トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 山口・秋吉台 > 防府

防府

防府のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

防府のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。防府のウメ、防府のハナショウブ・カキツバタ、防府のアジサイなど情報満載。

防府のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:27 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

防府のウメ(ほうふのうめ)

春の訪れを知らせる白や赤の香り高い花

春の訪れを感じさせる代表的な花。花は小さく可憐だが、香りは強く満開時期にはあたりに芳香がただよう。開花時期には各地で「梅祭り」が開催される。防府天満宮はこの時期、匂やかな花姿に包まれその風情を増す。

防府のハナショウブ・カキツバタ(ほうふのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。護国寺などで鮮やかに咲き競うハナショウブを観賞できる。

防府のアジサイ(ほうふのあじさい)

雨がもっとも似合う梅雨時の可憐な花

開花から日が経つにつれて花の色が変わっていくことから「七変化」と呼ばれる。白やピンク、紫、水色、青など、さまざまな色合いは土壌の酸性度の違いが生むもので、全国各地にアジサイ寺やアジサイロードと呼ばれる名所がある。瀬戸内エリアでは、西日本一のあじさい寺と呼ばれる防府の阿弥陀寺などが有名。

防府のヒマワリ(ほうふのひまわり)

夏の太陽が最も似合う元気の出る花

黄色い大輪の花を咲かせることから、「太陽の花」と呼ばれる夏花の代名詞。北アメリカを原産とするキク科の一年草で、日本には江戸時代初期に渡来した。現在は全国各地に大規模なヒマワリ畑が点在する。防府市の大楽寺が名所。

防府のヒマワリ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください