トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 八戸・下北半島 > 八戸 > 八戸市街

八戸市街

八戸市街のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した八戸市街のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。あたたかい雰囲気で味わう郷土の味「魚工房 しおさい」、八戸前沖サバ料理専門店「サバの駅」、青森ならではの料理が味わえる「割烹さんりく」など情報満載。

  • スポット:38 件
  • 記事:6 件

1~10 件を表示 / 全 38 件

魚工房 しおさい

あたたかい雰囲気で味わう郷土の味

炭火を使い、昔ながらの串焼きでじっくり焼き上げる地場の魚が評判。そのほか、せんべい汁やイカバター焼き、うにめしなど、地元の味を堪能できる。心なごむ雰囲気も魅力。

魚工房 しおさい

住所
青森県八戸市六日町八戸屋台村みろく横丁内
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩10分
料金
八戸せんべい汁=648円/

サバの駅

八戸前沖サバ料理専門店

ブランドサバの「八戸前沖サバ」のなかでも、大型で脂がのリ、味の良い「銀サバ」だけを使っている。生のサバだけでだしをとったせんべい汁を提供するのは、八戸市内でもここだけ。細かく刻んだサバの身も入っていて味わい深い。八戸前沖サバのおいしさと地酒が楽しめる。

サバの駅
サバの駅

サバの駅

住所
青森県八戸市六日町12大松ビル 1階
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩15分
料金
サバ出しせんべい汁=720円/銀サバの串焼き(1本)=470円/銀サバ刺身=1420円/サバの味噌じめ=1300円/八戸銀サバづけ丼=1200円(中)・1600円(大)/

割烹さんりく

青森ならではの料理が味わえる

アワビを贅沢に使ったいちご煮やせんべい汁、イカしゃぶなどの料理が充実。新鮮なホヤはお造りや姿焼きでいただける。テーブル席や落ち着いた座敷があるので目的に応じて選ぼう。

割烹さんりく
割烹さんりく

割烹さんりく

住所
青森県八戸市六日町23
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩15分
料金
さんりく丼=2808円/アワビステーキ=5400円/いちご煮=2160円/キンキン炊き込みご飯(4~5人前)=5400円/

グランパークホテルパネックス八戸

八戸えんぶり

厳冬の4日間に行われる豊作満作を祈る伝統芸能

青森県の代表的な民俗芸能で、春を告げる豊年祈願の祭り。毎年2月17~20日に行なわれる。舞い手とお囃子による「えんぶり組」が三十数組参加し、市内各所で舞を披露する。

八戸えんぶり

八戸えんぶり

住所
青森県八戸市市庁前市民広場・長者山新羅神社・八戸市公会堂・更上閣ほか
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩5分(市庁前市民広場)
料金
えんぶり公演=1000円/お庭えんぶり(要予約)=2100円/

おかげさん

リピーター客が続々と生まれる愛され店

地元客はもとより、観光や出張時に利用したことをきっかけにリピーターが生まれているお店。八戸名物・せんべい汁などおなじみのメニューはもちろんのこと、昔ながらの焼きそばやチャーハンにも定評がある。

おかげさん
おかげさん

おかげさん

住所
青森県八戸市鷹匠小路1ロー丁れんさ街
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩16分
料金
八戸せんべい汁鍋=702円/イカゴロ鉄板焼=1080円/田子産丸ごとニンニク揚げ=756円/嶽きみの天ぷら=540円/

八戸まちなか広場「マチニワ」

Bronze Grill by 澤内醸造

Bronze Grill by 澤内醸造

住所
青森県八戸市柏崎2丁目10-8

DA介

ハーモニカ横丁のディープなムードがたっぷりな一軒

「だすけ」とは「~だから」という意味をもつ青森南部の方言。ハーモニカ横丁に店を構えて15年以上で、地元客からも愛されている。映画のロケ地や小説の中で登場したこともある名物店。

DA介
DA介

DA介

住所
青森県八戸市岩泉町11
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩20分
料金
味噌漬けホルモンのがっぱり焼(1人前)=600円/

八戸三社大祭

壮大な歴史絵巻が繰り広げられる

見どころは27台の山車。神話や伝説、歌舞伎などを題材に装飾が施され、まさに豪華絢爛。ライトアップされ、一段と情緒を増した夜の姿も必見だ。

八戸三社大祭
八戸三社大祭

八戸三社大祭

住所
青森県八戸市市内中心商店街及び市庁前
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩15分
料金
要問合せ

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください