フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  ベビー・キッズ > ベビーカー >

A型ベビーカーで赤ちゃんとお出かけ!先輩ママからリサーチした安心の10選 画像:123RF

やまだもなか

更新日:2022年6月27日

この記事をシェアしよう!

A型ベビーカーで赤ちゃんとお出かけ!先輩ママからリサーチした安心の10選

赤ちゃんが生後1か月になると使用できるA型ベビーカー。

まだ首や腰が据わらない時期の赤ちゃんを乗せるA型ベビーカー選びのポイントは、まず安全面がしっかりと確認されていること!
同時に、赤ちゃんが快適に乗れるか、パパやママの使い勝手がいいかなど、チェックすべき点が多いのが悩みどころですよね。

今回はベビーカーの種類や選び方のポイントを確認した上で、実際に使いこなしてきた先輩ママたちの声をリサーチ。
おすすめのA型ベビーカー10台をご紹介します!

A型ベビーカーってどんなもの?ベビーカーの種類をチェック

A型ベビーカーってどんなもの?ベビーカーの種類をチェック
画像:123RF

店頭に行くと、A型ベビーカーのほかに、B型やAB型もあるけど、いったいなにが違うの?というギモンを持つ人も多いですよね。ここではベビーカーの種類や、どの時期の赤ちゃんが使用できるかなど、基本的なポイントをおさらいしていきましょう。

A型ベビーカー

A型ベビーカー
画像:楽天市場

「リクライニングの角度が150°以上であること」と、SGマーク基準で定められたベビーカーのこと。生後1か月を過ぎたころ、もしくは4か月(首がすわるころ)ごろから使用できます。

※一般財団法人安全協会が商品の安全を保障するために設けた基準のこと

赤ちゃんの身体をしっかりと守るための基準をクリアしたものなので、安心して使用することができます。パパやママと向かい合うスタイルで乗せられる対面式走行が可能なので、赤ちゃんの安心感にもつながりますね。性能がよい分、高価で重量も重め。

【使用できる時期】生後1ヵ月~最長48カ月あたりまで

B型ベビーカー

B型ベビーカー
画像:楽天市場

赤ちゃんが「生後7か月を過ぎ」て、「腰がすわる」、という2つの条件をクリアすれば、B型ベビーカーが使用可能になります。

赤ちゃんが成長するとお出かけも気軽に楽しめるようになり、抱っこした状態でベビーカーをたたむという場面が増えます。そんなとき、コンパクトに持ち運べる軽量なB型ベビーカーが大活躍。一般的にA型ベビーカーよりも安価となります。

【使用できる時期】生後7ヵ月~最長48カ月あたりまで

AB型ベビーカー

AB型ベビーカー
画像:楽天市場

2003年にA型とB型の機能を両方そなえた高機能のベビーカーが誕生し、一般的に「AB型」として知られるようになりました。

現在のSGマーク基準ではAB型という区分はなく、A型ベビーカーの1種として扱われています。ベビーカーは1台で済ませたいというパパやママの期待にこたえた万能なつくりが特徴。

【使用できる時期】生後1ヵ月~最長48カ月あたりまで

バギータイプ

バギータイプ
画像:楽天市場

赤ちゃんが生後7か月以上になり、腰がすわってから使用できるのがB型ベビーカーでしたが、さらに成長して歩きはじめたあとに適しているのがバギーです。

大きくなった赤ちゃんは、出先でベビーカーを降りて歩きたがるシーンも増えてきます。そんなとき、軽量で余分なものがなく価格も1万円以下が主流のバギータイピのベビーカーがあると重宝します!

【使用できる時期】生後7ヵ月~

そのほかのベビーカー

三輪ベビーカー

画像:楽天市場

一般的なベビーカーよりもタイヤ径が大きく、前輪1つ、後輪2つで、走行性・操作性に秀でています。方向転換もスムーズ。凸凹した道でも衝撃から赤ちゃんを守ってくれるから安心ですね。

重量が重く置き場所をとるため、公共交通機関では使用しにくい場面もあります。生活スタイルに合わせてチョイスしましょう。

双子用ベビーカー

画像:楽天市場

ヨコ型にふたり並んで乗れる双子用ベビーカー。A型、B型の区分はないので、購入前にきちんと使用可能な月齢目安の確認をしましょう。

双子用ベビーカーは都心以外では店頭でることができる店舗が限られているため、ネット通販で購入するパパやママが多いです。

A型ベビーカー選びのポイントをチェック!

A型ベビーカー選びのポイントをチェック!
画像:123RF

生後1か月を過ぎたら赤ちゃんとたくさんお出かけを楽しみたいというパパやママに、高機能で安全なつくりのA型ベビーカーは必需品。多くの商品がありますが、実際、どんなところに注目してベビーカーを選んだらよいのか、迷ってしまいますよね。

ここではA型ベビーカーを選ぶ際のポイントをチェックしていきましょう!

A型ベビーカー選びのポイント1. フルフラットのリクライニングが可能か

A型ベビーカーは、SGマーク基準により「座面を150°以上リクライニングできること」と定められています。実際は、月齢の低い赤ちゃんの快適な乗り心地を考え、170°ほぼフルフラットに倒して使用可能なものがほとんどなので、必ずチェックしましょう。

A型ベビーカー選びのポイント2. 通気性が高く熱をしっかり逃がしてくれるか

体温調節機能が未熟な赤ちゃんにとって夏場の暑さは大敵!汗もたくさんかくので、通気性が高く、熱をしっかり逃してくれる素材を座面に使用しているかどうかは重要なポイントです

A型ベビーカー選びのポイント3.ホコリや排ガスを避けるハイシートを取り入れているか

地面から近いと、地熱の照り返しで座面が高温になりがち。地表近くのホコリや排ガスも心配です。生後1か月から使用する場合には、50㎝以上の座面が望ましいでしょう。

A型ベビーカー選びのポイント4.日差しや花粉、風などから守るための大型幌がついているか

真夏の紫外線や冬の寒風から赤ちゃんを守ってくれるのが大型幌です。花粉の時期も安心してお散歩が楽しめます。急な雨にも心強いですよね。

A型ベビーカー選びのポイント5.SGマークの基準を満たした安全な商品かどうか

首や腰がすわらない赤ちゃんを乗せるからこそ、衝撃吸収に優れた安全な品質を選びたいものです。一定の安全基準を満たした日本の製品にはSGマークがついています。

海外製のベビーカーを購入する際には、EN規格やASTMマークなどがついた国際的に認められているものを選ぶようにしましょう。

先輩ママの体験談から選ぶ、最新版A型ベビーカー10選

先輩ママの体験談から選ぶ、最新版A型ベビーカー10選
画像:123RF

ここからは実際に今おすすめのA型ベビーカー10選をチェックしていきましょう。

とくに、パパやママが選ぶ際に気を付けている
【安全・快適さ】
【走行性・操作性】
【重量(軽さ)】

の3点にスポットを当てて選出しています!

先輩ママたちのリアルな体験談を参考に、自分にぴったりの一台を見つけてくださいね。

【安全・快適さを重視!】おすすめA型ベビーカー1.アップリカ オプティアクッション プレミアム

【安全・快適さを重視!】おすすめA型ベビーカー1.アップリカ オプティアクッション プレミアム
画像:楽天市場

「赤ちゃんを360°守る」をキーワードに育児工学を取り入れたハイクラスのA型ベビーカーです。赤ちゃんへの衝撃吸収を考慮したすくすッション設計で、揺れをはじめとするあらゆるストレスから守ってくれます。3年間保証付き。

 

先輩ママのVoice

・近所のスーパーまでの道が悪いので、しっかりしたベビーカーがよかったです。

・首がすわるまでは抱っこ紐よりベビーカーを使うことが多かったので、安全なものを選びました。

【安全・快適さを重視!】おすすめA型ベビーカー2.コンビ ホワイトレーベル スゴカルα4キャスcompact エッグショック HT

【安全・快適さを重視!】おすすめA型ベビーカー2.コンビ ホワイトレーベル スゴカルα4キャスcompact エッグショック HT
画像:楽天市場

「卵すら傷つけない」という触れ込みのエッグショックを採用し、生まれたばかりの赤ちゃんのからだを衝撃から守ることに特化したベビーカーです。全身の体圧を分散する「3Dエッグショックシート」は、まるでベッドのような寝心地で赤ちゃんも大満足!

 

先輩ママのVoice

・田舎のデコボコ道を通るので衝撃吸収は第一に考えました。

・赤ちゃんを守ってくれて、丸洗いもできるシートはうれしいポイント。

【安全・快適さを重視!】おすすめA型ベビーカー3.アップリカ オプティアクッショングレイス

【安全・快適さを重視!】おすすめA型ベビーカー3.アップリカ オプティアクッショングレイス
画像:楽天市場

デコボコ道の振動を吸収する「ωクッション」をシートに取り入れた、快適・安定性を重要視するパパやママ向けにつくられたベビーカー。W台形シートは腰を安定させ、成長過程の赤ちゃんの股関節も守ってくれます。ゆったり広めのワイドシートもうれしいですね。

 

先輩ママのVoice

・生後1か月から赤ちゃんを乗せるなら、多少重くてもまず安定性!

・コンパクトなベビーカーを買ったけど、6か月くらいになるまで遠出する余裕はなかった。赤ちゃんが快適に乗れるしっかりしたものがいちばんだと思う。

【操作性・走行性がいちばん!】おすすめA型ベビーカー4.ピジョン ノートアール NB0

【操作性・走行性がいちばん!】おすすめA型ベビーカー4.ピジョン ノートアール NB0
画像:楽天市場

2021年度キッズデザイン賞、グッドデザイン賞を取得した注目のベビーカーです。国内最高レベルの段差乗り越え性を持ち、スイスイ走れるピジョン特性のシングルタイヤを採用しています。パパやママの身長に合わせて角度を変えられるハンドルもうれしいですね。

 

先輩ママのVoice

・パパは身長が高くてベビーカーを押しにくそうだった。この商品は角度が変えられるのがポイント高し!

・操作がスムーズなだけじゃなく、62㎝のハイシートで赤ちゃんのことも考えてる。

【操作性・走行性がいちばん!】おすすめA型ベビーカー5.Joie スマバギ4WDドリフトフレックス

【操作性・走行性がいちばん!】おすすめA型ベビーカー5.Joie スマバギ4WDドリフトフレックス
画像:Amazon

イギリス生まれのベビーブランドJoieのベビーカーです。手元のボタンで斜めや左右に自由自在にスライドできるドリフト機能が使い勝手バツグン。スッと真横にスライドもできるから狭い道でのすれちがい場面も安心です。日本のSGマークを取得済。

 

先輩ママのVoice

・狭い道を通るときに向かいから人が来て困ることが多かった。真横のスライドは便利!

・エレベーターや電車のドアなんかでも斜めに動けるのはいいですよね。

【操作性・走行性がいちばん!】おすすめA型ベビーカー6.ピジョン ランフィ RB2

【操作性・走行性がいちばん!】おすすめA型ベビーカー6.ピジョン ランフィ RB2
画像:Amazon

「スイスイテック」という大型のシングルタイヤを搭載。ガタガタしづらく、ねんね中の赤ちゃんにも優しい、徹底的に操作性にこだわった一台!段差も軽々通れるので、パパも押すのが楽しくなるベビーカーです。

 

先輩ママのVoice

・段差にひっかかってヒヤヒヤすることが多かったので、走行性は大事。

・ガタガタしないということは赤ちゃんのからだを守ることだと思う。

【操作性・走行性がいちばん!】おすすめA型ベビーカー7.サイベックス MELIO ウルトラライトベビーカー

【操作性・走行性がいちばん!】おすすめA型ベビーカー7.サイベックス MELIO ウルトラライトベビーカー
画像:Amazon

ドイツ生まれのサイベックスが日本で使うことを想定してつくったベビーカーです。石畳の多いヨーロッパで「押しやすさ」を追求してきたブランドだからこその、小回りが利く軽やかな走行が高ポイント。国際的な安全基準であるEN規格を取得しています。

 

先輩ママのVoice

・押したときの軽さもいいけれど、スタイリッシュな見た目もよかった。

・海外のものは重いと思ってたけど、6kgなら許容範囲。 ※実際の重量は約5.8kgです

【軽さも重視したい!】おすすめA型ベビーカー8.コンビミニ スゴカル ハンディ エッグショックML

【軽さも重視したい!】おすすめA型ベビーカー8.コンビミニ スゴカル ハンディ エッグショックML
画像:楽天市場

重量5kg以上のA型ベビーカーが多いなか、3.9kgの軽量を実現。日常的に折り畳んで車に載せたり、階段を使用する人などにぴったりです。軽いですが、「エッグショック」ヘッドサポートなど、赤ちゃんを守るための機能も充実しているから安心ですね。

 

先輩ママのVoice

・車メインの地域なので、ベビーカーを載せる作業を考え、軽いものを選びました。

・軽いベビーカーはとても快適ですが、重い荷物はハンドルに下げないで!赤ちゃんも軽いからベビーカーが倒れそうになってヒヤヒヤした。

【軽さも重視したい!】おすすめA型ベビーカー9.アップリカ ラクーナエアー AC

【軽さも重視したい!】おすすめA型ベビーカー9.アップリカ ラクーナエアー AC
画像:Amazon

デコボコ道での振動から赤ちゃんを守る「がっちりフレーム」を取り入れているのにも関わらず、重量わずか4.6kg!片手で開閉できるからストレスフリーです。無料で修理の3年保証が付いてくるのも高ポイントですね。

 

先輩ママのVoice

・すごく軽いというわけではないけど、持つのが苦痛じゃない。ちょうどいい重さかも。

・フレームがしっかりしてるから、軽いけど安心感がある。

【軽さも重視したい!】おすすめA型ベビーカー10.「グレコ シティライトRアップ」

【軽さも重視したい!】おすすめA型ベビーカー10.「グレコ シティライトRアップ」
画像:Amazon

アメリカの育児用品ブランド・グレコのベビーカーです。重量4.8kgながら高機能サスペンションを採用しており、振動も気になりません。大容量32リットル(耐荷重量5kg)の下カゴもうれしいですね。国際的な安全基準であるASTMマークを取得。

 

先輩ママのVoice

・ベビーカーが軽量だと、ハンドルに荷物はかけられない。荷物入れが大きいと助かる。

・海外のものも安全基準を満たしていれば安心。

A型ベビーカーで赤ちゃんとのお散歩を楽しんで

A型ベビーカーで赤ちゃんとのお散歩を楽しんで
画像:123RF

生まれて間もない赤ちゃんとのお出かけにぴったりのA型ベビーカー。

赤ちゃんはベビーカーの上で風を感じたり、外のいろいろな音を聞いたりして、日々成長していくもの。安全で快適なA型ベビーカーで、パパやママも赤ちゃんといっしょにたくさんお散歩やお買い物を楽しんでくださいね!

 

編集:まっぷるライフスタイル編集部
旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。
何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。

A型ベビーカーQ&A

  • A型ベビーカーとはなに?
    • 「リクライニングの角度が150°以上であること」と、SGマーク基準で定められたベビーカーのことです。
  • A型ベビーカーを使用できる月齢は?
    • 生後1ヵ月~最長48カ月あたりまでとなります。
  • A型ベビーカーを選ぶポイントはなに?
    • フルフラットのリクライニングが可能か、通気性が高く熱をしっかり逃がしてくれるか、ホコリや排ガスを避けるハイシートを取り入れているか、日差しや花粉、風などから守るための大型幌がついているか、SGマークの基準を満たした安全な商品かどうかなどがポイントとなります。

ライター、図書館員。自身が小学生男児の母ということもあり、子供関連記事の執筆多数。
趣味は読書、鉄道旅行、純喫茶めぐり、料理など。電気ストーブのスチーム音(ぽこぽこっ)が好きです。
皆さんの子育ての手助けができるよう、ていねいでわかりやすい記事を心がけていきます。