トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 長崎・諫早 > 長崎 > 浦上・平和公園 > 山王神社

サンノウジンジャ

山王神社

原爆の脅威を伝える歴史の証人

樹齢約500~600年の被爆クスノキと一本柱鳥居で有名な神社。参道の二の鳥居は、原爆の爆風で爆心側の半分が倒壊し、残った片方が一本柱のまま立ち続ける。国の文化財に指定されている。

住所
長崎県長崎市坂本2丁目6-56 (大きな地図で場所を見る)
電話
095-844-1415
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1・3号系統赤迫行きで10分、大学病院下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし
カード
利用可能
ID
42000890

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   >   > 
 >  >   >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

長崎お散歩ナビ【平和公園周辺】恒久の平和に想いを馳せる

長崎は昭和20(1945)年8月9日、広島に次いで世界で2番目に被爆した地。原爆が投下された浦上には、戦争と平和に関するスポットが点在する。今は緑いっぱいの町を歩きながら、平和の尊さを改めて認識したい...

条件検索

エリアとジャンルを指定してください