTROなゆた

信州伊那谷ガレットを堪能!
趣のある古民家で、創造性豊かな家庭風フレンチが楽しめる。上伊那産のそば粉と地野菜を使った上伊那名物の信州伊那谷ガレットも好評。

base camp COFFEE

里山の恵みを山岳景観と楽しむ
オーナー夫婦が営む、陣馬形山の麓のカフェ。棚田で育てた無農薬のお米や野菜をスープカレーやスイーツに仕上げる。

筆者:mapple

まっぷる信州’19

発売日:2018年03月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×