トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 四万十・足摺岬 > 四万十市・中村 > 中村

四万十川のアオサ

独特のよい香りを楽しめる四万十川の恵み

四万十川河口の汽水域では、アオサの養殖が行われている。海藻の一種であるアオサは、主に佃煮の原料になるほか、乾燥したものを味噌汁や吸い物に入れて味わうことができる。

四万十川のアオサ

のべの味 田子作(ノベノアジタゴサク)

自家栽培の野菜入りうどん

国道321号沿いにあるうどん店。自家栽培の野菜が入った田子作うどんが看板メニュー。四万十川の青さのりが入ったあおさうどんや、辛さのなかにコクがあるタンタンうどんもおすすめ。

のべの味 田子作

のべの味 田子作

住所
高知県四万十市間崎1175-1
交通
土佐くろしお鉄道中村線中村駅から高知西南交通バス足摺岬行きで15分、初崎分岐下車すぐ
料金
田子作うどん=600円/タンタンうどん=850円/あおさうどん=800円/

四万十屋(シマントヤ)

川の風景を眺めながら料理を満喫

四万十川のほとりに立つ郷土料理店。川漁師でもある料理長が腕をふるう、四万十川の幸を使った一品料理や定食がそろう。1階の売店では青さのりの佃煮などを販売。

四万十屋

四万十屋

住所
高知県四万十市山路2494-1
交通
土佐くろしお鉄道中村線中村駅から高知西南交通バス足摺岬行きで10分、甲ヶ峰下車すぐ
料金
ごり丼=810円/四万十うどん=800円/うな重=4480円(天然)・3260円(養殖)/天然うなぎの蒲焼定食=4690円/四万十川まるごと定食=4580円/冷凍ちまき(高知産のウナギ)=2700円(天然もの5個入)・1850円(養殖もの5個入)/青さのり天ぷら=660円/

道の駅 あぐり窪川(ミチノエキアグリクボカワ)

四万十川の旅がはじまる道の駅

サイロ風の建物には地元でとれた野菜をはじめ仁井田米、味噌、自然海塩などが並ぶ。ジャンボサイズの豚まんや地元生乳を使用したオリジナルアイスクリームが人気。

道の駅 あぐり窪川

道の駅 あぐり窪川

住所
高知県高岡郡四万十町平串284-1
交通
高知自動車道四万十町中央ICから国道56号を窪川方面へ車で約0.1km
料金
仁井田米=2500円~(5kg)/生乳のアイスクリーム=200円~/四万十うなぎ=2100円/

厨房わかまつ(チュウボウワカマツ)

先祖直伝の塩タタキが看板メニュー

四万十川河口の港町で育った、店主の祖母直伝の鰹塩タタキが看板料理。焼きたての厚切りカツオに塩をふり、掌で軽くたたいている。青さのりの天ぷらなど、四万十川の幸も味わうことができる。

厨房わかまつ

厨房わかまつ

住所
高知県四万十市中村愛宕町17
交通
土佐くろしお鉄道中村線中村駅からタクシーで5分
料金
青さのりの天ぷら=640円/鰹塩タタキ=1510円/

道の駅 四万十とおわ(ミチノエキシマントトオワ)

四万十川にふれあい、川の食材を楽しめる施設

木をふんだんに使った駅舎が目印。デザインや味にこだわるオリジナル商品が充実し、おみやげ選びにぴったり。眺めのよい食堂では、十和地域の山と川の幸を生かした料理が楽しめる。

道の駅 四万十とおわ

道の駅 四万十とおわ

住所
高知県高岡郡四万十町十和川口62-9
交通
高知自動車道四万十町中央ICから国道56号・381号を宇和島方面へ車で43km
料金
とおわかご膳=1380円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください