トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 山形・蔵王 > 寒河江

寒河江

寒河江のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

寒河江のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。玉こん、山形のコンニャク、山形の芋煮など情報満載。

寒河江のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:46 件
  • 記事:7 件

1~20 件を表示 / 全 10 件

玉こん(たまこん)

催事には欠かせない山形名物の玉こん

  • ご当地名物料理

「玉こん」の略称で親しまれている玉こんにゃく。山形県はこんにゃく消費量全国一を誇る。祭りなどの行事では串に刺した玉こんがよく売られている。醤油の味がよくしみこんだ玉こんにカラシを付けて食べると格別。

玉こん

山形のコンニャク(やまがたのこんにゃく)

奥深いいろいろなコンニャク料理の魅力

  • ご当地名物料理

山形はコンニャクの消費量が日本一。各地の屋台などで食べられる玉コンニャクのほかにも、カルシウム豊富な井戸水で作られた、弾力あるコンニャクを素材にした料理を味わうことができる。

山形のコンニャク

山形の芋煮(やまがたのいもに)

食材豊富な山形に根付く伝統の郷土料理

山形の有名な郷土料理。初秋には川原で鍋を囲む風景をあちこちで見る。里芋と牛肉、コンニャクなどを醤油味のベースで煮込むのが山形流。いくつかの店では通年味わえる。

山形の芋煮

山形の冷やし鶏肉そば(やまがたのひやしとりにくそば)

山形の暑い夏を乗りきる冷やし鶏肉そば

しっかりと水で締めたそばに冷たい鶏だしのつゆをかけ、その上に鶏肉とネギを盛り付ける冷やし肉そばのこと。のびないように冷やして出したのが始まりといわれている。

山形の冷やし鶏肉そば

山形のサクランボ(やまがたのさくらんぼ)

山形の大地が育んだ甘酸っぱい果樹園の宝石

  • おみやげ

全国生産量の約7割を占める山形県産のサクランボ。おいしいサクランボが育つのは、梅雨に雨が少なく、昼夜の寒暖差がある山形盆地特有の気候による。佐藤錦をはじめ、ナポレオンや南陽など品種も豊富。

山形のラ・フランス(やまがたのらふらんす)

さわやかさと甘さが人気の上品な果実

元はイギリスやドイツで栽培されていた洋梨で、さわやかな甘みとみずみずしさが特徴。収穫してから少し熟成させるのがポイントで、旬は11月。全国の生産量のほとんどを山形が占める。

山形のワイン(やまがたのわいん)

名産のブドウを使ったさわやかなワインがそろう

  • おみやげ

ブドウの生産量全国3位を誇る山形県。地元産のブドウにこだわって醸造された地ワインはさわやかな味わいで好評。山形ならではの、ラ・フランスワインやさくらんぼワインも味わってみたい。

山形のワイン

紅花グッズ(べにばなぐっず)

高貴な色として親しまれた鮮やかな紅色

  • おみやげ

夏の山形に彩りを添える紅色の花。鮮やかで印象的な紅色の染物はハンカチやティッシュケースなどに使われる。貴族から庶民まで、古くから多くの人々に親しまれた。

紅花グッズ

山形のサクランボ(やまがたのさくらんぼ)

甘酸っぱいサクランボの食べ放題

  • 味覚狩り

全国でも圧倒的なシェアを誇る山形のサクランボ。なかでも「佐藤錦」は、粒が大きく、酸味もあるのに糖度もたっぷり。6月上旬~7月中旬まで県内各所の観光農園でサクランボ狩りを楽しめる。

山形のサクランボ

山形のツツジ・サツキ(やまがたのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。寒河江公園つつじ園は東北随一のツツジの名所で、5月中旬から下旬に楽しめる。

山形のツツジ・サツキ