トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 四万十・足摺岬 > 四万十市・中村

四万十市・中村

四万十市・中村のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

四万十市・中村のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。四万十川のアオサ、四万十川のアユ、四万十川のウナギなど情報満載。

四万十市・中村のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:78 件
  • 記事:14 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

四万十川のアオサ(しまんとがわのあおさ)

独特のよい香りを楽しめる四万十川の恵み

  • ご当地名物料理

四万十川河口の汽水域では、アオサの養殖が行われている。海藻の一種であるアオサは、主に佃煮の原料になるほか、乾燥したものを味噌汁や吸い物に入れて味わうことができる。

四万十川のアオサ

四万十川のアユ(しまんとがわのあゆ)

旨みと香りを味わえる四万十川のアユ

  • 旬魚介

「日本最後の清流」と称えられる四万十川の苔をエサに育つアユは、雑味がなく、独特のよい香りが堪能できる。釣りが解禁になる夏から秋には四万十川に多くの釣り人が訪れる。

四万十川のアユ

四万十川のウナギ(しまんとがわのうなぎ)

四万十川の清流が育む上質のウナギ

日本で最後の清流といわれる四万十川の澄んだ水と、青海苔など天然の豊富なエサで育ったウナギは、適度に脂がのり、ふっくらとした身が特徴。備長炭を使って焼く店も多い。

四万十川のウナギ

四万十川のゴリ(しまんとがわのごり)

春の訪れを感じさせる四万十川の恵み

ゴリとは、高知ではハゼ科の仲間であるチチブの幼魚のこと。春に四万十川を溯上するゴリは「がらびき漁」といわれる伝統漁法で漁獲される。とったゴリは、卵とじや佃煮、唐揚げなどで食べられる。

四万十川のゴリ

四万十川の川エビ(しまんとがわのかわえび)

丸ごと食べるから素材本来の旨みを楽しめる

  • 旬魚介

体長10cm弱の川エビは「手長エビ」とも呼ばれ、「ころばし漁」や「柴漬け漁」という伝統漁法で漁獲される。唐揚げにして丸ごと味わえば、香ばしさと旨みを満喫。塩茹でや煮物にも適している。

四万十川の川エビ

四万十のツツジ・サツキ(しまんとのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。宿毛市・篠山ではアケボノツツジの群落が見事に開花する。

四万十の菜の花(しまんとのなのはな)

黄色に染まった菜の花畑は春の光景として親しまれる

「春の使者」として親しまれるアブラナ科の一年草。花菜(ハナナ)、油菜(アブラナ)などの別名がある。種子は絞って菜種油に、花序や若芽は食用にする。花期は12月~5月。明るい黄色の花が群生する景色はほのぼのとした趣がある。食用菜の花の生産がさかんな高知県では、四万十川畔などで花畑が見られる。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください