まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

台湾行くべき街!パワフルな島に魅力がギッシリ!

・高雄(カオション/Kaohsiung)エネルギッシュな港町

南部を代表する台湾第2の大都会。活気のある街並みの産業都市だ。林立する高層ビルと大型工業団地がその発展ぶりを示している。一方で素朴な港町らしい風情も残っている。

»台湾地方都市【高雄】港の活気に満ちた台北に次ぐ大都市

861405

蓮池潭風景区。水辺の景勝地が多いのが特徴

・台中(タイツォン/Taichung)西部の交通の要衝

台北と高雄の中間にある、台湾第3の都市。中港路(台中港路)を中心としたエリアに高級ホテルやショッピングモールなどが並ぶ。カフェや喫茶店が多いのも特色。

»台湾地方都市【台中】文化的な薫りが漂うアートの街

861556

市内はバス路線が整備され、移動しやすい

台湾の景勝地

・日月潭(リーユエタン/Riyuetan)美しい湖畔リゾート

台湾中部を代表する景勝地。湖面は海抜727mの高さにあり、とくに朝霧にけむった暗緑色の水面は有名。夜明け前に起きて、移ろいゆく景色を堪能したい。

»台湾中央に位置「日月潭」 神秘的な魅力に満ちた湖の景勝地

860596

原住民族の集落などの見どころも

・太魯閣峡谷(タイルウクーシアクゥ/Taroko Xiagu)力強い自然に出会う

台湾きっての景勝地。渓流の両側には切り立った断崖が迫り、歩行者専用道から楽しめる。台北からオプショナルツアーがおすすめ。

»台湾随一の景勝地 大理石の峡谷「太魯閣峡谷」

860141 copy

力強い自然に出会う

筆者:

奥付:
「まっぷる台湾’18」が出展元となる記事に掲載されている営業時間や表記などのデータは、2016年10〜12月の調査・資料に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には改めて事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「元」で表示しています。2016年12月現在、1元=NT$1=約3.5円です。 ●ホテル、レストランなど一部施設では、別途サービス料がかかる場合があります。 ●休業日は、旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則として地名、店名などは漢字(中国語) で記しています。一部、英語表記があるものは、英語を併記しています。また、地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、注意が必要です。カタカナ表記は中国語の発音を表しています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ●「両」や「斤」は台湾の重さの単位で、1両は37.5g。1斤は16両で600gとなります。 ●各掲載物件の電話・FAX番号は現地の番号です。日本から電話をかける場合は国際電話となります。携帯電話の場合は各電話会社のホームページなどで確認してください。
×